FC2ブログ

美雨の部屋へようこそ

ちょっとだけスピリチュアルな世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

ツヴァイク作 「マリー・アントワネット」上巻

ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。
人気ブログランキングへ

紅茶の記事の影響か、マリー・アントワネット紅茶で検索して来られる方が多かったので、揚げてみます^^


ツヴァイク マリー・アントワネット 上巻

ツヴァイク アントワネット


角川文庫の新訳、上下巻を読んだ。
なかなか良かった。

もう一度、映画を見たくなりました。

映画の場面は主に上巻がメインで、娯楽映画ゆえに、歴史や政治に関する描写は意図的に避けられ、豪華絢爛、ファッション、グルメに主眼が置かれ ラストは夢の終焉とシリアスな革命の始まりを暗示して幕でした。
実は、真の醍醐味は下巻にあるので、是非お薦めしたい本です。
お薦めの順序としては、映画が先、本が後、がよろしいかと思われます。
本が先だと、映画のあまりの軽さに憤死する恐れが・・・(笑)

書籍では、ツヴァイクならではの、機知に富んだ鋭い警句、無駄のない緊張感に満ちた表現がちりばめられており、さすが名著の誉れ高い理由が頷けます。



可愛い少女の時代から38歳で断頭台の露と消えるまで沢山の肖像画を残している
少女の時代から



じっさい、ツヴァイクのマリー・アントワネットは幾多の作家や俳優達を啓発している。
池田理代子さんはこのツヴァイクのマリーを読んでベルサイユのばらを描く構想をわきたたせたといいます。
しかも、「ばかな女のなかでも最も愚かな女、でも気になって仕方ない可愛くて仕方ない女の話を描きたかった、と言っています。

振り返れば少女のうちは、英雄的でカッコいいオスカルやアンドレにばかり目がいっていましたが、おとなになってはじめてわかる、アントワネットの心の行き場のなさ、寂しさ、愛を求めてやまないこころ。
昔読んだときはあんなに彼女はだらしなく汚ならしいと思っていたのが嘘のように、彼女が哀れに思えてなりませんでした。ハプスブルグ家に生まれた女性としての運命の悲しさ、氷のような宮殿の凍て付くような孤独。

ベルサイユのばらにも登場した下のプチ・トリアノン宮の写真は、彼女が奏でたであろうハープの間。
ハープとクラブサンの空虚な調べのなか、ただただときがすぎゆくのを彼女はうつろにながめていたのではないでしょうか。
ロココの愛らしく優美な装飾に輝く館。しかし、観光客が去ると、陰気な沈黙が支配する、主のいない空虚な部屋。音楽は絶えて、もうニ度と笑いさざめく風景が甦ることはないでしょう。あまりにも寂しい栄華の抜け殻...プチ・トリアノン。



※写真はプチ・トリアノン宮の一室
プチトリアノン 個室


いまの皇室(王室)に嫁いだ妃たちのように堂々と心の病を訴えることすらできず、彼女が彼女としてなんとか生きて行くために残された道は、なにかに溺れるか、唯一愛し、愛されることだったのではないかと思います。彼女が最も人間らしく生きるために、ギリギリの精神状態を保つために・・・。

でも、この時代に死ねた人間はまだしあわせであった気がします。このあと吹き荒れる革命と血の粛清、ナポレオンの台頭から失脚、王政復古の時代までの長い冬の嵐のような混迷の時代を生き抜くことは、王族、大貴族にとってはこと更に厳しい時代であったと思われます。王の従妹や兄弟にあたるオルレアン公、プロバンス伯のような由緒ある貴族の足跡を辿れば、狡猾な彼らでも相当危ない綱渡りをして生き延びているのがわかります。

著者ツヴァイクは、王弟オルレアン公とプロバンス伯に対しては、かなり手厳しく断罪しています。おそらく、作者ツヴァイクと同世代のオーストリア・ナチス政権の中で、世渡りに通じ変節しながら生き延びる人間たちの像が重なっているのかなと思いました。



映画より カルタ賭博に興じるようになるアントワネット
映画より カルタ賭博に興じるようになるアントワネット




同じくフランス革命を背景にした題材として、逆に、英雄として 詩人として断頭台の露と散ったアンドレア・シェニエは時代の華だったなあ、と思います。

ジョルダーノの「アンドレア・シェニエ」オペラのほうが有名ですが、ドラマチックな作品です。
恋人マッダレーナが女死刑囚の身代わりとなって、自ら愛する詩人と共に処刑されていくラストシーンには泣かされます。

さらにフランス革命の恐怖政治の時代を背景としたオペラには、プーランクの「カルメル会の修道女の対話」がありました。
修道院も旧体制の象徴とされたがゆえ、最も厳格な戒律で知られ、革命に対する非宣誓派と睨まれて ギロチンに散った16人の殉教尼僧たちの物語。
一度観る機会があり、静かな感動の余韻が残った珠玉の作品でした。


Franco CORELLI. Come un bel dì di maggio. Andrea Chenier

シェニエのアリア「五月の晴れた日のように」 円熟期のコレッリの艶やかな声に萌えますね


以下、本(上巻)の印象的なフレーズを抜粋してみました。

◆ルイ16世は20年間、誇りも喜びも威厳もないまま、無造作に王冠をかぶり続けていた。

◆マリー・アントワネットの王妃としての20年間は、自己の周りを回る動きでしかなく、内にも外にも、人間的にも政治的にも、完全な空虚のままだった。

◆彼女の「活発なる倦怠」は金の独楽のごとくクルクル廻る。あらゆる悪魔のうちで最も愚かしい悪魔 ー快楽の悪魔ー が閉じ込めたこのペンタグラムから、外へ出たいと願ったことはなかった。

◆18世紀のモラルとは、感覚のままに生き、考えないこと。

◆外交官というものは、簡単な問題をこじらせ、重要な問題を先送りすることに誇りをもってこそ、一人前と言える。

◆オルレアン公、非創造的な性格にありがちな弱点を抱えていた。つまり体裁を気にする虚栄心だ。 プロヴァンス伯、後のルイ18世。沈黙の黒いモグラである彼は、地下にいくつも穴を掘り、兄の地位が足元から崩れるのを待っていた。

◆マリー・アントワネットは認識の木の実の苦さを味わい、夢を浮遊していたような自信をすでに失っている。

◆ただひとり愛し、ただひとり愛されたこの恋人フェルゼンは、自ら決然と、マリーアントワネットに寄り添い、それによって歴史の中へ躍り出たのである。


下巻の感想はまたいずれ。



叙情詩・恋愛詩の女神エラトーに扮したマリー(1788年)
女神エラトーに扮したアントワネット1
最後まで読んでくれてメルシィ♪


☆関西より戻りました。留守中はブロ友の皆様に何かとお世話になりありがとうございました<(_ _)>^^


★このランキングに参加しています。いらしたついでに押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 歴史ブログへ


(>ω<)4ポチに感謝デス♪




美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!

竜宮小僧の旅案内




スポンサーリンク

Comment

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.02/15 21:44分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.02/15 21:40分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.02/14 17:53分 
  • [Edit]

Re: どうもありがとうございますm(^∀^*)m 

こちらこそいつもお心づかいありがとうございます<(_ _)>
エドワード君が天国に旅立たれてからもう一年、かじぺた家も、すこしずつ落ち着いて思い出を楽しめる頃ではないでしょうか。アーサー君が立派にかじぺた家を支えてくれていると確信いたします。
うちのチーと伝次郎は相変わらずあまったれであまり支えにはなってくれそうにないですが、小さな物音によく吠えるので、一応番犬の役目は果たしているのかなぁ?と思う事にしています(笑)

かじぺたさまもベルばら世代だったのですね。^^
まんが嫌いの人でも、あの作品を読むと必ずや影響され、心に残るものが多いと聞きますね。
今では、親子二代でベルばらファンに、というかベルばらファン三代目で、お孫さんが宝塚を目指しているという話も伺っています。思えば、ベルばらが世に出て、もう半世紀ちかく経つのですね。
世界史の舞台では、ほかにすごい偉業をなした女傑も、しょうもない悪女もいるのに、どうして甘ったれで遊び好きなだけの彼女はあんなにドラマになるんでしょうね。美雨も、世界史の華、NO1は、マリーアントワネットではないかと思っています。

鷹虎さま 

孝虎さんも、無事退院おめでとうございます。
そうですね、雪まつりたけなわの頃ですね!一度行ってみたいですがなかなかタイミングが合わず残念です。
そろそろ選挙なのですね・・・
地元の暮らしに密着した、本当の市民の味方になってくれる議員さんが選出されるよう祈るばかりです。

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.02/14 00:29分 
  • [Edit]

miumiu美雨さんへ!! 

旅行から東京へおかえりになり寒波には驚いたでしょうねー。
札幌は雪まつりも無事終わり商店街は一儲けあとは選挙が始まります。貧乏人の味方が何故かてないのか不思議です。☆x4
  • posted by 荒野鷹虎 
  • URL 
  • 2019.02/13 20:51分 
  • [Edit]

noboさま 

こちらこそ、いつも本当にありがとうございます<(_ _)>
今年は適度に寒く、雪も降って、夏も適度に暑いといいですね。いい葡萄ができますように(*'ω'*)
私もお祈りさせていただきます(*^^)

ショーンさま 

ショーンさん、いろいろ大変でしたね(>_<)
私もブログ村にはヘキエキすることがいっぱいありました。
いろんなことを考えて、独自ドメインをとったり、自分もいろいろありました。

> 今回はマリー・アントワネットの生涯ですね
> 本が先だと、映画のあまりの軽さに憤死する恐れ(爆)
> 池田理代子さんの視点は重いですね

フランス革命とか、マリーアントワネットと聞いてまず最初に浮かぶのは、私たちの世代は、絶対的にベルばらですよね(>_<)
第一次歴女ブームの火付け役としての理代子先生の功績は大きいと思います~(*'ω'*)

いつもありがとうございます 

チョコっとどころか、ありがとうございます とても嬉しいです 今年も美味いブドウ作りも頑張ります これからもよろしくお願いします
  • posted by nobo 
  • URL 
  • 2019.02/12 19:43分 
  • [Edit]

NoTitle 

ショーンです
ご無沙汰しておりました、美雨さん
新ブログ村に引っ掻き回されておりました
やっと ここへ来て落ち着きが出てきました
今回はマリー・アントワネットの生涯ですね
本が先だと、映画のあまりの軽さに憤死する恐れ(爆)
池田理代子さんの視点は重いですね
  • posted by  
  • URL 
  • 2019.02/12 19:17分 
  • [Edit]

よっこたんさま 

よっこたんさん、ご訪問とコメントありがとうございます。
また、長の留守中、大変お世話になりました<(_ _)>ぺこりん

アントワネットは、とりわけ肌が絹のようにきめこまかで美しかったそうですが、子供を3人産んだ後もすらっとしたスレンダー美人だったので、宮廷ファッション界の女王でいれたのでしょうね。^^

> その方の生まれて生きた時代は想像も
> つきませんが今みたいに自由はなかったでしょうし

本当ですね、夜中にちょっと小腹がすいてスエット上下でコンビニ行ったり、ラーメンを食べに行ったりなんて自由は皇室や王室の方々にはありえないし、ましてや新婚初夜と出産シーンが公開されるなんて人権侵害、私には耐えられません。
この時代に生まれて、それもごく一般市民に生まれて本当によかったです。( ;∀;)

マリーアントワネット 

こんにちは~MIUMIU 美雨さん^^
マリアントワネットは美し女性だったんですね!
その方の生まれて生きた時代は想像も
つきませんが今みたいに自由はなかったでしょうし
思うように生きていけないジレンマとの闘いもあったでしょうね~
そう思うと今の自分たちは恵まれてるな~と思います。
  • posted by よっこたん 
  • URL 
  • 2019.02/10 11:21分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

プライバシーポリシー

最新記事

 

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム


美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

マリーアントワネットティーブレンド
リーフ

マリーアントワネットティーブレンド
ティーバッグ

映画マリーアントワネットにも登場
バレンタインに!

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽

ブロとも申請フォーム