FC2ブログ

美雨の部屋へようこそ

ちょっとだけスピリチュアルな世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

ロシア沿海州・耀きのアムール その2 シソーエフ「森のなかまたち」


人気ブログランキングへ

ロシア沿海州・耀きのアムール その2 シソーエフ「森のなかまたち」

北海道滞在もラスト一日,名残惜しい晩です。今日は、アイヌにちなんだ”ピリカ伝説”というお酒を飲みました。^^
さて、何かとロシアつながりで話題の米国大統領トランプ氏。彼は嫌いではないけれど、環境問題でも「温暖化のデータは嘘だ!まずは産業優先だ!」等の暴言で物議を醸しており、海流の流れで気温上昇をくい止めるにもこれまでが限界、という危機的状況に直面している人類、”温暖化、いつ とめる?今でしょ?”を痛感してほしいと願ってやみません。温暖化を遅らせる鍵は、唯一森林を増やすこと、ないしは護ることにあります。そんな昨今のクライシスなテーマもかんがみ、手つかずの広大なシベリアの森林地帯・アムールに暮らす動物たちの生態を描いた、素敵な物語を紹介したいと思います。

耀きのアムール その1http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-1429.html
リコー社会環境シンポジウムのパンフからお借りしました


日本海を隔てて北海道と隣り合う、極東ロシアのプリモルスキー州。

プリモルスキーとは「沿海地、海岸地」を意味することから、日本では沿海州と呼ばれることが多い。
東南に日本海に面し、アムール川を北限とし、ウスリー川を西限とする。北はロシア領のハバロフスク地方で、西に中国、南に北朝鮮と国境を接する。東は日本海を挟んでサハリン州(樺太・千島列島・歯舞群島・色丹島)がある。また中部ウラジオストクから北の中国との国境にはハンカ湖(興凱湖)がある。日本海沿岸にはシホテアリニ山脈がそびえ、豊かな自然が残っており世界遺産に登録されている。
極東ロシアの町ウラジオストックを中心に、200万人あまりが住むこのプリモルスキー州は、16万5,000平方キロ、北海道の倍近い面積を誇り、そのうちの実に7割以上を森林が占めるという。森林地帯は沿海地方の74%を占め、ここには狼、虎、熊なども生息している。


アムール流域 黄色い線はアムール川
アムール流域黄色い線はアムール川


民族的にはどうだろう。
現在プリモルスキー州にはロシア人をはじめとするスラブ民族が最も多いが、近年隣接する中国から流入した漢民族が顕著に増加しているようだ。元来は先住民族であるウデヘ人、ナナイ人、ウルチ人などのツングース系民族の居住地であり、清の領土だった時代から住んでいる中国人もいる。朝鮮民族(高麗人)の多くはソ連時代に日本の植民地化にあったことから敗戦と共に中央アジアに強制移住させられているが、沿海地方に帰還している家族も多いと聞く。1992年のソビエト連邦崩壊の前後からは、ロシアの森林行政に混乱が目立つようになり、その後導入された経済の自由化政策は、海外からも商社や伐採企業を沿海地方に引き寄せたという。これは、 アムール(シベリア)トラの密猟が急増した時期にも一致している。
森林行政の混乱と同時に地域の貧困も違法伐採の横行を生み、伐採された森では乾燥化が進み、大規模な森林火災が発生して森の減少に拍車をかけている。

ロシア沿海地方では今、森林の自然と、野生生物、そして森で長い間暮らしてきた先住民の人たちの暮らしが脅かされているという。


アムールシマリス
アムールシマリス

アムールの保護を訴えるポスター
アムールの保護を訴えるポスター
順序立てて動植物の生態系を表しているが、その連鎖を断ち切る人間の姿が。



極東ロシアの森には、数多くの野生が息づいている。

野生生物の生息環境である森が失われることは、人にとっても大切な豊かな森が失われてゆくことでもある。いま、森とそこに生きる生きものたちを守る取り組みが必要とされている。

極東ロシアのアムール地方には、広葉樹と針葉樹が交わり、四季おりおりに美しい姿を見せる豊かな森が広がっている。人や野生動物たちに、多くの恵みを与え続けてきたこの森には、その生態系の頂点に立つアムールヒョウをはじめ、シマリスやクマ、シカやイノシシなど多様な野生動物が息づいているのだ。シマリスが埋めたまつぼっくりの実から新たな木が芽生え、若木をシカが食べ、そのシカをアムールヒョウが食べる・・・こうした多様ないのちのつながりによって、森に豊かさが保たれているのである。

ヒグマとツキノワグマが暮らし、トラやヒョウがひそむアムールの森。斜面を駆け上るニホンジカ、空を舞うオオワシ、巨木に巣をかまえるシマフクロウ。日本では、ほとんど見ることができなくなってしまったコウノトリ。
この生態系の頂点に立つのが、シベリアトラとアムールヒョウであるが、2種のクマ(ヒグマ、ツキノワグマ)、トラ、そしてヒョウ。いずれも食物連鎖のトップに立つ動物を、4種も支えてきた沿海地方の森がそのたぐいまれな豊かさを、いま急激に失いつつあるという厳しい現実を見据えつつ、アムールの”森のなかまたち”を擬人的に描いた楽しい物語を紹介してみたいと思う。



森の仲間たち001表紙



主人公となる動物たちは
ヒグマ、オオカミ、イノシシ、アカシカ、トナカイ、ヘラジカ、タヌキ、キジ、リス、シマリス、クロテン、ミンク、オコジョ、イイズナ、鮭 などであるが
『森のなかまたち』は、いつも本気で生きている、いや、数々の迫害にますます大本気のサーバイバルを余儀なくされている動物たちの命の輝きと悲鳴が聞こえてくる、そんな作品である。

私の拙い表現力では、この本は単にロシア版シートン動物記と解釈する人も多いと思うが(でもシートンは、美雨も子供の時から愛読書です^^)、シートンよりヒューマニティを感じ、ロマンティックでポエティックなのは、やはりアムールならではの抒情なのかもしれない。
また、挿絵画家の森田あずみ氏の挿絵に、そのような”詩”がある気がする。
俗っぽい表現かもしれないが、シートンが快活なジャズギターの響きなら、シソーエフのそれはどこか物悲しいバラライカの響きとでもいうのだろうか。私はバラライカの響きが好きだ。



ロシアの民族楽器、バラライカ演奏(BGMにどうぞ^^)

 https://youtu.be/JjdDq0IqBDc

こんな楽しいバラライカも
http://www.youtube.com/watch?v=bWh3aAodUJk&feature=related



イイズナ オコジョに似ているがすこし大きい。イタチ科
イイズナ オコジョより少し大きい



上に挙げたように、16種の動物たちが各主人公を演じる『森のなかまたち』、私の最も好きな章はイノシシ(アムール猪ザーヴォロチェニ:はねっ返りの意)、灰色(オオカミ)、ちび助の航海(イイズナ)であるが、とりわけお気に入りのイイズナの冒険物語を少し記してみたい。

イイズナという動物は、日本人には馴染みが薄いかもしれない。じっさい、私もエゾオコジョかイタチの小さいの位に思っていた。イイズナは、オコジョより大きくて、イタチより小さく、季節によって毛皮の色を変える夜行性の小動物で、北海道にも分布しているという。可愛い顔に似合わず狩上手で、ネズミや野ウサギをたちどころに捕らえてはがつがつと食べるハンターだ。

普段海から遠いアムール・タイガの森に住んでいるイイズナが、夏の暴風雨で家ごと濁流にのまれ、大河を下って大海に出、違う大陸へとサーバイバルな冒険へとかりだされる「ちび助の航海」は、とても気になる章だ。
こんな小さい生き物が何万キロという旅をし、島か、新大陸か)の住民となり、逞しく新境地を開いていくというスケールの大きい物語だからだ。いや、物語ではないと思う。実際こうして生き延びた種が、サハリンやオホーツクの島々に流れ着き、北海道でもその姿を留めているのは、ほかでもない、シソーエフ博士の物語がドキュメンタリーでありノン・フィクションであるということをつくづく偲ばせるのだ。



『森の仲間達』ちび助の航海より ポプラ流木のうろに隠れているイイズナ
森の仲間たち005 ちび助の航海 ポプラ流木のうろに隠れるイイズナ



ちなみにイイズナの棲み家は、森のほとりに横たわるポプラ大木の”うろ”であったが、急流から谷間の澪へ、そしていつしか大海で揺られる流木となり、生死を賭けた”船旅”で冒険するイイズナの姿は、まさしく「ちび助の大航海」である。
もちろん旅の途中で溺死もしくは衰弱死してしまうイイズナのほうが圧倒的に多いのは想像に難くない。だが、ちび助は、ポプラに棲息したあらゆる甲虫やアリを食べ、たまたま流木に飛んできたカゲロウを食べ、流木で休息をとった渡り鳥オグロシギにとびかかり、三日分の食事にありつき空腹を満たしつつ、最後の難関サバイバルであるオホーツク海の嵐と対峙する。
うろは海水で溢れ、もはや絶体絶命のイイズナが、頭を水に濡らし、体が動かなくなったとき、大粒の砂利の上に打ち上げられたポプラのうろから水が溢れ出て、その後、”半死半生の乗客”は、何週間かぶりに外へ抜け出た。
そうとも、チビ助は初航海の冒険に勝ち、空腹と渇えに勝ち、嵐に勝ち、新たな大陸に立ったのだ。

ちなみに美雨はこのイイズナのちび助が辿りついた別天地は、当然のことながら樺太(サハリン)島ではないかと確信している。

島の気象学者の薪小屋を新しいすみかに決めたイイズナを目にした無線技士は驚いて「おい、みんな!イイズナがすみついたぜ!」と叫ぶ。
普段は遠い測候所に住んでいるイイズナがどうやって山がちな島に現れたのか知る者はいない。
シソーエフ『森のなかまたち』のイイズナの章のラストはこう綴られている。


森の仲間たち002 アムールタヌキ ヤーシカ珍道中
アムールタヌキの章 ”ヤーシカ珍道中”


『森のなかまたち』では、森の四足、二足のなかまだけでなく、ヒレをもつ生き物までが人間の如く生き生きとドラマティックに描かれている。アムール鮭までが(銀ちゃんの一生)それぞれ固有名詞で名を持ち、愛称から文脈の小さなフレーズにまで、シソーエフ博士の愛を感じてならない。

そこで最後に、作者のシソーエフ氏についての紹介をして、アムール記事1.2の結びとしたいと思う。

あとがきからの総括であるが、これだけでも、氏の人となりや生きざま、そして思想までを読みとれると思うので、抜粋したい。

訳者岡田和也氏あとがき
1997年にロシア文化基金ハバロフスク支部から発行された『シソーエフ フセーヴォロド・ベトローヴィチ/博物学者 作家』という小冊子には、次のように記されています。「人生の晩年を迎えて、私には、自由、安らぎ、自然との触れ合いの他、贅沢も、富も、名誉も要りません」「人間と自然の闘いにおいて恐ろしいのは、人間による動植物界の絶滅ではなく、自然の汚染、自然の調和と均衡の破壊、気候の変動です。技術は進歩しているものの、人間は改善されておらず、道徳は向上していません。」「自然の中には、私は、攻撃、ヒエラルキー、カンニバリズム、生存のための闘争を見て取ります。それは、もっともなことなのです。けれども、人間は、もしも生き存えたいのなら、それらの本能を自分の内に収めなくてはなりません」「すべての熱中や愛着の対象のうち、私に残ったのは、自然観照への愛、庭仕事の愉しみです。今は動物よりも植物に心惹かれます。植物は、動物や人間よりも早く地上に現れました。自然は、妙なる美しさと友愛の心をそれらに授けました。私たちは、植物の感覚についてほんの僅かなことしか知りません。けれども、草木に囲まれていると、私は、いつも心が安らぐのです。」


シソーエフのおじさん
ハバロフスク支局からのプレゼントとなる著書『ツキノワグマ物語』を手にした
ハバロ在住の著者フセーヴォロド・シソーエフ氏



ひいきめではないが、『森のなかまたち』はシートン以来、動物ものの本というイメージを突き破って、大人の自分にも新境地を開いてくれた素敵な作品であった。『森のなかまたち』の古典ともいえる『ツキノワグマ物語』も是非とも読んでみたいと思っているが、スターウォーズのEpisodesやサケの銀ちゃんの回流よろしく、遡及してゆく読み方も案外”おつ”かもしれない、と考えている。

上にも記したが、『森のなかまたち』はオムニバスドラマ形式のドラマみたいに、ヴィジュアルに迫ってくる各動物ごと各話完結の物語で、読みやすく、飽きない。
というより、知っているようで知らなかった動物の生態だけでなく、アムールの森独特の生態環境や動物たちの気持ちが伝わってくるのは、作者のシソーエフが探検家、狩猟学者、地理学者等幅広い専門分野と経験、知識を経た立場からこそ描ける、動物の視点で伝えている点。
物語といっても、中途半端なメランコリックさはなく、戦いや、冒険や、ときとして絶望、死に対峙する真剣勝負な彼らの生きざまが吐息レベルで伝わってくる、そんな作品に思う。
その中にも、愛があり、優しさとドラマを感じるのは、シソーエフならではのアムールに暮らす森の仲間達へのアムール:”愛”によるものかもしれない。



美雨



最後まで読んでくれてありがとネ!
アムール虎
数が減少している貴重なアムール虎より

pocchiしてネ切手!?
"pocchiしてネ切手!?"より


★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです★

にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 歴史ブログへ


(>ω<)4ポチに感謝デス♪


美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!

竜宮小僧の旅案内






スポンサーリンク

Comment

maruさま 

maruさん、長いこと、難儀でしたね。
でもなんとか直ってよかったですね。画像も綺麗に見えますし、全く元通りです。^^
私も、FC2の操作はいまだによくわからないことが多いです。
これから、ご迷惑をかけることも多々あるとは存じますが、どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>

表示できました 

こんばんは。美雨さん、やっと画像が、アップ出来まして、無事に、画像が、表示できるようになりまして、ひと安心です。美雨さんにも、ご覧下さり、よかったです。いつも応援ありがとうございます。
  • posted by maru0518 
  • URL 
  • 2019.03/16 02:22分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.03/15 10:11分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.03/15 01:04分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.03/15 00:04分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.03/14 22:24分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.03/14 17:29分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.03/13 20:25分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.03/13 07:38分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.03/13 07:35分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.03/13 00:19分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.03/12 19:16分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.03/12 10:44分 
  • [Edit]

 

美雨さん、お帰りなさいo(^o^)o
充実した旅をされた分☆まずはゆっくりと休まれてくださいね(^o^)/
  • posted by アンジュまま 
  • URL 
  • 2019.03/11 16:43分 
  • [Edit]

MIUMIU美雨さんへ!! 

北海道力を楽しんで無事おかえりなさりご苦労様でした。広大な本道を満喫できたでしょうか!
寒さによく堪えられましたねー^^。☆彡x3
  • posted by 荒野鷹虎 
  • URL 
  • 2019.03/11 15:58分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.03/11 07:47分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.03/10 23:56分 
  • [Edit]

おかえりなさいませ♪ 

こんばんは♪ 今夜も、うん!うん!と頷きながら拝見させて頂いております。美雨さんの人柄が溢れる表現に感動しながら、さらに、うん♪うん♪と、覗き込んでおります。どうか、旅のお疲れが出ませんように、お体ご自愛下さいね!いつも、応援させて頂いております♪
  • posted by MOMA 
  • URL 
  • 2019.03/10 23:48分 
  • [Edit]

コメントを下さった訪問者のみなさま 

皆さま、美雨ブログに暖かいコメントをありがとうございます
北海道から帰って急に、緊張がゆるんだせいか、熱が出てしまいました。
風邪ではなく、たぶん花粉が原因?気管支炎ぜんそくがでてしまい、ひゅうひゅうゴホゴホが始まってしまいました。
りコメントが遅れ申し訳ございません。
薬を飲んで(というか吸って)早く治します!<(_ _)>
またご挨拶に行かせていただきます。

お帰りなさませ(^o^) 

美雨さん、こんばんわ!
北海道より無事なご帰宅なによりです^^

アムールの保護を訴えるポスター。わかってはいますが、生態系・自然を破壊するのは、やはり人間なんですね…
「アムール」といえば「水」と「森」のイメージが強いです。大切にして行きたいものですね。

今日も感謝のぽちぽち^^♪
  • posted by 多楽 
  • URL 
  • 2019.03/10 22:34分 
  • [Edit]

シベリアからのお便りに 

美雨様

北海道旅行楽しまれた様子が文面から伝わってきました。
津軽海峡にはブラキストン線という生物境界線があって、北海道にはヒグマ・シマフクロウ等のシベリア系の動物が多く【イルクーツク】していますね。
尤も、氷河期に【ひょうがき】たとか、タイガの森から虎が来たことはないようで、北海道に虎や豹がいたらどんなだったかと想像してしまいます。おひょうは居ますが…。

ベーリング、ステラ―などの探検家は貴重な記録を残してくれてそれはそれで人類の遺産ですが、発表されるや商売になりそうな生き物は片っ端から捕らえられて数十年で絶滅というのが結構あるようです。大海牛もそうでしたかね。

森で蜜蝋を獲るくらいならまだしも密漁とは怪しからん話ですが、インドでは虎1頭が現地での10年分の収入になるとか。これでは防ぐのは難しいかなと。このようなものを高額で欲しがる人間がいなくなるのが一番良いのですが。

今は昔と違い、乱獲よりも開発で絶滅する種が多いそうです。人間も生きて行かないといけないので、仕方がない面もありますが、もう少し己の欲望を抑えるなど努力が必要ではないでしょうか。

シベリアや沿海州はかつては清国の領土でしたが、ロシアが19世紀に領土化したと記憶しています。
領土を巡って両国で戦争が勃発する可能性は低いと思いますが、この地方の人口数では中国はロシアよりも【バイカル】どころか桁違いに多いとか。経済的な圧力で勢力下に取り込んだ場合、今まで以上の乱開発になってしまわないかと心配です。
これが【シビリア】な現実でしょうか?

今日も「タマ」ではなくて4「ポチ」+拍手 応援です。

  • posted by 和辻 
  • URL 
  • 2019.03/10 10:07分 
  • [Edit]

NoTitle 

ありがとうございます。かえってご配慮いただき感謝です。楽しみに大事にいただきます。 東京との寒暖差がまだまだあると思います。くれぐれもご体調お気を付けくださいませ。またお逢いできるの楽しみにしております。子供達共々本当にありがとうございます。
  • posted by よっちママ 
  • URL 
  • 2019.03/10 08:11分 
  • [Edit]

NoTitle 

ショーンです
トランプ氏、カスでしたね。あんな大統領ありえない。
そんな商売人を大統領に選んだ米国民は、世界中を
かき回していることを自覚すべきですね。
温暖化問題の核心も米国の責任は重いですね。
極東ロシアの混乱ぶりもひどいようですね。
  • posted by ショーン 
  • URL 
  • 2019.03/09 21:55分 
  • [Edit]

 

イイズナ☆可愛らしいお顔してますねo(^o^)o
実は反射神経抜群☆ハンターなのですね( ☆∀☆)
前回記事☆パグチャンに反応するのですね(笑)昨日、病院へ行った時、わんこ大好きなパグチャンとダックスクンの姉弟くんがお隣で♪
ちんまりアンジュ、視線を感じ、大きなおめめで見つめられてました(^-^)/パグチャンやフレブルチャン、ブルドッグサンへなかなか日常会える率こちらでは少ない為、たまにあうと、じぃーっとお顔を観察してますよ(^-^)/サロンではプーチャンがたまたま多いせいか、パグチャンと擦れ違ったとき、二度見してました(笑)わんこ同士の目と目のやり取り、見てて笑え、和む瞬間、色々出くわします(*^^*)
  • posted by アンジュまま 
  • URL 
  • 2019.03/09 10:24分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.03/09 00:17分 
  • [Edit]

海外のことは~ 

MIUMIU 美雨さんこんばんは~
この度は何度も暖かいお気遣いに
感謝しております(*´∀`*)
海外は一度も経験がないので見るもの読むものが
全て~あ~そうなのか!?
なんて不思議でもあります。
この年齢になり勉強する大切さがわかります(*´∀`*)
よい週末をお過ごしくださいね(*^^)v

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

プライバシーポリシー

最新記事

 

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム


美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

マリーアントワネットティーブレンド
リーフ

マリーアントワネットティーブレンド
ティーバッグ

映画マリーアントワネットにも登場
バレンタインに!

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽

ブロとも申請フォーム