FC2ブログ

美雨の部屋へようこそ

ちょっとだけスピリチュアルな世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

つる薔薇の美しい古都チェスターはローマの”城砦”が語源

つる薔薇の美しい古都チェスターはローマの”城砦”が語源


ひとつ前のバラ記事が好評だったので、バラにちなんだ街の記事を載せてみます。

大好きな街、チェスター。
留学でお世話になった街でもあります。

町の起源は紀元前にさかのぼり、ローマ軍がウエールズの部族を制するためにこの地に砦を築いたことからついた名前です。古くはチェスターは陣砦を意味する言葉でした。長きにわたるウェールズの攻勢にそなえ、城壁はより長くそしてより強化されていきました。


チェスター・カセドラル(大)
チェスター大聖堂(カセドラル)



その後も、バイキングやウィリアム征服王の侵略を経て、17世紀の清教徒(ピューリタン)革命で街と城壁は無残に破壊されますが、18世紀にみごとに修復され、美しいチュダー王朝の街並みに生まれ変わります。
かつては街の南側を流れるディー川:River Deeに港を持ち、商業都市としても栄えていました。近世以後は近隣のリヴァプールやマンチェスターが台頭してきて取って代わられてしまいましたが、そんな大産業都市に囲まれて、チェスターは古代ローマと中世の街並みを伝える静けさをたたえています。



チェスター 古いローマの城塞都市
チェスター 古いローマの城塞都市



イギリスはどの街も薔薇の庭が美しく、薔薇を愛する人でいっぱいですが、ここチェスターの街で幾度もみかけたピンクと黄色いつる薔薇はなぜか忘れる事ができません。手塩にかけて育てたガーデンローズとはまた違った自然の強さと奥ゆかしさを醸し出すつる薔薇がこんなにも美しいと感じたのは、この街の本質とも通じる何かがこの薔薇にあるからかもしれません。そんなつるバラのどこより美しい街チェスターを、今回日記に綴っておこうと思います。



れんがを這う黄色のバラ
れんがを這う黄色のバラ



古いローマの城壁に囲まれたチェスターですが、市街は中世から近世にかけての街並みがそのまま見られ、黒い木の格子に縁取られたチューダー朝様式の建築が美しいです。
中世の街そのもののようなチェスター市街の中心に、シンボリックな白壁に黒い木組みの有名な家があり、その二階部分の回廊はなんとショッピングアーケイドになっています。古いものを大切に残そうとする英国人の精神は、この街にも色濃くあらわれていますが、その名も「ザ・ロウズ」と知って思わずほっこり。偶然なのでしょうが”THE ROWS”という響きがroseとも韻を踏むように共鳴して、薔薇の街にふさわしい香りを添えている気がした美雨でした。



チェスター チェダー王朝式の街並み
チェスター チェダー王朝式の街並みと、二階回廊アーケード、ロウズ



さて、もうひとつのチェスターのシンボル、チェスター大聖堂(カテドラル)です。ここは聖なる祈りの中心地なのです。ローマとサクソン、そしてノルマンのせめぎあったチェスターの歴史にふさわしく、聖バーバラを祀ったサクソン教会の跡地に、1092年に修道院として再建され、ノルマン式の教会が建てられました。その後も12世紀から手が加えられ、250年の歳月をかけて今の形に完成しました。北側の翼廊やクロイスター(四角い回廊)は12世紀当時の姿のままですが、そこに住む人と祈りに来る人の姿は変わり、カテドラル内部にはみやげ品や本屋などのコーナーが設けられていました。




カテドラルのばら窓
カテドラルで買ったバラのしおり
チェスターのカテドラルのしおり



上のしおりはもうボロボロで紐はすりきれてしまっています。On duty(仕事のフライト中)に誕生日を迎え、自分にちっちゃなご褒美のつもりで買った、懐かしいバラの香りのするしおりでした。
これは捨てられません。チェスターの思い出と共に、ずっとレギュラー選手で幾冊の本にいだかれてきた、これからもいだかれるであろう、大切な読書の友でもあるのです。

書いてある詩が好き。
何という詩人が書いたのかもわからない、ひっそりとカテドラルの土産屋の片隅で出会う人を待っていたような、ちっちゃな薔薇の花びらの詩。


The years fall gently from thee,

love..as petals,

when the blossom's done..

I gather each one tenderly...

and save the petals,

one by one.

I place each one within my heart

and very slowly,one by one...

the petals from a rose again...

forever sweet,

forever young.


すてきな薔薇の花びらを心に溜めていくメッセージ。
花びらの一枚一枚が、誕生日ごとの永遠にSweetで永遠にYoungな心の中のしおりなのでしょう。

聖なるカテドラルの片隅のしおりにも、チェスターのつる薔薇はかぐわしく薫っていました。




美雨

つるバラ
つる薔薇以外のカテドラルの住民、リス
カテドラルに住むリス



★このランキングに参加しています。押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 歴史ブログへ


(>ω<)4ポチに感謝デス♪




花見の名所、札幌円山公園で四季の花々を楽しみませんか。
宿はこちら。丸山公園駅徒歩約10分、リーズナブルで綺麗なゲストハウス(民間宿泊施設)がおすすめ。


美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!

竜宮小僧の旅案内







スポンサーリンク

Comment

アンジュママ様 

ご訪問とコメントこちらこそありがとうございます<(_ _)>

イギリス人は本当に庭造りと薔薇が好きですね^^
黄色のつるバラ、モッコウバラともまた違って、大輪の素敵な薔薇なんです。
あの頃、種類を聞いておけばよかったのに、私は若すぎてそのようなことも思い至らず、ただただきれいと見惚れていただけでした。日本ではなかなか見当たりません。薔薇園とか植物園にいけばまた再会できるでしょうか・・・
でも、あのレンガの街並みや城塞、ガーデンと呼べるお庭で咲くからこそあのばらは一番美しくマッチして美しく咲くのでしょうね(笑)
しおりは、一応まだ現役でがんばってくれています。
ありがとうございます。^^

土佐けんさま 

こんばんは^^コメントと応援ありがとうございます。
本当に、中世にタイムスリップしたような街並みですね。
古いものと新しいものが調和しながらこのままの姿でずっと存在してほしいです。^^

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2019.06/09 23:23分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.06/09 22:36分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.06/09 17:26分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.06/08 06:25分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.06/07 22:57分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.06/07 22:27分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.06/07 19:25分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.06/07 18:51分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.06/07 12:03分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.06/06 22:43分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.06/06 19:38分 
  • [Edit]

 

忘れられないチェスターで見たレンガに這う黄色のつるばら( ☆∀☆)素敵な思い出ですね(^з^)-☆
薔薇の香りのするしおり☆いついつまでも素敵な読書の友でありますように(^з^)-☆

アンジュに温かなお祝いのお言葉頂き☆とっても嬉しかったです(^o^)/
これからもアンジュ共々どうぞよろしくお願いいたします(^3^)/
  • posted by アンジュまま 
  • URL 
  • 2019.06/06 10:58分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.06/05 21:42分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.06/05 21:13分 
  • [Edit]

こんにちは 

ロマンチックな街並みですね~~
つるバラが香り立つ、素敵です^^
  • posted by 土佐けんの助手 
  • URL 
  • 2019.06/05 15:35分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.06/04 17:06分 
  • [Edit]

ショーンさま 

こんばんは^^
ショーンさんの口からチェスター、リバプール、マンチェスターの名が出るとは@@!さすがです。
リバプールは、ロンドンからの経由地ということもあって、本当によく行きました。
ビートルズを生んだ港町でもありますね^^

ところで「マンチェスターとリバプール」、初めて聴きました。
半世紀も経ってる歌なんですね。それなのに、とっても新鮮です。
懐かしいどこかで聞いたようなメロディー、思わず口ずさみたくなりますね。
いまは煩い字余りみたいにあふれ出す歌詞ばかり主流で、歌は添え物みたいな存在ですが、この頃の歌はメロディーラインが美しく、五線譜が主体だった気がします。これぞ、歌ですよね。昭和は優れたメロディーの歌の宝庫だったんですね。
外国でも、日本でも・・・令和でまた、五線譜を大切にした”歌いやすい”本当の歌ごころが蘇ってほしいです。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2019.06/03 22:52分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.06/03 14:27分 
  • [Edit]

NoTitle 

ショーンです。
チェスターはイングランドの都市ですよね。
「マンチェスターとリバプール」が流行りました。
ピンキー & フェラスでしたね。
改めてユーチューブで聞き直してます。
あぁ、やっぱりいい♪
★美雨さん、届きました。いつもお気遣いくださって
ありがとうございます。楽しませていただきます。
最近、若い頃の思い出にすごく引っ張り込まれてます。
  • posted by ショーン 
  • URL 
  • 2019.06/02 21:49分 
  • [Edit]

maruさま 

maruさん、こんばんは^^
こちらこそいつも暖かい応援ありがとうございます<(_ _)>

すみません、令和発祥の地とはいえ、福岡の方は近すぎてわざわざ大宰府には行かないものですね!?
なかでも、坂本八幡は大宰府政庁のはずれというか、おもわぬところにあったりして、驚きました。
でもとっても良い”気”が流れていて、大伴旅人が宴を催したというお庭や梅林も見渡せて、しばしいにしえの風に吹かれてうっとりでした。本当によい所ですね。
天神も博多も大好きですが、大宰府ほんとに大好きです^^
高いビルや遮るものがまるでなくて、巨大な遺跡宇宙船に乗っかっているような、緑の空間・・・エネルギーをいっぱい貰いました。
太宰府天満宮の宮司さんにも勧められ、今回初めて大宰府より古い宝満山の竈門神社にもお参りしました。こんな美しい所が本当にあるなんて・・・涙溢れる旅になりました。maruさんありがとうございます<(_ _)>
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2019.06/02 21:03分 
  • [Edit]

田舎のオ-ドリ- さま 

オードリーさん、こんばんは^^

チェスターは本当に思い出深い地で、学校帰りにどの道を通っても飽きない美しさと発見がありました。
おとぎの国のようなところで、城塞の二階がアーケードになっているのですが、そこにあるスイーツショップでお菓子を量り売りしてもらったり、小さな薔薇のブーケを買ったり、ディー川沿いの家々の薔薇を見比べて歩いたり・・・いまも薔薇の花のように心のなかに咲き続けています。^^

これからますますムシムシ暑くなって、オードリーさんのお庭のお花たちもお手入れ大変だと思いますが、綺麗に咲かせたいですね。いつも優しいお心遣い、本当にありがとうございます。<(_ _)>

マーさん 

こちらこそ、おっちょこちょいですみません<(_ _)>
飛行機に乗って遠い所から帰ったばかりでボーッとしていたようです。
優しいお気遣いと応援、痛み入ります。
実はきょう、ステーキのどんに行ったのですよ^^
三鷹店、リニューアルオープンしたばかりできれいでした。

近くにどんしゃぶもあります。
もうすぐ相方の誕生日なので、そのときは行こうかと思います。^^
しゃぶ葉と木曽路との中間くらいな立ち位置がいいですね(笑)


鷹虎さま 

こんばんは^^いつも大変お世話になっております。<(_ _)>

> 何時の世の中も花が持つ美しさには人を癒す力があるようですねー!安心しますよねー。
> ”花には水を、人には愛を”という言葉が好きですが、この言葉を信じていれば世界平和は侵されないでしょう。☆彡x4

本当に、花の力ってすごいですね。
家を綺麗にリフォームしても、家族以外喜ばないけれど、花を植えていると、道ゆくひとが楽しんでくれたり、喜んでくれるので驚きです。
特に薔薇は、私より開花を楽しみにしていた方がいて「咲きはじめたわね、ピンクのほう一号目ね、」とか「ひとつ切っちゃったの?生け花にしたの?」など、数までちゃんと把握してる通りがかりさんまでいてびっくりでした!
特にピエールドロンサールは綺麗な薔薇なので、人の目を引くのだと思います。

鷹虎さんのおっしゃる
”花には水を、人には愛を”という言葉
ほんの少しですが実感することができました。ありがとうございます。

和辻さま 

こんばんは。このたびも、ウイットに富んだ楽しいコメントをありがとうございます。^^
のーそん・ウェールズ、うけました。(爆)

私の書き方が悪くてすみません。
私の記憶では、”チェスター”は、城というよりは陣幕、陣営のように軍の野営地の意味合いが強く、ローマがブリテンを支配しようとしたとき陣を張ったのに由来していると聞きました、仰る通りマンチェスターやウィンチェスターなどの都市も、もとはローマの野営地であり、チェスター(chester)がカッスル(catsle)の語源となっているのは頷けますね。^^

イギリスというより、ブリテン人は本当に薔薇が好きで、南から北までどの街を訪れても、どんな小さなお庭にも薔薇が咲いていました。ヨーク家とランカスター家の薔薇戦争終結からテュダー朝のテュダーローズまで薔薇で〆るあたり、どんだけ~!?というほど薔薇崇拝していますね?
それほど薔薇というのはノーブルで、百花の王ともいえる気品を醸し出しているからでしょうか。
私も、薔薇を植え~るずしてから、これでドューダー!?といわんばかりに言葉ではいいつくせない薔薇のパワーを知りました(笑)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2019.06/02 20:32分 
  • [Edit]

有り難いことです 

美雨さん、コメントありがとうございました。いえいえ、まだ坂本神社には、行きだしていませんよ。いろいろと、お詣り頂き、嬉しい限りです。そのうちに、出掛けたいと、思っています。
チェスターには、白いツルバラが、胸に刻まれたようですね。バラって、なんてきれいなのでしょうね。惚れ惚れします。
美雨さんの、動きが早いのには、驚きです。いつも、応援ありがとうございます。
  • posted by maru0518 
  • URL 
  • 2019.06/02 10:02分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.06/02 08:58分 
  • [Edit]

 

チェスタ-に留学されてお出ででしたか☆

古い城塞の街に
黄色のツルバラ・・・
チェスタ-の歴史と共に
美雨さんの心にも永遠に残る事でしょう♪

素敵な街並み拝見出来て感謝致します☆

六月に入りました・・・
暑さ ジメジメ気候もやって来そうです!
くれぐれもご自愛下さいます様に☆彡
  • posted by 田舎のオ-ドリ- 
  • URL 
  • 2019.06/01 06:33分 
  • [Edit]

MIUMIU美雨さんへ!! 

何時の世の中も花が持つ美しさには人を癒す力があるようですねー!安心しますよねー。
”花には水を、人には愛を”という言葉が好きですが、この言葉を信じていれば世界平和は侵されないでしょう。☆彡x4
  • posted by 荒野鷹虎 
  • URL 
  • 2019.05/31 15:11分 
  • [Edit]

ウェールズの薔薇 

美雨様

御伽の国のような町ですね。
ブルグ、ゴロトは城と聴いた事がありますが、ブリテンではチェスターが相当するのですね。マンチェスターも?

ウェールズは早々とイングランドに征服されたので【のーそん・ウェールズ】のような田舎と思っていましたが、落ち着いた雰囲気です。ヘンリー七世はウェールズ王家の血を引いていたそうですから、思い入れもあったのでしょう。

エディンバラとかノーサンバランドとかブリテン島には薔薇が似合います。
薔薇といえば、ランカスター&ヨーク家と思っていましたが、チューダー朝にも縁があるとは…。
是非ここに【植えーるず】と思ったかどうかは?ですが。

今日も 4ポチです。

  • posted by 和辻 
  • URL 
  • 2019.05/31 14:14分 
  • [Edit]

OYAJIさま 

こんばんは^^
ご訪問とコメント、ありがとうございます。
また、私の大好きな街チェスターを気に入ってくださり嬉しいです。

不思議と、西洋の古都には薔薇が似合いますね。
石組みやレンガの建築を優しく彩ってくれる薔薇は、イギリス人の暮らしには、なくてはならないものなんですね(^^)

木造家屋が主流の日本のお庭には、どんな花がしっくりくると思われますか。ʕ•ٹ•ʔ
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2019.05/30 22:28分 
  • [Edit]

NoTitle 

きれいな街並みですね~

日本の京都にも古い町並みが残っていますけど

それとはまた違った風情があって

ロマンチックですね

テューダー朝とバラ

紋章に使われるほどの花ですから切っても切れない関係ですね^^

いい写真を拝見させていただきました。

ありがとうございます
  • posted by OYAJI 
  • URL 
  • 2019.05/30 21:44分 
  • [Edit]

鷹虎さま 

こんばんは(^^)
鷹虎さんは、全国津々浦々お知り合いがいてよいですね。
福岡のかたは明るく気さくな方が多いですよね。
佐賀はまた福岡ともちょっと違った個性があって、私は好きです。(^^)実直で心の温かいかたが多いです。
あっでもこれは北海道のみかたにも言えることですよね。

最終日は、令和発祥の地である、太宰府の坂本天満宮にも訪れたいと思います。
令和の世と、鷹虎さんはじめ美雨に暖かく接してくださるみなさんの幸せを祈ってきます。
いつも善い言霊で美雨ブログを包んで下さり、鷹虎さん本当にありがとうございます。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2019.05/30 20:49分 
  • [Edit]

こーたまん様 

はじめまして。こんにちは。

大変光栄なお申し出ですが、急なことで一寸とまどっております。
少し時間をくださいませ。
しかしながら、拙いブログをそのように評価してくださり、ありがとうございます。
美雨拝
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2019.05/30 20:44分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.05/30 17:38分 
  • [Edit]

MIUMIU美雨さんへ!! 

大阪時代は九州の人が多かったですね。
佐賀県人はいませんでしたが福岡が多かったです。佐賀の乱が好きでしたがMIUMIUさんは多忙な旅行家ですねー。
今週もよろしくお願いいたします。☆彡x4
  • posted by 荒野鷹虎 
  • URL 
  • 2019.05/30 12:35分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

プライバシーポリシー

最新記事

 

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム


美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

マリーアントワネットティーブレンド
リーフ

マリーアントワネットティーブレンド
ティーバッグ

映画マリーアントワネットにも登場
バレンタインに!

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽

ブロとも申請フォーム