FC2ブログ

美雨の部屋へようこそ

ちょっとだけスピリチュアルな世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

豊饒の女神アスタルテの都エリーチェ  シチリア島

クリックありがとうございます。ブログランキングに参加してます。


豊饒の女神アスタルテの都エリーチェ  シチリア島

ちょっと湿った南風が吹いてくると、スカッと晴れたあのイタリアの空を思い出しますね!
イタリアのシリズが好評だったので、今回はシチリアのエリーチェをご紹介しようと思います。^^

エリーチェ6 オレンジの段々畑 海の向こうにチュニジアを臨む 対岸はアフリカ
エリーチェ6 オレンジの段々畑 海の向こうにチュニジアを臨む 対岸はアフリカ
エリーチェ



イタリアは地図を見ると、おなじみのロング・ブーツの形。
そのつま先で、まさに蹴り上げようとしている三角形の物体、これがシチリア島です。

シチリア島(イタリア語:Sicilia / 英語:Sicily)は、地中海のほぼ中央部に位置し、東にギリシャとフェニキア、南にカルタゴやアラブ世界があるため地中海文明の十字路となった歴史があります。

島の歴史をざっと説明すると、古代ギリシャ人の都市国家から始まります。
アグリジェンド(街の名)を筆頭に現在でも地中海世界屈指の古代ギリシャの遺跡が多く残されています。時代の移り変わりを反映していて、カルタゴ、ローマ、そしてアラブと支配者が次々と交代し、様々な文明の痕跡が残る島です。面白いでしょう?
11世紀には、ノルマン人によるシチリア王国が建国され、ノルマン・ビザンチン・イスラムの三様式合わさった文化が花開きました。スペインのムデハル様式とも似て異なる、素晴らしいユニークさです。12世紀以降になると、ドイツ人、フランス人、スペイン人と次々と支配者が代わりました。
 
ちなみにシチリア州(Regione Sicilia, regione autonoma a statuto speciale)は、シチリア島と周辺の島々(エオリア諸島、エーガディ諸島、ペラージェ諸島、ウスティカ島など)から構成されています。



エリーチェ1




シチリア島には実は観光地が多く、とても1週間ぐらいでは回りきれない。
東はタオルミーナやシラクサ、中央にはパレルモとモンレアル修道院、内陸にはローマのモザイクで知られるピアッツァ・アルメリーナ、南にはギリシャ遺跡アグリジェントと、小さな島に見えて 第一級の名所が勢揃いなので、西にまで足を伸ばすのは、日程的にも大変なのです。

個人的にはシラクーサ(Siracusa)好きです。ギリシャ時代の数学者アルキメデス(紀元前287?~212年)の生まれた所です。当時は、ギリシャ植民都市の中で最も美しいと言われていたそうです。シラクーサの見所は、ギリシャ時代とローマ時代の遺跡が残る「ネアポリ考古学公園」とオルティージャ島の「旧市街」の2箇所です。

古代ギリシャ統治下にもあった島の歴史を反映するように、ギリシャ仮面劇がよく行われています。島の人達の顔もどことなく古代ギリシャのDNAを感じさせる面影も。素敵ですね。




テアトルグレコで上映されるギリシャ悲劇
テアトルグレコで上映されるギリシャ悲劇

エリーチェ3




個人的には西側において、イマジネーションを刺激してくれる土地に恵まれました。
その一つがエリーチェだったのです。
地中海全体を見回すと、東・中・西で、よく似た印象を与える土地があります。
それはコリント、エリーチェ、ジブラルタルで、特に前者の2つに共通するのは、
古代アスタルテ神殿が建っていたということであります。
ジブラルタルではそうした伝承は聞かなかったけれど、もし東方オリエントの信仰が伝わっていたら、あの岩山こそ、神殿を建てるには理想的な地形だったでしょう。

これは少々予備知識がないと理解し難いかもしれませんが、
古代における海洋民族、フェニキア人が地中海の覇権を握った時代があります。
多くの優れた船乗りたちが交易に従事し、この巨大なる内海を自由自在に渡り歩いていました。
一説によれば大西洋まで乗り出して、アフリカ沿岸から北方ヨーロッパまで到達していたと言われています。
彼らの主神はバール、女神としてはアスタルテを信仰していたという。

もともと、エリーチェの由来でもあるエリミ族がこの町を築いたといわれていますが、フェニキア時代からここには豊穣の女神「アスタルテ」を祭る神殿が聳え立っていたそうです。アスタルテはギリシャ語ではアフロディテ、ラテン語ではヴェネレ、そう、あの美の女神ビーナスです。ローマ時代には軍事上の拠点というよりもこのヴェネレ神殿の聖なる町としてあがめられていたといわれています


エリーチェ城跡 フェニキア時代からここには豊穣の女神「アスタルテ」を祭る神殿が聳え立っていた
エリーチェ5 エリーチェ城跡 土石はギリシャ時代、建物は中世まで幾時代のパノラマを見渡せるよう
土石はギリシャ時代、建物は中世まで幾時代ものパノラマを見渡せるよう



アスタルテは、後代になるとアフロディテやヴィーナスと同一視されましたが、
慈悲深き母なる女神、豊穣と多産を約束し、身体に無数の乳房をつけているという異形の女神です。

海を望む険しい山上に神殿が築かれ、多くの巫女たちが かしづいていました。
モノの本には、神殿売春と記されていますが、フェニキアやカルタゴの船乗りたちは、
行く先々で神殿を参拝して、航海の無事と女神の加護を願ったものです。

そして、なにがしかのお布施をしては、巫女と交わるのですが、巫女たちにとっても、女神に奉仕する行為と見なされていたという。
やがてローマがポエニ戦争で勝利を収め、帝国の覇権がギリシャ、中近東、北アフリカにまで及ぶと、こうした異教の神殿は破壊されてしまいます。
遠い時代の記憶を残した、どことなくノスタルジックな言い伝えではありますね。

標高751mの頂きから周囲を見渡せば、一目でわかりますが、ここは西地中海に向って睨みをきかせる重要な軍事上の要塞でした。しかし、今となっては神殿はすっかり廃墟と化して、跡形もない。古い岩盤や石塊も何も語ってはくれません。
付近には、12世紀の十字軍時代にノルマン人が築いた城、ゴシック式のマトリーチェ教会、近代に建てられた貴族の館などが見られます。



古代から続く石畳
エリーチェ4古代から続く石畳



海風が南西から吹いてきた。
チュニジアまでは約200kmと近い位置にあり、アフリカ行きフェリーも発着しているのもシチリアですね。
シチリアの中でも、どことなく北アフリカの香りが漂っているのは気のせいだろうか。
甘口でトロリとした風味のマルサーラ・ワインでも知られており、これはマディラやポルト、ヘレスのオロローソなどの製法の系統に連なっているようです。

廃墟のロマンの風に吹かれたい...という向きには、
西シチリアの幾つかの遺跡はお薦めかもしれませんね。




美雨


シチリアといえばブラッディーオレンジ.甘酸っぱくて何とも言えない香り 
シチリアといえばブラッディーオレンジ 香りの強い中身が赤いみかん
シチリアのしぼりたてオレンジジュースを飲みたくなったひとはぽちっと♪
シチリアのしぼりたてオレンジジュースを飲みたくなったひとはぽちっと♪



★このランキングに参加しています。押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 歴史ブログへ


(>ω<)4ポチに感謝デス♪




花見の名所、札幌円山公園で四季の花々を楽しみませんか。
宿はこちら。丸山公園駅徒歩約10分、リーズナブルで綺麗なゲストハウス(民間宿泊施設)がおすすめ。


美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!

竜宮小僧の旅案内





スポンサーリンク

Comment

だーいさま 

こんばんは!^^
お会いしたことがないけれど、イメージとしては青い空と青い海がぴったりのだーいさん、シチリアが似合いそう(#^^#)

> 「キャベツ畑の向こうにかもめ大橋。対岸は茨城」
> 銚子市出身の だーい でした (^^;

私は海のない県で生まれ(←高崎生まれ♪群馬県もキャベツ美味しいんですよ~♪)、東京でも海にはちょっと遠い環境で育ったので、だーいさんが羨ましいです(#^^#)

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.07/07 09:41分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.07/06 21:56分 
  • [Edit]

NoTitle 

MIUMIU 美雨さんこんにちは。

「オレンジの段々畑 海の向こうにチュニジアを臨む 対岸はアフリカ」
カッコいい表現ですねぇ。
こういう文章を僕もサラッと書いてみたいところです。
海外には一度も行ったことがない僕にとって、イタリア・シチリア島はまさにただただ憧れの場所・・・。
それにしてもその土地の歴史というものは調べれば調べるほど面白いものですね。ますます興味が出てきます。
今回も勉強になりました (^^♪

「キャベツ畑の向こうにかもめ大橋。対岸は茨城」
銚子市出身の だーい でした (^^;
  • posted by だーい 
  • URL 
  • 2019.07/06 13:02分 
  • [Edit]

oharumamaさま 

こんばんは。^^
長く留守にしてしまい、ご心配おかけしました<(_ _)>
パソコンからのコメント、どうして入らないのでしょうね(T_T)??
私は誰かに制限など何もしていないのですが、ときどきこうした不具合があるみたいです。
今度あったら、必ずFC2に問い合わせますので、必ず言ってくださいね(T_T)

しかし、本当にこの湿気、不快指数120%きますね。
うちのわんこたちもだら~と寝そべっています。
大雨でお散歩にもいけず、ストレスたまってるみたいです(>_<)
こんなとき思いっきりシチリアのブラッドオレンジをゴクゴクと飲み干してスカッとしたいですね(^.^)/

よっこたんさま 

こちらこそ、いつもよくしていただいてるのに、不義理をしております<(_ _)>
家庭の用事でしばらく関西に出かけておりました。
よっこたんさんもご家族にぎやかでお世話が大変なことも多いでしょう。
ブログはどうぞ後回しで、ご自分の体第一になさってくださいね。

放置ぎみの美雨ブログをお見捨てにならず、本当にありがとうございます。
こんな私ですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

アンジュママさま 

しばらく出ておりまして、コメ返しが遅れて大変失礼を致しました<(_ _)>

しぼりたてオレンジジュース、芽が細くなっちゃうほど美味しいですね~(#^^#)

 

美雨さん、こんばんは。

パソコンからコメント入れさせてもらうと
不正なコメントとなり送信することができませんでした。

毎日蒸し暑いから、にゃーご、まめたん、私まで
ダレダレですよー
日本の梅雨の時期は体がダルいし、髪はボサボサになるので嫌なんですよー

そんなときに、素敵なシチリア島のお写真をみせていただき、爽やかな気分になれました。
ありがとうございます(*^^*)
  • posted by oharumama 
  • URL 
  • 2019.07/02 22:17分 
  • [Edit]

 

こんばんは。
  • posted by oharumama 
  • URL 
  • 2019.07/02 22:10分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.06/29 13:45分 
  • [Edit]

ご心配おかけして~ 

こんばんは~MIUMIU 美雨さん^^
今日は暖かなお言葉おかけくださいまして
ありがとうございます。
少しづつ回復しております。
何分チビごんが4人それだけで大変なこと
自分では大したことないと思いつつも
体には負担が出ますもんね~(ーー;)
あと一ヶ月頑張らないとと思います。
拙いブログでもMIUMIU 美雨さんみたいに
喜んでいただけるなんてありがたいです。
これからも宜しくお願い致しますm(_)m
  • posted by よっこたん 
  • URL 
  • 2019.06/27 21:04分 
  • [Edit]

 

シチリアの絞りたてオレンジジュース☆飲んでみたいです~(^o^)/
  • posted by アンジュまま 
  • URL 
  • 2019.06/26 23:43分 
  • [Edit]

よっこたんさま 

こちらこそいつもありがとうございます。
このところ所用で出ずっぱりで家を空けてしまい、よっこたんさんのページは必ず目を通すもののROMばかりで申し訳ありません。<(_ _)>ペコリン
よっこたんさんお忙しいなか、いつもお立ち寄りくださるだけですごく嬉しいんですよ、
拙いブログを、そのように楽しんでくださって感謝、感謝です。
末永くよろしくお願いします<(_ _)>

そら太朗ママさま 

こちらこそ、拙いブログをそのように言ってくださってありがとうございます<(_ _)>
また、チー助と傅次郎のことも可愛がってくださり感謝、感謝です。(#^^#)

> 海外旅行をするならスペインと思っていましたが、シチリアに行きたくなりました。

シチリアもスペインもどちらも魅力的ですよね。
ご飯はおいしいし、メチャ明るいし、やっぱりラテン系の国、美雨も大好きです(≧▽≦)

しばらく・・・ 

こんばんは~MIUMIU 美雨さん^^
いつもありがとうございます(_ _)
いつもお気遣い下さりありがとうございます(*´∀`*)美しいお写真と記事を読みながら気持ちも和らいでおります。
まだまだ時間に自由がなくてしばらくの間読み逃げ応援になるかともいます。
お許しくださいねm(_)m
  • posted by よっこたん 
  • URL 
  • 2019.06/25 22:21分 
  • [Edit]

ステキ! 

シチリアと言えばゴッドファーザーとレモンしか知りませんでしたが、博識は美雨様のブログでシチリアの魅力に目覚めてしまいました。
海外旅行をするならスペインと思っていましたが、シチリアに行きたくなりました。

先日は、そら太朗8才のお誕生日に暖かいお言葉をいただきまして、ありがとうございました。
とっても嬉しかったです。
  • posted by そら太朗ママ 
  • URL 
  • 2019.06/25 10:08分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.06/25 07:33分 
  • [Edit]

ショーンさま 

こんばんは^^
ショーンさんといえば、ゴッドファーザー真っ盛り(?笑)なリアルジェネレーションでしたでしょうね^^
私も、すべてではないですが、シリーズで結構見ました。音楽もいいですね。
島は、本当に文化が交錯しますね。西地中海の要衝ということもあり、どの民族も国家も、海の要塞としてぜひ押さえておきたい立地にありましたしね。(>_<)
ギリシャ時代から、宗教的にも幾多の騎士団が占拠しては領土なき常識はずれの国家みたいなのを立ち上げているので、秘密結社的な要素がマフィア世界にひきつがれたとしても不自然ではないかもしれませんよね。
ドラマも面白いと思いますが、事実は小説より奇なり、といいますから、シチリアからはもっとすごいものがいっぱい出てきそうですね。^^

nutsさま 

nutsさんここんばんは。
神出鬼没のnutsさん、お久ぶりです^^お元気そうで何よりです。
シチリアは、小さく見えて結構広く、同じ島なのに景色や地勢が全く違ったり、不思議なところですね。
とても魅力的な島なので、ぜひお出かけ下さい。^^

マーさんさま 

いつもご訪問と応援をいただき、マーさんには本当に感謝しております<(_ _)>

> これは上手いなあと思いました。飲んだ瞬間に顔がキュってなりそうですね。

あはは。食いしん坊ですみません。(≧▽≦)
シチリアは、レモンは日本のほど酸っぱくないのに、ブラッディーオレンジは甘やかしのない酸味ですね!でも、ほどよい苦みがあるので、けっこう飲めちゃうので不思議ですね?
日本ではコンデンスで処理されている物が多くて、現地で飲むフレッシュジュースより味が落ちてしまいますが、いまのところスジャータから出してる紙パックのブラッドオレンジが、程よい甘みがあり一番気に入っています^^
マーさん、試してみてくださーい!

多楽さま 

こんばんは。このたびも素敵なコメントをありがとうございます。
降ったり止んだり、お洗濯ものも気持ちよく干せないストレスフルな毎日が続くと、こんな画像を見て地中海の気持ちよい南風をイメージしてしまいます。

> やっぱり、オレンジやレモンなどの柑橘系がパッと浮かびますね(*^-^)

仰る通りですよね^^、シチリアはレモンもすごくおいしくて、日本のあの酸っぱいレモンとはちょっと違って、ジュースにしても美味しいんです。そこまで酸味がきつくないので、レモンスプレーなどでも大活躍なんですよ。シトジェット(シトロン:柑橘系ジェットスプレーみたいな?笑)ブランドでゆずポンみたいな感覚で売れていました。シトジェットは日本でも一度みかけたのですが、その輸入元企業が社長さんと共になくなってしまったそうで、すごく残念です。あんな美味しいレモンは、シチリアに行かないと二度と口に出来ないと思います(T_T)。

鷹虎さま 

こんばんは!
北海道は梅雨がなくていいですね(>_<)羨ましいです。
ばね指、鷹虎さんも長く辛抱されたんですね。
手術までする人もいれば、四十肩のようにときがくれば治っていた、という人もあり、不思議な症状ですね。
関節炎の一種なのですか。いつも家族のように心配してくださって、本当にありがとうございます。

noboさま 

こんばんは!^^

> シチリアと言えばオレンジとゴッドファーザー 行ってみたい

あはは。イメージとして浮かぶ三つのなかに必ずこの二つは入りますよね^^
ブラッディーオレンジジュース、私も大好きです。

NoTitle 

ショーンです。
シチリアと言えば、マフィアを連想してしまいます。
シチリアがマフィア発祥の地でもあるのですよね。
ノルマンディー公国・シチリア王国…次々と異なる
民族がそれぞれの国を建国し、シチリア島と
イタリア半島を呑み込んでいったのですね。
さぞイタリア人は凹んだろうにと思いましたが…
ミュンヘンへ出張した折、イタリアの空港が近づいて来た頃、
機内にクルーの歓声が上がり、歌うわ踊るわ、機内は
カーニバル状態になりました。
底抜けに陽気ですね、イタリア人って。
  • posted by ショーン 
  • URL 
  • 2019.06/24 13:42分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは。
ブログランキングから来ました。
シチリア島、とても綺麗ですね。
生で見たいです。

こんにちは 

「シチリアのしぼりたてオレンジジュースを飲みたくなったひとはぽちっと♪」

これは上手いなあと思いました。飲んだ瞬間に顔がキュってなりそうですね。

  • posted by マー(自由人2) 
  • URL 
  • 2019.06/24 12:41分 
  • [Edit]

シチリアと言えば、 

実雨さん、こんばんわ^^

やっぱり、オレンジやレモンなどの柑橘系がパッと浮かびますね(*^-^)
こうして見てみますと、シチリアも文化の交差点の島だったんですね…。 
このような史跡が多いシチリア島、納得がいくまで散策してみたいです。

アルキメデスの故郷とは知りませんでした(^_^;

やはり、いつも勉強になります!
今日も感謝のポチっと(^_^)
  • posted by 多楽 
  • URL 
  • 2019.06/23 19:32分 
  • [Edit]

MIUMIU美雨さんへ!! 

入梅のような気候ですね~
ばね指は本当につらいものです。暖かくなると血流がよくなるためでしょうか?
早く治れば…と思いますが思わぬ時に。忘れたときに治っていることもありますよ・・私の最初の親指がそうでした。次に左指の薬指に打つてきました。関節炎ですね。
  • posted by 荒野鷹虎 
  • URL 
  • 2019.06/23 15:07分 
  • [Edit]

NoTitle 

シチリアと言えばオレンジとゴッドファーザー 行ってみたい
  • posted by nobo 
  • URL 
  • 2019.06/23 09:02分 
  • [Edit]

和辻さま 

君知るや南の国・・・ミニョンですね^^
よく歌いました。

シチリア記事を気に入って下さり、ありがとうございます。
そうですね、ここはイタリアであってイタリアでない、と言われていますが、じゃ、どこだと思う?とイタリア人の友人に聴いたら、「あそこはアフリカ!」と言ってました。笑
でも、フェニキア人が築いた都といってもおかしくないですね。クレタ島もそうですが、地中海の島って共通項というか、不思議な符号がいっぱいあるものですね。基督教以前の宗教観なども似ています。
ギリシャ文明の残り香もプンプンしますが、大昔の人たちって、現代よりずっとアクティブで行動半径が豊かであった気がします。^^そんないにしえの人たちを想像するだけでもロマンですね。

OYAJI さま 

こんばんは!
暫く家をあけておりまして、お返事遅くなりすみません<(_ _)>

シチリアは本当に独特で、イタリアであってイタリアでない、と言われるのわかりますよね(#^^#)
シチリアのチェリートマトも美味しいですが、オリーブオイルもすごく美味しいんですよ^^

トマトのような香りがするトンダイブレア種のオリーブが有名なんですが、何とトマトと同じDNAがあるのだそうで驚きです。
シチリアの在来品種なのに、南米原産のトマトと同じDNAだなんて、まさに、自然の不思議です。
偶然とは言え、ほんとに、 島は文化が交差しますね~。(*'ω'*)

君知るや南の島 

美雨様 今晩は!

シチリア紀行を見て梅雨空もどこかに行ってしまいそうです。

地理的には地中海のほぼ中央。独立国家ながら周囲の文明が交錯し、ペロポネソス戦争・ポエニ戦争でも重要な役割を果たしましたが、意外とまとまった記述が少ない国ですね。

大昔の学生時代の大昔に、シシリアの晩鐘が後期中世世界の分水嶺になったと読みましたが、今一つ理解できませんでした。

文明の十字路だったようですが、美雨様の投稿を見て場所によって、シシリアに影響を与えた文明の濃淡があるみたいですね。フェニキア色が濃く残っていたとは驚きです。

先日、「地中海の十字路=シチリアの歴史」という本が発売されたので、買った後【カルタゴ】に美雨様の投稿を思い出しながら熟読しようと思います。

今日も、4ポチ応援です。
  • posted by 和辻 
  • URL 
  • 2019.06/22 22:49分 
  • [Edit]

NoTitle 

島は文化が交差しますね~

特にこの地域は文化や宗教が多様ですから

いろんな影響を受けたんですね^^

畑をしている立場としても

この島はトマトでなじみが深いです^^
  • posted by OYAJI 
  • URL 
  • 2019.06/21 21:54分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

プライバシーポリシー

最新記事

 

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム


インスタ映えするスペースレンタル
美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

マリーアントワネットティーブレンド
リーフ

マリーアントワネットティーブレンド
ティーバッグ

映画マリーアントワネットにも登場
バレンタインに!

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽

ブロとも申請フォーム