FC2ブログ

美雨の部屋へようこそ

ちょっとだけスピリチュアルな世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

カディスの夕陽  ジブラルタル~英国領、スペイン

クリックありがとうございます。ブログランキングに参加してます。
人気ブログランキングへ
カディスの夕陽  ジブラルタル~英国領、スペイン 

暫くブログを留守にしてしまい、ブロ友の皆様、読者の皆様にご心配おかけいたしました。
2020年という今年は不思議といろんなことが重なり、目まぐるしい毎日でした。
又、18歳の愛犬を亡くし、人間で言ったら大学生のわが子を失ったような喪失感でなかなか立ち直れずにおりました。
そこに加えて親友の訃報がもたらされ、私は何か悪い夢でもみているのか!?と,魔の異次元空間にでもはまってしまったのかと雷に打たれたように背中が凍る思いでした。ほんとに、夢であればどんなに救われることでしょう。
歳は私より随分上でしたが彼女とは、スイス、マッターホルンで過ごしたのが最後になりました。
生前もそうでしたが、いまも、温かく励ましてくれているのがわかります。

なんとか心の整理もつき、ゆっくりマイペースでもブログを続けていこうと決めました。
こんな美雨ですが、不義理の数々を、どうか温かい目でお許しくださいませ。

気分転換に、綺麗な海を見たくて沖縄に行ってまいりました。
本土では海に沈む夕日は日本海に行かないと見れませんが、沖縄は海のサンセットが見れます。
海の美しさでは沖縄の右に出るものはめったにないと確信している美雨ですが、海に沈みゆくドラマチックな夕陽の美しさ、というと、これはまた別物かもしれません。


カディスの夕陽


カディス
昼間のカディス


夕日を見るために、カディスに行く価値は大いにあります。

ジブラルタルから隣のスペインの町へ行くのは簡単。
ジブラルタル空港のすぐ隣が国境なので、ターミナルをでて右に数十メートル行ってパスポートコントロールを抜ければ、すぐスペイン領なのです。
スペイン領に入って、そのまま2ブロックくらい歩いたところにバスターミナルがあり、行ったのが少し前なので今の時刻とかはわかりませんが、1時間間隔くらいでアルヘシラス行きのバスが出ています。他の町への便はもっと少なかった気がします。 アルヘシラスまでは2~30分くらいで到着します。
ジブラルタルのイギリスっぽい雰囲気がなんとも面白いです。



ヨーロッパに残る最後の英領植民地、ジブラルタル 
ヨーロッパに残る最後の英領植民地、ジブラルタル 二階建てロンドンバスが走る(笑)
二階建てロンドンバスが走る(笑)


アルヘシラスは駅も町の中心に近いところにありますし、港町なのでホテルや食べるところもたくさんあります。
ジブラルタルのついでに足を延ばして、バカンスのLast Dayは、下の写真を選びました。
夕暮れ時が一番美しい街って、あるんですね。


カディスの夕陽1

カディスの夕陽2




夕日を見るために、カディスに行く価値はあると書きましたが、本当に行った人ならだれもが理屈なしに納得するでしょう。

大西洋に沈む落ちる日。岬の突端に築かれた二つの要塞の間の入り江、小舟が繋がれて波間にたゆたっています。砂浜に溢れていた海水客たちも、夕暮れどきが近づくにつれて立ち去り、ひっそりとしてしまいました。肌に湿った潮風をまといながら、砦へと伸びる堰堤を歩いていく。

3000年以上の歴史を秘めたヨーロッパ最古の港町カデイス、このあたりの海底には、失われた古代遺跡が沈んでいるといいます。

ドライブで連れて行ってもらったカディスも、いまは昔で、しばらく見ないうちにすっかり旧市街は整備されていました。昔のうらぶれて寂れた港町という雰囲気は全く感じられない。

また、カディスからジブラルタルへ向かったほぼ中間には、ナポレオン戦争時に、イギリス艦隊司令官ネルソン提督が活躍して戦死した、有名なトラファルガー岬があります。


ネルソンの活躍したトラファルガー海戦と沈んだ船の引き揚げに関する記事
トラファルガー海戦


この海域には、大航海時代に財宝を積んだまま沈んだ、多くの船が眠っているという。
財宝探しは、一攫千金の夢のテーマになりますが、実際に絵に書いたようにはいかないのが常。調査と引き上げのために莫大な経費がかかるからです。
発見した財宝にさほどの価値がなければ、完全に赤字となってしまうからでしょう。
個人で船をチャーターしてダイバーを雇うのは大変だし、時には自治体やスポンサーの援助が必要になってきます。それでも確実にペイできる保障はなく、幸運に恵まれて引き上げられても、所有権の問題などで揉めるので、実際に挑戦しようという好事家はきょうび滅多にいないようで・・・。 近年、トレジャーハンターによって沈没船から引き揚げられた大航海時代の金貨たちも、しっかりスペインの遺産として取り上げられてしまったのも、記憶に新しいニュースです。

ピラミッドの盗掘にかけた費用は、奪った財宝とほぼ同じ額だったという話もありますが、どうやら、ロマンに留めて置くのが無難なようですね。



美雨


ヘラクレスの岩&英国人に愛されているジブラルタルのおさるさんより
さる
最後まで読んでくれてありがとう


★このランキングに参加しています。押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 歴史ブログへ

(>ω<)4ポチに感謝デス♪




あの頃に戻りたい! 最先端科学がもたらす健康革命! いつまでも若く!

希釈せずにそのまま使える次亜塩素酸水、除菌水ジーア

今なら加湿器プレゼント!空間除菌なら除菌水ジーア




●次亜塩素酸で花粉やコロナウイルス対策!クリクラ 空間除菌・消臭サービス―TVCMでおなじみ!




●札幌でマンスリー、ウィークリーならこちら! 



●豊水すすきの駅近、まるでホテルのような居心地&南国風のエントランスがお迎えします!




●インスタ映えする品川区のパーティルーム Girly五反田

駅から2分のお洒落スペース、予約はスペースマーケットから!


美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!

竜宮小僧の旅案内


*CommentList

残暑御見舞申し上げます

残暑御見舞 申し上げます

お盆からずっと更新ができず、ブログ訪問者様には大変失礼しております。また、お悔やみはじめ御挨拶や暑中見舞い等コメント下さったブロ友のみなさま心から感謝申し上げます。

ブドウ園
見渡す限り葡萄のじゅうたん・・・さすがフルーツ王国!


久々に、山梨の笛吹川フルーツラインに行ってきました。
以前、こちらに住むブロ友さんに、見どころをたくさん教えてもらってからすっかりファンになり、毎年おいしいブドウと素晴らしい景色、夜景、温泉を堪能させていただいてます。^^
コロナ禍に加えわんこ(伝次郎)がいるので、例年のようにまったりはできませんが、昇仙峡のような天然の風景や、葡萄のじゅうたんは、自然と人間のおりなす調和の取れた美しい山梨の美しさを私達に教えてくれます。


<寝る前にちょっとだけ写真の整理&アップ>


星見のスポット、古墳のある公園の丘へ
星見のスポット、古墳公園の丘へ


流星群をみたくてお世話になった古墳の丘  典型的な前方後円墳
ふるさと公園
5世紀の築造

トコ トコ トコ  被葬者の王子様、お邪魔しまーす(でも厳粛な気持ちで?
古墳頂上へ


夜は古代ロマンと宇宙ロマンを感じつつ、頂上でねそべって星見・・・なんという贅沢な瞬間
夜の古墳公園 流星群のかわりに街の星灯りのまたたきを
古墳のフォルムが見えますか


古墳の向かいは
ブドウ畑
もちろんブドウ園  ひょいと誰でも もげそう・・・泥棒対策しないのかな??


昼は足を延ばして昇仙峡へ 
昇仙峡
こちらは水晶王国  歩道は水晶細工屋さんのアメジスト色でキラキラ


昇仙峡のクライマックス、仙娥滝
仙娥滝
こちらは翡翠色 神秘的な滝


フルーツラインを眼下に眺めながら食べる富士屋ホテルのビーフシチュー最高
フルーツラインを眼下に眺めながら食べる富士屋ホテルのビーフシチュー最高


テラスからの眺望
ホテルからの眺め


フルーツの丘を走る可愛いSLカー
フルーツの丘を走るSLカー

疲れも吹き飛ぶ露天風呂に浸りつつ夜景を
露天風呂からみる夜景
こちらも宝石をちりばめたような甲府盆地



笛吹川フルーツ公園からの眺め、豊かな自然と笛吹川の清流に抱かれ、文化の香り漂う山梨は、
古今和歌集でも
「しほの山差出の磯にすむ千鳥君が御代をば八千代とぞなく」を代表として、.古来より多くの歌人によって
歌が詠まれた場所でも ありますね。
古来から、豊かなみのりとスイーツな霊感ただよう、フルーツ王国やまなし、知れば知るほど奥深いところだと 今回の旅であらためて思いました。
山梨はまた 富士山が美しいです。


今年の夏は本当にいろいろ重なって、ブログでお世話になった皆さんへのごあいさつ、返信が遅れすみませんでした<(_ _)>
また気持ちを切り替えて、皆さまのところにお邪魔させてくださいね^^

お忙しい中、お優しいメッセージを頂戴し、本当にありがとうございました。


とり急ぎ お礼まで
            美雨


皆さん、いつもありがとう♪残暑とコロナに負けず乗り越えましょう!^^
どれもおいしそうで迷う!
どれもおいしそうで迷う(>_<)なブドウ君より


★このランキングに参加しています。押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 歴史ブログへ

(>ω<)4ポチに感謝デス♪



あの頃に戻りたい! 最先端科学がもたらす健康革命! いつまでも若く!

希釈せずにそのまま使える次亜塩素酸水、除菌水ジーア

今なら加湿器プレゼント!空間除菌なら除菌水ジーア




●次亜塩素酸で花粉やコロナウイルス対策!クリクラ 空間除菌・消臭サービス―TVCMでおなじみ!




●札幌でマンスリー、ウィークリーならこちら! 



●豊水すすきの駅近、まるでホテルのような居心地&南国風のエントランスがお迎えします!




●インスタ映えする品川区のパーティルーム Girly五反田

駅から2分のお洒落スペース、予約はスペースマーケットから!


美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!

竜宮小僧の旅案内



お星さまになったチー助

お星さまになったチー助

今日、しずかに旅立ちました。
17歳10ケ月でした。
人間に例えると、17歳10ケ月はちょうど100歳、わんこ界では金さん銀さんの領域だそうです。

さようならチー 
ほんとは女のコです


二か月後の18歳の誕生日は家族でで盛大に祝おうと楽しみにしていた矢先、
7月は元気にしていたのに、猛暑もあってか急に弱りだし、この2日ほどご飯も食べれなくなっていました。
一年前くらいから視力も落ち最近は耳も遠くなっていましたが、心臓だけは強くてよく吠えよく喜びよく走り、チーは、20歳まで生きる!と確信していたので、本当にいきなりチーがひとりで逝ってしまい、まだ実感がわきません。
それなのに、涙ばかりぼろぼろ滝のように流れ落ちます。




野川で白サギさんお食事中




石垣島からやってきたチー助

話すと長くなりますが、チーはちょい訳ありの子で、石垣島で生まれ育った幼少期の2年間を、私は詳しく知らないのです。
涙が止まらず、いまは思考回路がアウト・オブ・オーダー、落ち着いたら少しずつ詳細を書いていきたいと思います。
わけあって三年目に里親になりましたが、まるで男の子のように元気闊達なチーを、もと飼い主さんはチー助なんて読んでらっしゃいました。
チワワだからチーなんてずいぶん単純ですが、東京にきてから近所にも”チーちゃん!”と可愛がってもらいいつの間にか15年の月日が流れ、”チーばあちゃん”と呼ばれるようになっていました。



動物写真ってむずかしい 自然な表情をとろうとすると草で目がかくれてしまってたり


手前ミソかもしれないけど、うちに来てチーはすぐ我が家になじんでくれ、もとからこの家にいたように、なついてくれたのです。
覚えも早かった。チワワってこんなに頭がよい犬種なのかな?なんて驚きと感動の連続でした。
ふつう幼少期を2年以上よそで暮らすと、犬はなかなか、なつかないと言われますが、チーはもう自分の置かれた状況というか立場をすべて察知していたところがありました。
本当に、”空気を読める子”という言葉がピッタリの、いい子でした。
時間までも読める子だったのか、チーとはスピリチュアルな経験がいろいろありますが、亡くなった時間も11日の1時11分と不思議な符号がありました。
また1から人生をリセットしてスタートするから、悲しまないでママ、って言っていたのかも・・・

というか これからお盆の支度で忙しくなるので、賢いチーは、私たちの邪魔をしないように、と、少しだけ早く旅立ったのかもしれないね、と家族で話しました。そこでくるくる回っている走馬燈のように、いま、チーとの十何年もの思い出が脳裏をかけ巡っています。




ささようならチー助
18歳にあと二か月  11日1時11分、昇天



いろいろ準備しなければならないのに、本当になにも手につきません。
こんな悲しい日記をアップして皆さん本当にごめんなさい。
でも、いままだこうして息をしていそうなチーがきれいなうちに、記憶をとどめておきたくて
衝動的に書いてしまいました。





いつもブログ応援して下さる優しい皆さま、
いま、こんなで、しばらくコメントやお返事ができないかもしれませんが
温かい目でお許しくださいませ。


毎年楽しみにしている8月の12日ペルセウス座流星群を見るときは「連れてってあげるから、一緒に流れ星を見ようね、チー」と言っていたばかりなのに、チーがお星さまになってしまうなんて・・・





チー、うちの子になってくれて本当にありがとう。
今までたくさんの癒しと愛をありがとう。
一緒に生きてくれてありがとう。


明日は一緒に流れ星を見ようね。



美雨


              チー助だけど女のコです
花かんざしのチー
可愛がってくれて皆さんありがとう




★このランキングに参加しています。押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 歴史ブログへ

(>ω<)4ポチに感謝デス♪

あの頃に戻りたい! 最先端科学がもたらす健康革命! いつまでも若く!

希釈せずにそのまま使える次亜塩素酸水、除菌水ジーア

今なら加湿器プレゼント!空間除菌なら除菌水ジーア



●次亜塩素酸で花粉やコロナウイルス対策!クリクラ 空間除菌・消臭サービス―TVCMでおなじみ!




●札幌でマンスリー、ウィークリーならこちら! 



●豊水すすきの駅近、まるでホテルのような居心地&南国風のエントランスがお迎えします!




●インスタ映えする品川区のパーティルーム Girly五反田

駅から2分のお洒落スペース、予約はスペースマーケットから!


美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!

竜宮小僧の旅案内




*CommentList

ヴェローナの恋人たち ~ジュリエッタの窓から~

ヴェローナの恋人たち ~ジュリエッタの窓から~


あの窓へ・・・
20110128


ヴェローナを訪れる観光客は、必ずや立ち寄るであろう場所。

シェークスピア作「ロメオとジュリエット」の舞台として、あまりにも有名。
イタリア名はジュリエッタなので、今回そのように表記してみます。

どうせ、とってつけたような観光名所だろうと思いつも、自分の眼で確かめずに判断を早まってはいけないと、足を運んだ。結果は期待以上の建物だった。
セビーリャの理髪師のロジーナの家などと比べたら、やはり格段のインパクトがある。
比較するのもどうかとは思うが、観光資源の活用と演出において、完全にヴェローナに軍配が挙がる(別に競ってないけど・・笑)
やはり、悲劇は喜劇にまさる、ということだろうか。



ヴェローナの城壁 上にV字型の切れ込みがあるギベリン型
ヴェローナの城壁 バトルメントというのは、ヨーロッパのお城によくある鋸形のギザギザのついた胸壁のことで、上にV字型の切れ込みがあるのをギベリン型というそうです。ギベリン(皇帝派)だったということか。


さて、ヴェローナ市内にはあちこちに城壁が残っているが、それらのバトルメントはたいていこのギベリン型である。バトルメントというのは、ヨーロッパのお城によくある鋸形のギザギザのついた胸壁のことであるが上にV字型の切れ込みがあるのをギベリン型という。
単なる建築様式の名前ではあるが、ヴェローナは皇帝派側についていたと考えるのが一般的だ。

旧市街には、ロメオの家とされているモンテッキ(モンタギュー)家もある。
門から外観を見るだけで、中に入れない。ジュリエッタの家と比して規模は小さくて見劣りがする。同じ貴族でも身分の格差があったものと想像される。

シェークスピアはあい争う一門としか書いていないが、物語の背景には、皇帝派ギベリンと教皇派ゲルフという派閥対立があったこともさることながら(ヴェローナは皇帝派側についていた)、身分違いという事情もあって、二人は仲を裂かれたのではないかとも憶測できる。



ロメオの家。アーチの入り口の右,白パネルにシェークスピアの劇中の言葉が
ロメオの家。アーチの入り口の右,白パネルにシェークスピアの劇中の言葉が



両家は距離的にさほど離れてはいない。
実は二人は幼馴染で、子供の頃は一緒に遊んでいたのではないか?
ひょっとしたら、こっそりお医者さんごっこぐらいやっていたかも?
と思うほどのご近所さん。物語の中で、二人が舞踏会で初めて出会うという設定が不自然な気もしないでもない。
しかし、ジュリエッタは貴族の娘で、嫁入り前のご令嬢。
たとえ子供でも、一般庶民の娘のように、裏路地でその辺の悪ガキどもと一緒に遊ぶなどということは有り得ない。


大通りには素敵なブティックが軒をつらねるヴェローナ
大通りには素敵なブティックが軒をつらねるヴェローナ



さらに散策を続けると、
13~14世紀に、この中世都市を支配した領主スカラ家の墓所と礼拝堂がある。
デコレーションケーキの上にオマケのように騎馬像をちょこんと載せたような小塔を見ながら、ダンテ像が立つ堂々たるシニョーリ広場を通り、市が開かれる庶民的なエルベ広場に抜ける。周囲には古めかしい商店が軒を連ねている。

ジュリエッタの家は、旧市街の奥まった小広場にあった。
静かな一角に佇んでいるものとイメージしていたが、実際は繁華街の真っ只中である。
連日、観光客が押しかけるので、その経済効果も絶大なのだろう。
入口の隣は商魂逞しいグッズ店、付近には高級ブランドのプティックも並んでいる。
まず驚かされるのは、入口の壁にびっしりと重ね塗られた落書きである。
近年、日本の大学生がフィレンツェの大聖堂の壁に落書きしたことが報道されて日本側から謝罪したニュースが頭をよぎる。もちろん軽率で愚劣な行為だが、こちらの落書きを見ると、イタリア人の視点から見れば、過剰反応と受け取られたのも頷ける。



入口には無数の落書きが・・
入口には無数の落書きが・・・


イタリア人観光客 陽気なイタリアーナ
イタリア人観光客 陽気なイタリアーナ



古風な石造りの豪邸の中庭は、次から次へとやってくる観光客で溢れかえっている。
そして、この石のバルコニーにカップルで立とうものなら、下の見物人からヤンヤの喝采と冷やかしを受けることになる。
庭の奥にはジュリエッタ像が置かれており、「その右胸に触ると素敵なカレシが現われて結婚できる、幸運にあやかれる」というジンクスがあるので、そこだけ艶やかに光っている。
皆、右胸の部分を代わる替わる触っては、写真に収めているが、大人気なので、列を成して順番待ち状態。
別の御利益アイデアが思い浮かぶ。
「ジュリエッタの下腹部に触れると、子宝に恵まれる。安産で、丈夫な可愛い赤ちゃんが生まれる」というのも、いかがだろう?
既婚者にも楽しいジンクスではないか。それによって未婚者、既婚者かとあてっこしながら列で待つ観光客の暇つぶしにはなるかもしれない。

上階の部屋の窓から眺めると、遠くに聖堂の塔が聳え立ち、旧市街が一望できる。
お手洗いは1階売店の奥にあり、ジュリエッタ家のトイレはアラブ式だった・・
というオチがつく。もちろん当時のはばかりではなく、後に設置したものではあるが。



ジュリエットの部屋(内部から)
ジュリエットの部屋(内部から)



多くの団体観光客は、ジュリエッタ像と一緒に写真を撮っただけで立ち去ってしまうが、入場料を払えば、邸宅の中に入って、バルコニーに立つこともできる。
中庭には大勢集まっているのに、内部は意外に閑散としていて、心静かに見れる。
サロンは広くて、部屋数も多い。さぞや権勢ある貴族だったことが偲ばれる。
各所には戯曲の名場面の絵や銅版画、台詞が記されたプレート、中世の衣装などが展示されている。お忍びで逢った二人が新床を過ごしたような風情のダブルベットが、まことしやかに置いておいてあるのも、ご愛嬌。部屋には必ず暖炉があるが、ヴェローナの冬はかなり寒くなるのだろうと予測できた。
しかし、これだけ厳重な構えの邸宅にロメオが忍び込んで夜這いすることは考え難い。
そのためには、誰か内部に協力者か、手引きする内通者がいたのではないか。

・・・などという考えは無粋な憶測、それはソレ、ロマンス話ということで・・ では今日はこれにて。


美雨的にはこのロミオとジュリエットが一番好きかも♥クリック!https://www.youtube.com/watch?v=i928dOYLfMQ

https://www.youtube.com/watch?v=i928dOYLfMQ 本当に似合いの二人・・・青春のひとこまです


われ関せずのヴェローナの若きふたりより
ジュリエットの窓2
❤最後まで読んでくれてありがとう❤


★このランキングに参加しています。(携帯の人はPCモードにして)押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 歴史ブログへ

(>ω<)4ポチに感謝デス♪

あの頃に戻りたい! 最先端科学がもたらす健康革命! いつまでも若く!

希釈せずにそのまま使える次亜塩素酸水、除菌水ジーア

今なら加湿器プレゼント!空間除菌なら除菌水ジーア



●次亜塩素酸で花粉やコロナウイルス対策!クリクラ 空間除菌・消臭サービス―TVCMでおなじみ!




●札幌でマンスリー、ウィークリーならこちら! 



●豊水すすきの駅近、まるでホテルのような居心地&南国風のエントランスがお迎えします!




●インスタ映えする品川区のパーティルーム Girly五反田

駅から2分のお洒落スペース、予約はスペースマーケットから!


美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!

竜宮小僧の旅案内


*CommentList

籠かばふ ほおずき市の 宵の雨  ~浅草観音に寄せて ~

クリックありがとうございます。ブログランキングに参加してます。
にほんブログ村 歴史ブログへ


籠かばふ ほおずき市の 宵の雨  ~浅草観音に寄せて ~


ことしは中止のほおずき市


今日は七夕。

秋桜子のように、ほおずき片手に雨に降られて参道を歩く浅草観音のゆうべ・・・

もうそんな季節がめぐってきました。

残念ながらコロナの影響で今年は開催中止となりましたが、大好きな浅草の観音様の ほおずき市に、毎年参拝している美雨です。
ちょうどこんな美しい雨の降る季節 、ほおずき市は開催されるんですよ。

正式には、正観音四万六千功徳日と言って、この日にお参りしただけで、四万六千日お参りしたのと同じ功徳をいただけるという、ありがたい祈祷会の日なのですが、それほどに法(観音様の説法)が好き、というところから法好き―ほおずきの市が立ったというのが由来です。
観音さまを信仰していたお祖母ちゃまに連れられて、何度ここに足を運んだことでしょう。お陰でいつの間にか美雨も法好きっ子になってしまった。(笑)どんなことがあっても毎年欠かさず詣でているのですが、この時期って本当に慌しくって、浅草まで出向くのは結構大変。

写真撮影時の年、ずっと外地暮らしでなかなか会えなかった親友の都合もつき、 わが莫逆の友とあの真っ赤なほおずき達をi一緒に拝むことが出来ました。あ、その前にちゃんと正式祈祷会にも参加し、あのリズミカルな観音経をお坊様たちと唱えましたよ!(笑)
この日のお坊様達はふだん一日に一回の御祈祷が半日に12回クールで回転するので、やけに早口でついていけないくらいアレグロ・トロッポ(笑)ううん、ヴィヴァーチェって感じですね。(^O^)



昼も夜も楽しい観音様のほおずき市
昼も夜も楽しい観音様のほおずき市




そうそう、雨が降る日ほど、功徳が高いのだそうです。観音様を護っているご眷属の金龍が発動している証とか。
嬉しいな。
じゃあ、私の願掛けも聞いていただけるかしら。お灯明(おろう)も捧げます。

「私も暗闇で迷っているひとに灯りをともせる、観音様の1/1000だけでも功徳を積ませていただく努力をします。」
「小さな自分単位でなく、大きな視野で物事を広く見、より多くの人のしあわせ、社会のために尽せる、陰の行をさせていただきます」

「できますれば、私の願いも聞いてくださいますか」
供養の間じゅう、観音様とずっとそんな対話をしていました。

ほおずきって、漢字で鬼灯と書くのですよね。
あんなに可愛らしい姿からは想像し難いので不思議です。
地獄の鬼の心の闇さえ明るく灯してあげるから鬼灯と書くのだろうか。
観音様の慈愛は、海のように広く、炎より暖かいのでしょう。



ほおずき市




日本人は、概して観音様が大好きといいます。
とりわけ、浅草の観音さまは、聖観音菩薩という最高位の仏さまでありながら33相にも化身して、苦しみ、悩んでいる民草のために分け隔てなく慈愛をもって、衆生をお救いくださるという有難い観音様です。最高に尊いがゆえに、一番下までおりてきてくださるんです。しばしば、ご縁日の茶の湯講に参加しますが、それはありがたいお話がいただけます。こころが潤います。

そのときのお話ですが、浅草寺は628年、(推古36 )土地の漁師であった檜前浜成・竹成兄弟が隅田川で観音像を網で掬い上げ、これを土地の長、土師中知が観世音菩薩と知って自宅に安置し礼拝供養したところ、疫病や飢饉がおさまり、身分の分け隔てなく、信仰する人々に絶大なる功徳が行き渡ったというのが由来だそうです。

身分の分け隔てなく―民草の願い、苦しみを聞いてくださる観音様は、昔もいまも衆生のスーパー.アイドルであることに少しも変わりありません。私は本堂裏の木彫りの小観音像と干支の仏様をまつってある影講堂が特に好きで、いつも長居をしては、観音香の漂うあの天蓋のもと、たたずんでしまいます。

私とも対話をしてくれる、観音さま。
なんてお優しいおすがた。
憂いを含んだ慈愛のまなざし。
叡智を湛えた沈黙。

蓮のうてなの観音さまにいだかれて小さな子供のように静かに眠る自分が、眼をつむるといつもそこにありました。



ほおずき市3
本堂の裏手にひっそり佇むような影講堂の聖観世音菩薩さま


そういえば父方の方も母方の方も観音様大好きでした。
鬼灯の実がひとつつくたびに功徳がひとついただけるとお祖母ちゃんが言っていました。

わが家は、この鉢の籠の下に風鈴を吊る提げて、玄関の軒下にかけています。えびね風鈴も風情がありますね。

ほおずき市以外にも、よく手をひかれて11月の練行列(百味供養やや星供養、菊供養)に参加していたのを思い出します。あのときは意味も何も解らずただみんなに可愛がられて、参加しただけで褒めてもらって楽しかったけれど、いまこうしてひとつひとつの供養の意味を学ぶと本当に深くって、うひゃあ、観音様ってなんて偉いかたなの!?って驚くことばかり。
観音様ってスーパーヒーローだったんですね。

ほおずき、風鈴、朝顔、金魚すくい、浴衣にかんざし...

いいですね、夏の風物詩たち。

無くなってみて、初めて平和な日の祭のありがたみに気づくんですね。


今日から5日間の天気予報は雨。
七夕の今宵も雨。
それもまた佳きかな。佳きかな。


籠かばふ 鬼灯市の 宵の雨 を懐かしみたい美雨です。




美雨



浅草寺http://www.senso-ji.jp/annual_event/shimanrokusennich.html

最後まで読んでくれてありがとう
観音様より 最後までくれてありがとう
観音様より 



★このランキングに参加しています。押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 歴史ブログへ

(>ω<)4ポチに感謝デス♪

あの頃に戻りたい! 最先端科学がもたらす健康革命! いつまでも若く!

希釈せずにそのまま使える次亜塩素酸水、除菌水ジーア

今なら加湿器プレゼント!空間除菌なら除菌水ジーア



●次亜塩素酸で花粉やコロナウイルス対策!クリクラ 空間除菌・消臭サービス―TVCMでおなじみ!




●札幌でマンスリー、ウィークリーならこちら! 



●豊水すすきの駅近、まるでホテルのような居心地&南国風のエントランスがお迎えします!




●インスタ映えする品川区のパーティルーム Girly五反田

駅から2分のお洒落スペース、予約はスペースマーケットから!


美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!

竜宮小僧の旅案内


*CommentList

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

プライバシーポリシー

最新記事

 

月別アーカイブ

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム


インスタ映えするスペースレンタル

コロナウィルス、花粉、ニオイ対策

美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

マリーアントワネットティーブレンド
リーフ

マリーアントワネットティーブレンド
ティーバッグ

映画マリーアントワネットにも登場
バレンタインに!

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽

ブロとも申請フォーム