FC2ブログ

美雨の部屋へようこそ

ちょっとだけスピリチュアルな世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

そら飛ぶ聖母マリアとロシオの祭り

そら飛ぶ聖母マリアとロシオの祭り スペイン編

来月の丁度今じぶん、アンダルシアではロシオの祭りが廻ってくる。

普段は閑散としたロシオの村が、一躍ロシオ祭のブランカ・パロマの聖母でにぎわうようになったのは昔もいまも同じ
普段は閑散としたロシオの村 Romeria de El Rocio Almonte, España.


BGMにぜひ♪Que viva España
https://www.youtube.com/watch?v=4y1Quy06U9I
↑巡礼といえど、こんな感じでエスパニョ~ラたちは歌い、踊りまくるのです。
Y,Viva Españaの部分をみんなで歌いましょう♪ 考えず、感じましょう❤

ロシオ祭りの幌馬車巡礼
La Romería del Rocío,La Blanca Paloma



”宙を飛んだマリア像のロシオ村伝説”

14世紀の初めこと、湿地帯ちかくロシオの森に狩人が通りかかったときのこと。一本の大きな木のほこらに、幼いイエスを抱いた微笑むマリア像を見つけた。 自分の村へ持ち帰ろうと上着にくるんで、疲れた狩人は森の中で寝てしまった。目覚めると母子像が消えていた。見つけた木のところに戻ってみると、母子像はそこに戻っていた。マリア像を置いて休もうとすると不思議なことにマリア像は空を飛び、もとあった木のほこらに戻ってしまう。何度か試したが、やはり同じことだった。なんとか村の衆と教会に持って行って納めたのだが、翌日見にいくと消えてしまっている。そしてやはり見つかった場所に戻っていた。
聖母様はきっとこの地がお気に入りなのだろう、村の衆は持ち帰る事をあきらめ、その木の回りに聖堂を建てる事にした。それが、ロシオ巡礼の目的地である現在の教会となったという。



Leyenda del hallazgo de la Virgen del Rocío por un cazador almonteño

動く絵本(楽しいですよ^^)ロシオ村の宙をとぶマリア伝説が起源のロシオ巡礼祭り




そして現在、年に一度、聖堂の外へお出ましになるマリア像に逢うためスペイン中から100万以上もの人々が馬車や牛車にゆられてそのエル・ロシオ村へやってくる。
この祭りを“ロシオの巡礼祭”マリアの像の名前を“ブランカパロマ”といい、お祭の間、ブランカパロマに触れることのできた人は、その1年幸せに暮らせるといわれている。

しかしながら、母子像が奉られている教会がある聖地ロシオは、普段は閑散としたゴーストタウンのようだ。年に一度だけ、巡礼に訪れる100万人を収容する宿舎も閑散としていて、なんとも極端である。

ロシオの祭は、カトリックでいう「聖霊降臨祭」(ペンテコスオス)に向け、この日に合わせ巡礼が行われる。セビーリャから西のウエルバ街道に向かって70km以上離れた、アルモンテのロシオ村の教会まで往復1週間かけて巡礼に出かけるというもので、アンダルシアはもとより、スペイン中から巡礼団が押し寄せてくる。

ちなみにロシオ巡礼はRomeria del Rocioという。
牛車や馬を率いて、途中は幌馬車やテントで野宿をする巡礼者。女たちはフラメンコ衣装を着て歌いながら長い道のりをゆっくりと歩いていく。こうした信徒団の数は100を数え、アンダルシアの津々浦々からやってくる巡礼者は、毎年延べ100万人を超えるという。

中には遠いカディスから、ジブラルタルの向こうからやってくる巡礼者も少なくない。数あるスペインの祭の中でも驚異的な祭だ。




木版画
木版画

ロシオの馬車巡礼
ロシオの馬車巡礼




ロシオ巡礼の服装は、もとは普段着でひたすらロシオを目指す巡礼だったが、粋なアンダルシア人たちは、20世紀になると、男性は基本の服装は乗馬服に、女性はフェリア・デ・アブリル(春祭り)で使うフラメンコの衣装を使うようになったという。

この季節・・・初夏の汗ばむ陽ざしは強く、皆、長旅で一様に疲れているものの、歌い踊る元気だけはは残っている。セビリャーナスと同じリズムでロシオの歌を歌い続けて道中のつれづれや疲れを慰めたり景気づける。

自分が巡礼の渦中にあるとロシオの祭礼の俯瞰画像は撮れないが、良い画像が見つかったので記録用にアップしておこう。
祭の明け方、ロシオの村で教会に納められている聖母像ブランカ・パロマの御輿を担いで回る。これがクライマックスで、夜中から明け方、さらに昼過ぎまで続く。聖母への信仰は異常なほどに熱狂的で、その渦中にいないと、とても雰囲気を伝えることはできない。
小さな子供が、蟻の群れのような何千もの頭上を手渡しで送られ、聖母子像に触れさせる。健康と長寿を授けてもらうためだ。宗教とお祭りに熱狂するのはどこでも同じで、日本でも東北のねぶた祭、信州・諏訪の御柱祭り、秩父夜祭など、人が死ぬような熱狂的な奇祭があるが、多神教と違ってほぼ九割九部カトリック信者のスペイン人のイエスと聖母に向かう情熱たるや、狂気と言える側面がある。やはり信仰と狂気は紙一重なのか。



romeria de el rocio狂乱の場



スペインでは4世紀ごろから聖母マリア信仰が盛んになるが、後ウマイヤ朝イスラムの支配を受けることになる。それでも、人々は聖母信仰を密かに続けていた。そして、13世紀レコンキスタの最中、聖母像(Blanca Paloma)が発見されたロシオ村は、一躍奇跡の村となったのだ。

古今問わず、スペインの人々は本当にマリアが好きだ。聖母信仰に関して書くと、また一つの長いテーマになってしまうので、ここでは敢えて述べないが、キリスト教ではなく、いっそのこと「マリア教」と名前を変えた方がわかりやすいのではないかと思ってしまうのは不遜だろうか。

けれど、すべてが画一化に向かうグローバリゼーションの波が浸透している現代生活の中で、こうしたフォルクローレの伝統が脈々と残っているのは頼もしいことだと思う。若い世代や子供の姿も多く見られ、次の世代にもきっと受け継がれていくことだろう。
そうあってほしい。




美雨



子供をなんとかマリア神輿に触れさせようと必死の親たち
ブランカ・パロマ
子供に神のご守護を願うのはどこの国の親も同じなんですね^^


❤読んでくれてありがとうね❤
フェネラリーフェの中庭 お姉ちゃんと
Granada de Andalucia




★このランキングに参加しています。
少しでも心に残るものがあれば押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 歴史ブログへ


(>ω<)4ポチに感謝デス♪



「令和」初のお花見は北海道で!五月の北海道は桜満開。花見の名所、札幌円山公園で今年2度目のお花見を楽しみませんか。
宿はこちら。丸山公園駅徒歩約10分、リーズナブルで綺麗なゲストハウス(民間宿泊施設)がおすすめ。

GW空室あり!早い者勝ち!

美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!

竜宮小僧の旅案内




スポンサーリンク

Comment

oharumamaさま 

こんばんは^^
翡翠ときいてあまりにシンクロしてたのでつい色々書いてしまいました。
でも、oharumamaさんと接点が増えて嬉しいです^^
追記というか、とりびあなど、oharumamaさんの拍手コメのほうに書かせていただいたので、
お暇なときにでもお読みください^^

おお!またまたシンクロ・・・@@!?
oharumamaさんはマリア様ともお親しいんですね!
私はマリアというとブラジル人のお友達がいました。
留学時代同室だった人ですが、ラテンの人らしく素晴らしく感性豊かでしたよ~
いまはどうしているでしょうか・・・(遠い目)
コメントをいただき、ありがとうございました。^^

oharumama 

美雨さん、いろいろ教えてくださりありがとうございました。
すごく高価なものだったなんて知りませんでした。
今はずっとつけていますよ。

空飛ぶアリア像のお話、不思議ですが
本当にあったことなのかもって嬉しくなりました。
こんなカラフルなドレスが似合うのはさすが~
外人さんは何を着ててもカッコいいです。

関係ない話ですが
フィンランド人のトミさんの奥さんはマリア様と言いますー(#^^#)

  • posted by  
  • URL 
  • 2019.04/20 19:46分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.04/18 21:55分 
  • [Edit]

だーいさま 

このたびも、コメントと応援をいただきありがとうございます^^

本当に、もうすっかり江東区の人になってますね、だーいさん。
よく、アンケートで、あなたの要素を、何パーセント何々、で語ってくださいなんていうのがありますが、江東区ときくとイコール浅草で、江東区の人はいやおうなしに50%祭でできている、なんて答え方をしそうですね。でもって、だーいさんは、のこり25%が釣り命!20%がお酒+お外ぐるめで、のこりの5%がダイエット精神で出来ている、で、どうでしょうか。^^

NoTitle 

MIUMIU 美雨さんこんにちは。

僕が引っ越してきた江東区の深川もお祭りに関しては大変熱心な土地でして、いまだにその情熱についていけていない状態であります (^^;)
お祭りにかける人々の情熱は万国共通なのかもしれませんね。

それにしても運んでも運んでも戻っていってしまうマリア像のお話、なんだか日本昔話にでもありそうなお話でなんだか不思議な親近感がわきますね。
  • posted by だーい 
  • URL 
  • 2019.04/18 13:43分 
  • [Edit]

鷹虎さま 

いつも暖かいお気持ちで美雨ブログを応援してくださって、鷹虎さん本当にありがとうございます。

また、円山公園のこと、いろいろ教えて下さって感謝です。
紅葉の名所とは聞いていますが、桜もまた美しいのですね?花見のピークは5月、6月、どちらなのでしょうか。

>円山公園での夜桜宴会もとても乙な粋なものですよ。!☆x3!!!

ああ、もう、桜に酔った気分です。宴会場のあのなんともいえない雰囲気も、また祭の一部みたいなものですね(#^^#)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2019.04/18 01:15分 
  • [Edit]

土佐けんさま 

こんばんは。^^
お忙しい中、ご訪問とコメントありがとうございます。

そうですね。本来祭とは、天に感謝し、粋とし生けるものへの恵みに感謝するものなのに、それすらむさぼったり、自分の都合の良いように解釈し、人を縛り付けたり手枷足枷にするのは間違っていますよね。
どの宗教も本来は純粋な宗教性を持っていたと思うのに、誰かが、力で変えてしまう。私利私欲のために利用する輩がいるから、戦争が絶えないのでしょうね。

でも、祭りはどこか人を開放してくれ、普段眠っていた原始的な部分(野蛮といってはなんですが。笑)まで引き出してくれるので、普段のルーティンワークで気が枯れていく=気枯れ=穢れ(けがれ)をみずから浄化していく力にもなりえるのでしょうね。潜在的に、ひとは、祭りが大好きですよね。^^
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2019.04/18 01:13分 
  • [Edit]

アンジュママさま 

こんばんは^^
アンジュちゃんのチュチュ姿、本当にバレリーナに返信できそうなほどかわいかったですね(#^^#)
フラメンコドレスもいいけれど、やはりアンジュちゃんにはピンクのチュチュが似合う気がします(=^・^=)

>スペインのフラメンコは☆また気持ちのこもった情熱に溢れてますね\(^_^)/
パワフルに踊る姿には惹き付けられます( ☆∀☆)身体で表現する、思いを表現するって☆素晴らしいですね( ☆∀☆)

本当ですね。ラテン系とはいっても、800年以上続いたムスリム(アラビア人)の文明が色濃く残っている土地ですから、純粋な欧州の文化と違って、音楽もファッションもすごくエキゾチックですよね。でもどんな場面でも太陽が似合う国だと思います。^^
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2019.04/18 01:12分 
  • [Edit]

ショーンさま 

来月は、アンダルシアのお祭り・・・行きたいですね~(=^・^=)
マリア様と一緒に宙をとびたいです。
今はあまりないですが、よく空を飛ぶ夢をみるのです。
普段見えないものがたくさん見れて、すごく気持ちいで(#^^#)

>美雨さんは平成最後のお花見を関東で、令和の初花見は
北海道でされるんですね。二度おいしい春♪ 美雨さんらしい。
でも北海道は6月でしょ。あっ6月までステイされるのかな♪

いえいえ、そんな長くはいられません。半分仕事でいくんです。
でもって、北海道のお花見って6月なんですか??@@
北海道は梅雨は無いとは聞いていますが、花見もずいぶん長期間なんですね??ショーンさんありがとう、確かめておきます( ..)φメモメモ
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2019.04/18 01:11分 
  • [Edit]

MIUMIU美雨さんへ!! 

いつもありがとうございます。!今日は最高23度近く暑い日です。円山公園は素晴らしい園遊地であり民宿も成功するでしょう。
旅行家であり経営者でもあったのですねー。!
数年は行ったことがありませんが、もう行くチャンスもなくなってしまいました。泪)夏祭りもすぐきますし仕上げに大変ですねー。頑張って成功されますことを祈っています。☆x3!!!
  • posted by 荒野鷹虎 
  • URL 
  • 2019.04/17 13:54分 
  • [Edit]

こんにちは 

宗教の力は良い面に向けば素晴らしいですが
悪い面に向けば戦いを呼びますね。
日本の宗教観はゆるゆるなので、返ってほっとしますw

ポチッ全部!
  • posted by 土佐けんの助手 
  • URL 
  • 2019.04/17 13:44分 
  • [Edit]

 

美雨サン、アンジュのチュチュドレスからのバレリーナ映像☆有り難うございました\(^_^)/
温かな連想して下さり( ☆∀☆)とっても嬉しかったです~\(^_^)/

スペインのフラメンコは☆また気持ちのこもった情熱に溢れてますね\(^_^)/
パワフルに踊る姿には惹き付けられます( ☆∀☆)身体で表現する、思いを表現するって☆素晴らしいですね( ☆∀☆)
  • posted by アンジュまま 
  • URL 
  • 2019.04/17 08:15分 
  • [Edit]

MIUMIU美雨さんへ!! 

何時も素敵な旅行記すばらしいですねー。
北海道のこられるようですが、ちょうど桜が咲いてるころと思いますが、円山公園での夜桜宴会もとても乙な粋なものですよ。!☆x3!!!
  • posted by 荒野鷹虎 
  • URL 
  • 2019.04/16 11:57分 
  • [Edit]

NoTitle 

ショーンです。
来月はアンダルシアのロシオの祭りに行かれるのかな。
ロシオの森にはそんな不思議が伝説となっているのですね。
空飛ぶマリアさまですか♪
★犬連れ禁止にカチンときてますが、チューリップと桜の
共演は見事なものでした。
美雨さんは平成最後のお花見を関東で、令和の初花見は
北海道でされるんですね。二度おいしい春♪ 美雨さんらしい。
でも北海道は6月でしょ。あっ6月までステイされるのかな♪
  • posted by ショーン 
  • URL 
  • 2019.04/16 10:44分 
  • [Edit]

mami*rin さま 

こんばんは^^こちらでは初めまして。
こちらこそご訪問とご丁寧なコメントありがとうございます。<(_ _)>
読み逃げ大歓迎です。(^.^)/~~~
どうぞお好きな時、お立寄りくださいね~(=^・^=)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2019.04/16 01:08分 
  • [Edit]

和辻さま 

こんばんは^^ご訪問とコメントありがとうございます。

小堀遠州の手がけた浜松のお寺の伝説とかぶりますね~^^
いまでいうポルターガイスト?現象なのかもしれませんが、どちらも屈託なく明るいところがいいです。

そうですね、このロシオ村の伝説は、木こりが奇跡のマリアと出会った際のはっきりした年号や日時が見つからず、14世紀初頭とも15世紀とも書かれていてかなりアバウトなのですが(ラテン系時間ですね?笑)、時代としてはキリスト勢に押され、ムスリムの拠点がセビージャ、コルドバやグラナダ位に追い込まれていったレコンキスタ終結に向かう趨勢でしたから、その中で、こうした「なんちゃってマリアの奇跡」「とんだマリアさま」の勝馬のり的なフォルクローレが生まれても不思議はないかもしれませんね。^^私は信じたいですが・・・(ラテン系の美雨です。笑)

踊る阿呆に見る阿呆という言葉は祭につきものですが、カトリックはほぼ99%が前者のように思います。^^
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2019.04/16 01:07分 
  • [Edit]

こんばんは☆彡 

美雨さんメールありがとうございました。
わんちゃん飼っていらっしゃるんですね。
家の子にそっくりだとか(#^^#)
嬉しいな~♪
また良かったらわん子達に会いに来て下さいね。

読み逃げ多いんですがまたそっと応援させて下さいね♪
  • posted by mami*rin 
  • URL 
  • 2019.04/15 22:21分 
  • [Edit]

とんだマリア様 

美雨様 今晩は!

空鉢でフライングしましたが、そら飛ぶマリア様の話、楽しく拝見しました。

以前に読んだ「黒マリア」はキリスト教以前の大地母神に起源があるようですが、こちらは違いますね。
キリストを処女懐胎したから、とんだ女性と言う訳ではないでしょうが…。

レコンキスタの当事者としてはキリスト教を押し立てることで一丸となれたのではと思います。サンチャゴ巡礼が盛んになったのも同じ理由ではないでしょうか。
唯、レコンキスタ終了と共にその情熱が別の方向へ行ってしまったので国家として頭打ちになってしまったのは残念な気がします。その猥雑さが良いと言う人も居ますが。

年一度のお祭りの熱狂を見ると、太く短くというラテンの生き方を垣間見た気がします。
  • posted by 和辻 
  • URL 
  • 2019.04/15 22:05分 
  • [Edit]

こぶたさま 

こぶたさんこんばんは!^^
ご訪問とコメントありがとうございます。

本当にラテン系の国の人というのは(特に南の方)カラフルで明るく表現が大胆ですよね^^
繊細微妙な”わび”とか”さび”はあまり感じませんが、とにかくその日一日が楽しくて幸せならそれでいいじゃないか、みたいな感覚が、美雨も好きです。ケ・セラ・セラですね(笑)

> YouTubeの音楽、舌を巻いて発音する歌い方がスペインっぽいですねー(*^-^*)

あはは。聞いて下さってありがとうございます。
よく、サッカーの親善試合や応援歌なんかにも流れる国民歌みたいな歌ですけど、本当に体が左右に揺れてくる、ノリのいい曲ですよね~!(^^)!共感してくださって、こぶたさん嬉しいです(^.^)/~~~
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2019.04/15 02:14分 
  • [Edit]

OYAJI様 

ご訪問とコメントありがとうございます(=^・^=)
OYAJI様おっしゃる様に、一概にキリスト教と言っても、旧教、新教で崇拝する対象や教義教論がこれほど違う宗教ってないですね。
カトリックはイエス様崇拝というより聖母マリア教だと思うし、新教に至っては、緋文字に見られるような戒律だけで人を縛り付けるようなピューリタンの一派もあります。長く続きすぎると宗教も偏り果てて阿片となる危なっかしさ満載です。

> 日本の場合は自然崇拝から始まっているように思いますが

そうですね。神道は全てがアニミズム信仰と一概に言えないと思いますが、煩い教義教論が存在しないために縛ったり縛られることがなく、ある意味、人間とほどよい距離感をもって自然に親しまれているのかもしれませんね。^^
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2019.04/15 02:13分 
  • [Edit]

こんばんは★ 

スペインとかブラジルとかお祭りが似合う国ですよねー♪
現地で見たら迫力あるんだろうな~(>▽<)

YouTubeの音楽、舌を巻いて発音する歌い方がスペインっぽいですねー(*^-^*)
一気にあちらの国に引き込まれました(〃艸〃)

フラメンコの衣装も素敵ですよねー✨

ブラジルやスペインの友人がいるのですが、年齢問わず本当に踊ったりすることが大好きで、元気いっぱいでいつも元気もらってます(●^o^●)
  • posted by こぶた 
  • URL 
  • 2019.04/15 00:42分 
  • [Edit]

NoTitle 

今回も興味深く読まさせていただきました。

もちろん音楽も^^

ちょっと違いますけれどドン・キホーテを想像しましたよ^^

宗教というのは不思議ですね

日本の場合は自然崇拝から始まっているように思いますが

カトリックはそれとは違いますから、いったいどこから来たのかなと思います。

日本の信仰が身近にあるのでどうしても比べてしまいますけれど

伝説があるのはどの国も同じですね^^
  • posted by OYAJI 
  • URL 
  • 2019.04/14 14:08分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

プライバシーポリシー

最新記事

 

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム


インスタ映えするスペースレンタル
美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

マリーアントワネットティーブレンド
リーフ

マリーアントワネットティーブレンド
ティーバッグ

映画マリーアントワネットにも登場
バレンタインに!

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽

ブロとも申請フォーム