FC2ブログ

美雨の部屋へようこそ

ちょっとだけスピリチュアルな世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

薔薇になった詩人 ピエール・ド・ロンサール

薔薇になった詩人 ピエール・ド・ロンサール

薔薇かおる5月・・・
うちのピエール・ド・ロンサールが咲きました。
5年がかりでやっと二桁の数の大輪がつくようになりました。
美術館の古い絵画などに登場する、オールド・クラシック・ローズです。


ピエール1



世界がもっとも美しく感じる5月は、薔薇が咲く季節だからではないでしょうか。
薔薇を育てるようになって、家の前を通りがかった人に「何というバラ?綺麗ですね」と声をかけられたり、おしゃべりするようになりました。
バラの引力ってすごいですね。
そんなで、今日は詩人と薔薇のお話です。

その前に、500年ほど前に書かれた、古い詩のシャンソンを。
ピエール・ド・ロンサールという文学者の書いた詩にリュート伴奏で歌をつけた古いシャンソンです。

ロンサールの恋人に寄せた詩「カッサンドルへのオード」を、しっとりと、書かれた時代そのままに歌っておられる動画を見つけました。
きっとルネサンス期、こんな風に歌っていたのでしょうね。
今日の暑さを忘れさせてくれるような美しさ。聞いてみて下さい。







ピエール・ド・ロンサールについて
Pierre de Ronsard (1524-1585)

ピエール・ド・ロンサールは、ルネッサンス期のフランスの詩人です。
若い頃から「詩の王子」として称えられ、宮廷詩人としての地位を確立した人物です。

その後、政変や病に翻弄されながらも詩への情熱を失わず、ギリシャ古典の研究を踏まえ、フランスの田園風景、美しい女性やかなわぬ恋などを叙情的に歌っています

いくつかは歌になり、今もフランスでシャンソンとして親しまれています。
中でも、上の動画として揚げた
 Mignonne, allons voir si la rose
 (かわいい人、このバラをごらん)
は、フランスの人ならだれでも口ずさめる、有名な古典の曲です。







愛しい人よ、バラを見に行こう  Mignonne, allons voir si la rose      
  

Mignonne, allons voir si la rose
Qui ce matin avoit desclose
Sa robe de pourpre au Soleil,
A point perdu ceste vesprée
Les plis de sa robe pourprée,
Et son teint au vostre pareil.

Las ! voyez comme en peu d'espace,
Mignonne, elle a dessus la place
Las ! las ses beautez laissé cheoir !
Ô vrayment marastre Nature,
Puis qu'une telle fleur ne dure
Que du matin jusques au soir !

Donc, si vous me croyez, mignonne,
Tandis que vostre âge fleuronne
En sa plus verte nouveauté,
Cueillez, cueillez vostre jeunesse :
Comme à ceste fleur la vieillesse
Fera ternir vostre beauté.

-- Pierre de Ronsard


ピエール・ド・ロンサールのおじさん


恋人よ、見にゆこう、
けさ、あけぼのの陽をうけて
紅の衣をといた、ばらの花
今宵いま、赤い衣のその襞も
あなたににた色つやも
色おとろえていないかと。

ああ、ごらん恋人よ、
何とはかない、バラの花 
大地にむくろをさらすとは!
おおつれない自然  
この花のいのちさえ、
あしたから、ゆうべとは。

だから恋人よ、
ぼくのことばを信じるならば、
水々しい、花の盛りのその齢に
摘め、摘め、あなたの若さを、
この花ににて、じきにくる老年に
あなたの美しさも褪せるのだから。 

出典:平凡社 世界名詩集大成 
オード集 ロンサール(窪田般弥・高田勇訳)
よりお借りしました。 
ロンサールの「カッサンドルへのオード」


ピエール3


「オード」は「歌われる抒情詩」という意味で、昔ギリシアやローマでは竪琴や他の楽器による伴奏とともに歌われていました。実際、この詩も発表すると、たちまち評判になり、1行8音節の歌いやすいリズムもあって、多くの人々に愛唱されていたようです。

リュートの伴奏で物憂げに歌われるこの曲、
この詩は何を謳っているのか、気になりますね。
そうです、バラの美しさとはかなさを歌っているのです。

実はこの歌、もとは「À CASSANDRE カッサンドルに」という女性に寄せた詩です。
彼女はイタリアの銀行家の娘で15歳、ロンサールが21歳の時の出会いでした。
ロンサールは苗字の前につく「ド」の称号でもわかるように貴族の出身ですが、10代後半に病気で片方の聴力を失ってしまいます。その後は教会の援助で学んでいましたが、カトリックの聖職者でもあったので結婚はできませんでした。

ロンサールはガーデニングも好んでいました。
彼がかつて住んだ館の庭には、今でも数々のバラが咲き乱れているそうです。



ピエール4
美雨のコンテナガーデン&ハンギングプランタガーデンも初夏らしくなってきました

赤のロンサールも咲き始めました
赤のロンサールも咲き始めました



「薔薇の名前」という映画がありましたが、薔薇の名前って本当に何千とあるんです。
ピエールドロンサールはつるバラに属しますが、つるマリアカラス、つるメヌエット、焔の波、ルスティカーナ、アンジェラ等、つるバラだけでもざっとこんなふうにまるでオペラのパンフレットを見ているように名前が出てきます。笑
牡丹は百花の王といいますが、薔薇は千花の女王さまなんですね。

そんな薔薇の美しさに、自然や恋愛の、あるいは人生のはかなさを詠んだロンサールですが、500年の月日を経て再び見事にその花を咲かせたのは、詩というものに永遠があるという表れではないでしょうか。

「ピエール・ド・ロンサール」という名前のバラも作られ、日本でも多くの人に愛されています。

薔薇になった詩人はその名前とともに永遠に生き、咲いては薫り続けるのでしょう。



最後まで読んでくれてありがとう
ピエール2
美雨家のロンサールより



★このランキングに参加しています。押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 歴史ブログへ


(>ω<)4ポチに感謝デス♪




花見の名所、札幌円山公園で四季の花々を楽しみませんか。
宿はこちら。丸山公園駅徒歩約10分、リーズナブルで綺麗なゲストハウス(民間宿泊施設)がおすすめ。

GW空室あり!早い者勝ち!

美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!

竜宮小僧の旅案内






*CommentList

令和な休日  ~地球にアースする北海道の旅~

令和な休日  ~地球にアースする北海道の旅~

GWの混雑をさけ、ゆったりのんびりの北海道旅行にきています。

登別 美しいカルデラ湖 クッタラ湖2



スマホからの初めてのモブログ、アップしてみました。

平成最後の花見も忘れえぬ思い出となりましたが、令和のお花見も楽しみたくて北海道に来てしまいました。


20190512072216c33.jpg

円山公園の一角にある北海道神宮
201905121203001b2.jpg

神宮境内のシダレ桜が綺麗
20190512131253832.jpg

札幌なのに「北国の春」という言葉がピッタリの山里
20190512124908951.jpg


札幌の円山公園で夜桜を楽しみ、3日目は旭川を経由し旭岳へ。


着いたとき旭岳は雷雨で、ロープウェイは運休でしたがカムイミンタラの神に祈ると
20190512073259686.jpg
光のシャワーが降りてきて奇跡が、、、

神を感じた瞬間
201905120735149fe.jpg
旭岳がその山容をくっきりと(涙)

ここまで晴れました!大雪山 旭岳 第一展望台
20190511154802ef8.jpg
ロープウェイ山頂駅から雪を踏みしだいて歩く気分は冬!


「秘湯を守る会」でも人気の旭岳温泉勇駒荘
20190512174753103.jpg
ソチオリンピックの銀メダリスト竹内智香さんの実家と知りビックリ


5つの源泉をもつ一軒宿 秘湯ムード満点
20190512183833f66.jpg
シコロ(アイヌ語で薬の木)の湯

百年間変わらぬ姿で湧き続ける元湯の源泉?
20190512183712e84.jpg
身も心もポッカポカです

由来?
2019051218510236d.jpg

ビックリ@@!この塊は!?
20190512184948911.jpg

焼き塩をトンカチで割ると、、、

昆布にくるまれた、アワビ君ですた(≧▽≦)
20190512184948866.jpg1.




帯広へ

大好きな北海道ホテル
20190511152426c90.jpg

なんか落ち着くホテルなんです
20190512191249f2d.jpg


スマホから初めてのモブログ日記なので失敗もあるかと思います。ご容赦をm(__)m

写真ばかりで恐縮ですが、夫婦のんびりぶりが伝わればと思います。

4日目の今日は十勝岳温泉から、帯広の大好きな宿、北海道ホテルで一泊しました。


北海道ホテルのアフタヌーンティー・ケーキスタンドもお山(十勝岳?)
201905111555237da.jpg


リスくんもアフタヌーンティーにやってくる森のホテル
20190512113410b54.jpg
お耳とシッポがスポンジみたいなエゾリス 可愛すぎます(>_<)



いただきま〜す(^^♪
20190511162556f19.jpg


最終日は登別へ

ホテルのひとにすすめられ、とりあえずワケワカメなクマ牧場にロープウエイで
登別 クマ牧場へ ロープウェイ

まったく期待していなかったのですが・・・

可愛いクマ牧場の子熊たちにホッコリ
登別 可愛いクマ牧場の子熊たち
右の黒チビちゃんは、親からはぐれて保護されここに連れてこられたとか


う~ん、のどか・・・


と、思いきや のどかそうに見えるクマ牧場でも センターをめぐって熾烈な戦いが!?
のどかそうに見えるクマ牧場でも センターをめぐって熾烈な戦いが!?
なんでNKB総選挙なのか?  Nぼり別 Kま Bく場とやっと解った相方(おそっ!

アタチに清きイッピョをヨロチク!とポーズをとるエリカちゃん
ヒグマってこんなにひょうきんだったの@@?
ヒグマってこんなにひょうきんだったの@@?と感動しつつエリカちゃんに一票!


クマ牧場のもうひとつの楽しみは・・・ というか、これが見たくてロープウェイで来たカンジ(笑)
登別 きれいなカルデラ湖 クッタラ湖
きれいなカルデラ湖 クッタラ湖、オショロコマ(ヒメマス)が棲んでいます 背景は太平洋・・・というのがなんか不思議

登別クマ牧場 アイヌのコタン再現
登別 アイヌのコタン再現
本当にアイヌの方がパフォーマンスというか働いておられました

コタンの家屋に展示されたアイヌの衣装と日用品
コタンの家屋に展示された日用品
切り絵のようにシンメトリーで美しい文様

熊とアイヌの関わりの深さを知る民話
熊とアイヌの関わりの深さを知る民話
神羅万象に霊がこもっていると考えるアイヌは狩猟の民で生ける縄文人


登別の宿 最後の夜はお祝いかねて乾杯♪ その名も「祝いの宿」でした^^
登別グランドホテル 滝のお風呂がきもちよかった
滝のお風呂がきもちよかった 白濁したにごり湯(イオウ泉)が大好きな美雨です

登別の地獄谷
登別の地獄谷
箱根の地獄谷もすごいけど、やはり北海道はスケールが違う(>_<)

登別大湯沼
登別大湯沼
ハイ、名の通り 温泉グツグツです 入りたいけど煮えちゃいますね(笑)

って、入れました!登別大湯沼.が源泉の足湯
登別大湯沼.が源泉の足湯
湯滝をつたってちょうどいい温度になる場所におあつらえ向きに・・・最高のアーシング♪です^^



美雨は、元気がなくなると、エネルギーをチャージしに北海道に来たくなります。

北海道(とりわけ登別)は、大地を感じます。

ううん、「地球」を感じる。
本当に。

地球を踏みしめて歩く、地球のコア(核)に即アーシングできる、北海道。
私達現代人は、アーシング( 電位を等しくし、地面に接地する)が足りないといいますね。
アースが足りないと、人は電磁波や、有害な活性酸素、体内静電気等を体外に放出できません。
.もっと良くないのは、知らず知らずに体に蓄積された毒素や重金属です。

地球は電気を通す大きな導体。
なぜなら大地の表面がゼロ電位なので、体内に溜まった電気を地球へ放出できる。 ..
でも、現代人はなかなかそれが出来ない。
裸足でアスファルトの上なんて歩けないし。

昔の人は毎日直接地面に触れる機会があって、自然とアーシングしていたのに、快適な科学の進歩が、自然と地球と直接触れる機会をなくしてしまいました。

アーシングは電磁波対策とは違います。
静電気の放出だけでなく、大地と繋がるということが事が重要なのです。

疲れやが寝つきが悪い、体調がよくない、耳鳴り、メタボリックシンドローム、そしてストレスも、究極 アースが足りないためと言われていますね。野生動物たちの自然治癒回復力の速さをみればよくわかると思います。

でも、東京のアスファルトジャングルでは、裸足で歩いてもアーシングはほぼ不可能・・・

美雨にとって北海道は日本一大地の力が生きていて、それで心と体が此処を求めてしまうのかも・・・

どこより、裸足になれて、どこより地球の核と繋がれる北海道。

大好きです。


美雨



そして、北海道といえばやっぱり・・・

ラーメンで〆たラスト日 千歳空港の「一幻」のえびみそラーメン最高!
「一幻」のえび味噌ラーメン最高!北海道最高!
北海道最高!^^皆さん最後まで読んでくれてありがとう



★このランキングに参加しています。押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 歴史ブログへ


(>ω<)4ポチに感謝デス♪




「令和」初のお花見は北海道で!五月の北海道は桜満開。花見の名所、札幌円山公園で今年2度目のお花見を楽しみませんか。
宿はこちら。丸山公園駅徒歩約10分、リーズナブルで綺麗なゲストハウス(民間宿泊施設)がおすすめ。

GW空室あり!早い者勝ち!

美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!

竜宮小僧の旅案内







*CommentList

ありがとう平成 おめでとう令和

ありがとう平成 おめでとう令和

令和天皇、ご即位 おめでとうございます。
昭和の「戦争をしらない子供たち」ジェネレーションに生まれたことを感謝し、
昭和天皇陵にご挨拶に行ってまいりました。


昭和天皇御陵
昭和天皇陵



お孫様の浩宮殿下が令和の天皇として即位なさる寿ぎの日。
そして、平成天皇と美智子妃殿下、ながのおつとめお疲れ様でした。
新しい時代も、平和でありますように。



香淳皇后(昭和天皇妃)陵
香淳皇后陵


まるでお正月がくるように、家を掃き清め、いずまいをただして、カウントダウンする日本国民・・・いいですね。
というか、今年の5月1日は、お正月より緊張と喜びが大きかった気がします。

この国に生まれて、本当によかった。

ありがとう昭和、わりがとう平成。
そして令和、よろしくお願いします。

皆さんにとっても 喜び溢れる素晴らしい時代となりますように。


美雨


★このランキングに参加しています。
少しでも心に残るものがあれば押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 歴史ブログへ


(>ω<)4ポチに感謝デス♪



「令和」初のお花見は北海道で!五月の北海道は桜満開。花見の名所、札幌円山公園で今年2度目のお花見を楽しみませんか。
宿はこちら。丸山公園駅徒歩約10分、リーズナブルで綺麗なゲストハウス(民間宿泊施設)がおすすめ。

GW空室あり!早い者勝ち!

美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!

竜宮小僧の旅案内





*CommentList

女神フローラの季節 ~令和メイ・デイに寄せて~

女神フローラの季節 ~令和メイ・デイに寄せて~

プリマヴェーラ
ボッティチェッリのプリマヴェーラ


フローラという女神をご存知でしょうか。
花;flowerの語源であり、花屋をフローリストと呼ぶのも、花と豊穰、そして春の女神フローラがもとになっています。
最近では、ダイエットしたい人達の間で 腸内フローラ(花に似た微生物群集)革命なんて言葉も、腸活と一緒によく聞かれるようになりました。

さて、フローラ女神の由来を紐解くと、彼女はかつてクローリスという名のギリシャのニンフだったとのこと、あるとき西風の神であるゼピュロスによってローマに連れて来られ、以後花の女神になったといいます。
これだけだと、単にフムフム?ですが、現代人の私達に馴染みの深いメイ・デイも、実はこのフローラ女神と深いかかわりがあるのです。

メイ・デイは女神フローラ(Flora)を奉る、古いローマの祭日です。
紀元前238年、シビラの書(Sibylline Books)と呼ばれる預言書が原典ですが、当時続いた干ばつに困り果て、春の花が花や実を多くつけるための守護を得られるよう、花と豊饒の神フローラを崇拝するための神殿を建て、フロラリアの祭をするようになったのが始まりです。



アレクサンドル・ロスラン《オペラ座のフローラ》
アレクサンドル・ロスラン作 「オペラ座のフローラ」



フローラは、春の女神、そして葡萄の木、オリーブ、果物のなる木、花に蜜を与える植物の女神です。
特に蜂蜜は、女神への、とても神聖な捧げものだったようです。
この祝日はまた、多産、子宝という意味合いも含め、男女の性的な儀式の時でもあり、ローマの劇場は裸で演じられました。

フロラリア祭の供物や飾り物は、この花と豊饒の女神の崇拝の意味が込められています。

フローラの花々で、とくに重要なお花が12あります。
それはすべてギリシア神話に基づくお花の由来で、みなさんご存知のものも少なくないでしょう。
薔薇、スミレ、水仙、クロッカス、ヒヤシンス、アイリス、アネモネ、アスター、リリー、蘭、ピオニー、向日葵ですね、

とりわけ、水に写った自分の姿に恋し溺れ死んでしまったナルシス(水仙)の逸話や、美の女神アフロディテ(ヴィーナス)が恋した美少年アドニスを 嫉妬した恋敵マルス神が殺し、アフロディテの流した血の涙から咲いた花アネモネの伝説などは有名ではないでしょうか。



プリマヴェーラ
古代ローマのフレスコ画  見返り美人 「フローラ」



上に挙げた12の春から初夏にかけての花々、すべてではありませんが美雨も好んで植えています。
いまは、その国の風土や気候に合わせた品種改良型やハイブリッドが出ているので、古代の原種とは少し異なってしまっているかもしれませんが、そのDNAをいまにとどめる花たちを育てられるのは嬉しいことですね。

庭と呼べる庭もない東京のウサギ小屋の我が家ですが、陽さえあたればフェンスやエントランス、通路などで花を楽しむことができます。美雨はいつも、お花とお話をしています。
ヘンな人と思われるかもしれませんが、花にも心があり、そこには、フローラの意識が息づいているんですよ。
元気のない花木に、「今年は咲いてくれる?」と問いかけると、あっちに植え替えてほしい、とか、水とか肥料をこうしてほしいとか、あの子の近くに行きたい、などなど、いろんな形で訴えてきます。夢に、人間の姿で出てくる時も、あるんですよ。
ああ、本当に、みんな本気で生きているんだなぁ、と。
動物と違って、動けない彼らは、そのぶん本気でうったえてきます。

でも、とても謙虚で、あるときは悲しいくらい潔く、命のバトンタッチをしたりも、するんですね。
泣けてきます。

だから、いつも「ありがとう」と声をかけています。
そうすると、もっともっと綺麗に、咲いてくれます。

高価で豪華な花はないですが、こぼれるようににこにこ咲いてくれるのが自慢です。

それでは、美雨のぷち・フローラガーデニング、初めてですがちょっとだけご紹介です。


フローラ女神の12花にも登場する薔薇さん
花6 ミニばら
冬は赤が、春はピンクが恋しくなるのは何故でしょう


上記のアフロディテとアドニスの神話にも登場したアネモネの姉妹花ラナンキュラス
花9 アネモネの姉妹花ラナンキュラス


盛りは先月でしたが、頑張って咲いてくれてるヴィオラちゃん(西洋スミレ)
花1
フローラも愛でる12花のひとつ


こちらは元々バイカラーのヴィオラ(西洋スミレ)
バイカラーのヴィオラ(西洋スミレ)
黄色と紫ってこんなに相性いいんだと花から学ぶこと多いですね


大好きなデイジー
7
これ見ると本当にホッコリきます


八重咲きチューリップ
花10アネモネの姉妹花ラナンキュラス
球根から育てると、なんか愛おしくなりますね


"ツル日々草”です 真・副・控で言ったら、この子は本来「控;ひかえ」というか引き立て役な筈なんですが
ツル日々草  しんそえひかえの中でこの子は本来「ひかえ」というか引き立て役な筈なんですが、こんな可憐な花を咲かせると主役にしたくなりますね(笑
こんな可憐な花を咲かせると主役にしたくなりますね(笑)


カリフォルニアジャスミン 
花3
17年ものです こんなに大きくなってくれました。 世話いらず、いい子です(T_T)


イベリス
花2
さりげない主張が可愛いですね


いまが真っ盛りのミニバラさん
いま真っ盛りのミニばらさん
おかげで玄関扉開けれません 遠回りしてガレージ脇から家に入るヘンな家族です(笑)


ピエール・ド・ロンサール開花待ち 薔薇を愛した16世紀のフランス詩人の名がついています
ピエール・ド・ロンサール 花を愛する16世紀のフランス詩人の名がついています ポエムですね
薔薇はやはりポエムがありますね 西欧では百花の王ではないでしょうか


クレマチス(鉄線) 開花まち
5花5クレマチス 開花まち

このころが一番ワクワクしますね^^

芍薬 開花待ち 品種名は「かぐや姫」  名前で一目ぼれし、4年前買っちゃいました(*'ω'*)
芍薬くん開花待ち
花をつけず葉っぱだけ茂ってしまう年もありましたが、今年は豊作(!?)です^^


立てばシャクヤク 座れば


牡丹くん!今朝開花しはじめたとれっとれの写真です(*^▽^*)
今朝開花しはじめた牡丹!とれっとれの写真です 5年越しで育てたので感動ひとしおです


この30分後
↓         ポンッ!って開いた!こんな瞬間に立ち会えてすごく幸せ!
今朝咲いた!牡丹くん
アジア圏では圧倒的な百花の王ですね 鉢ですが5年越しでここまで育てたので涙が・・・(T_T)

で、

歩く姿は・・・(って、誰も忘れてますね。汗)


まだヨチヨチ歩きの百合ちゃん
ル・レーブ百合
百合の中で一番目に好きなル・レーブ  二番目はカサブランカ^^



フローラの12花でないものも載せてしまいましたが、どれも素敵な名前をつけられているのは、どこか伝説ありき、という香ばしさがありますね。イベリスのように、イベリア半島を髣髴とさせるものもあります。
花は、愛されるために生まれてきたもの。
いかんせん、女神フローラに許されものだけが花の名付け親になれたのでしょう。

話戻って
元来、フローラの祭であったメイ・デイは、ヨーロッパはじめ世界各地で毎年5月1日に夏の訪れを祝うため行われる祭典ですが、
日本人の私達にとってのメイ・デイはいわゆる”メーデー”で、労働者が統一して権利要求と行進などの活動を取り行う日、というイメージ・・・ところ&時代変わればなんとやら、ですが、兎にも角にも今年の5月1日は浩宮様が新しい天皇として即位なさる特別のメイ・デイ。

令和初のメイ・デイは、蝶よ花よ(腸よではありません)でフローラ女神の祝福を受ける、そんなフロラリアなメイ・デイでありたいですね。


美雨



最後まで読んでくれてありがとう
花4



★このランキングに参加しています。
少しでも心に残るものがあれば押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 歴史ブログへ


(>ω<)4ポチに感謝デス♪



「令和」初のお花見は北海道で!五月の北海道は桜満開。花見の名所、札幌円山公園で今年2度目のお花見を楽しみませんか。
宿はこちら。丸山公園駅徒歩約10分、リーズナブルで綺麗なゲストハウス(民間宿泊施設)がおすすめ。

GW空室あり!早い者勝ち!

美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!

竜宮小僧の旅案内





*CommentList

そら飛ぶ聖母マリアとロシオの祭り

そら飛ぶ聖母マリアとロシオの祭り スペイン編

来月の丁度今じぶん、アンダルシアではロシオの祭りが廻ってくる。

普段は閑散としたロシオの村が、一躍ロシオ祭のブランカ・パロマの聖母でにぎわうようになったのは昔もいまも同じ
普段は閑散としたロシオの村 Romeria de El Rocio Almonte, España.


BGMにぜひ♪Que viva España
https://www.youtube.com/watch?v=4y1Quy06U9I
↑巡礼といえど、こんな感じでエスパニョ~ラたちは歌い、踊りまくるのです。
Y,Viva Españaの部分をみんなで歌いましょう♪ 考えず、感じましょう❤

ロシオ祭りの幌馬車巡礼
La Romería del Rocío,La Blanca Paloma



”宙を飛んだマリア像のロシオ村伝説”

14世紀の初めこと、湿地帯ちかくロシオの森に狩人が通りかかったときのこと。一本の大きな木のほこらに、幼いイエスを抱いた微笑むマリア像を見つけた。 自分の村へ持ち帰ろうと上着にくるんで、疲れた狩人は森の中で寝てしまった。目覚めると母子像が消えていた。見つけた木のところに戻ってみると、母子像はそこに戻っていた。マリア像を置いて休もうとすると不思議なことにマリア像は空を飛び、もとあった木のほこらに戻ってしまう。何度か試したが、やはり同じことだった。なんとか村の衆と教会に持って行って納めたのだが、翌日見にいくと消えてしまっている。そしてやはり見つかった場所に戻っていた。
聖母様はきっとこの地がお気に入りなのだろう、村の衆は持ち帰る事をあきらめ、その木の回りに聖堂を建てる事にした。それが、ロシオ巡礼の目的地である現在の教会となったという。



Leyenda del hallazgo de la Virgen del Rocío por un cazador almonteño

動く絵本(楽しいですよ^^)ロシオ村の宙をとぶマリア伝説が起源のロシオ巡礼祭り




そして現在、年に一度、聖堂の外へお出ましになるマリア像に逢うためスペイン中から100万以上もの人々が馬車や牛車にゆられてそのエル・ロシオ村へやってくる。
この祭りを“ロシオの巡礼祭”マリアの像の名前を“ブランカパロマ”といい、お祭の間、ブランカパロマに触れることのできた人は、その1年幸せに暮らせるといわれている。

しかしながら、母子像が奉られている教会がある聖地ロシオは、普段は閑散としたゴーストタウンのようだ。年に一度だけ、巡礼に訪れる100万人を収容する宿舎も閑散としていて、なんとも極端である。

ロシオの祭は、カトリックでいう「聖霊降臨祭」(ペンテコスオス)に向け、この日に合わせ巡礼が行われる。セビーリャから西のウエルバ街道に向かって70km以上離れた、アルモンテのロシオ村の教会まで往復1週間かけて巡礼に出かけるというもので、アンダルシアはもとより、スペイン中から巡礼団が押し寄せてくる。

ちなみにロシオ巡礼はRomeria del Rocioという。
牛車や馬を率いて、途中は幌馬車やテントで野宿をする巡礼者。女たちはフラメンコ衣装を着て歌いながら長い道のりをゆっくりと歩いていく。こうした信徒団の数は100を数え、アンダルシアの津々浦々からやってくる巡礼者は、毎年延べ100万人を超えるという。

中には遠いカディスから、ジブラルタルの向こうからやってくる巡礼者も少なくない。数あるスペインの祭の中でも驚異的な祭だ。




木版画
木版画

ロシオの馬車巡礼
ロシオの馬車巡礼




ロシオ巡礼の服装は、もとは普段着でひたすらロシオを目指す巡礼だったが、粋なアンダルシア人たちは、20世紀になると、男性は基本の服装は乗馬服に、女性はフェリア・デ・アブリル(春祭り)で使うフラメンコの衣装を使うようになったという。

この季節・・・初夏の汗ばむ陽ざしは強く、皆、長旅で一様に疲れているものの、歌い踊る元気だけはは残っている。セビリャーナスと同じリズムでロシオの歌を歌い続けて道中のつれづれや疲れを慰めたり景気づける。

自分が巡礼の渦中にあるとロシオの祭礼の俯瞰画像は撮れないが、良い画像が見つかったので記録用にアップしておこう。
祭の明け方、ロシオの村で教会に納められている聖母像ブランカ・パロマの御輿を担いで回る。これがクライマックスで、夜中から明け方、さらに昼過ぎまで続く。聖母への信仰は異常なほどに熱狂的で、その渦中にいないと、とても雰囲気を伝えることはできない。
小さな子供が、蟻の群れのような何千もの頭上を手渡しで送られ、聖母子像に触れさせる。健康と長寿を授けてもらうためだ。宗教とお祭りに熱狂するのはどこでも同じで、日本でも東北のねぶた祭、信州・諏訪の御柱祭り、秩父夜祭など、人が死ぬような熱狂的な奇祭があるが、多神教と違ってほぼ九割九部カトリック信者のスペイン人のイエスと聖母に向かう情熱たるや、狂気と言える側面がある。やはり信仰と狂気は紙一重なのか。



romeria de el rocio狂乱の場



スペインでは4世紀ごろから聖母マリア信仰が盛んになるが、後ウマイヤ朝イスラムの支配を受けることになる。それでも、人々は聖母信仰を密かに続けていた。そして、13世紀レコンキスタの最中、聖母像(Blanca Paloma)が発見されたロシオ村は、一躍奇跡の村となったのだ。

古今問わず、スペインの人々は本当にマリアが好きだ。聖母信仰に関して書くと、また一つの長いテーマになってしまうので、ここでは敢えて述べないが、キリスト教ではなく、いっそのこと「マリア教」と名前を変えた方がわかりやすいのではないかと思ってしまうのは不遜だろうか。

けれど、すべてが画一化に向かうグローバリゼーションの波が浸透している現代生活の中で、こうしたフォルクローレの伝統が脈々と残っているのは頼もしいことだと思う。若い世代や子供の姿も多く見られ、次の世代にもきっと受け継がれていくことだろう。
そうあってほしい。




美雨



子供をなんとかマリア神輿に触れさせようと必死の親たち
ブランカ・パロマ
子供に神のご守護を願うのはどこの国の親も同じなんですね^^


❤読んでくれてありがとうね❤
フェネラリーフェの中庭 お姉ちゃんと
Granada de Andalucia




★このランキングに参加しています。
少しでも心に残るものがあれば押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 歴史ブログへ


(>ω<)4ポチに感謝デス♪



「令和」初のお花見は北海道で!五月の北海道は桜満開。花見の名所、札幌円山公園で今年2度目のお花見を楽しみませんか。
宿はこちら。丸山公園駅徒歩約10分、リーズナブルで綺麗なゲストハウス(民間宿泊施設)がおすすめ。

GW空室あり!早い者勝ち!

美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!

竜宮小僧の旅案内




*CommentList

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

プライバシーポリシー

最新記事

 

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム


美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

マリーアントワネットティーブレンド
リーフ

マリーアントワネットティーブレンド
ティーバッグ

映画マリーアントワネットにも登場
バレンタインに!

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽

ブロとも申請フォーム