FC2ブログ

美雨の部屋へようこそ

ちょっとだけスピリチュアルな世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

ナスカの地上絵と女シュリーマン  ~マリア・ライヘ女史 発見にかけた情熱と生涯~

ナスカの地上絵と女シュリーマン  
        ~マリア・ライヘ女史 発見にかけた情熱と生涯~


ペルー・ナスカの地上絵の研究者、山形大学の坂井正人教授の日本人チームが、ハチドリより古いリャマの絵を発見し、世界中で話題を呼んでいます。
今日は、前記事のシュリーマンの女偏とも言える、地上絵の草分けともなった、ナスカの第一人者である元祖マリア・ライへ女史と地上絵についての記事を掲載してみます。

新発見 リャマ

新発見のリャマ地上絵
http://www.asahi.com/articles/ASG585HL3G58UZHB014.html


ナスカの地上絵に興味を持って はやいくとせ経つでしょうか。

この地上絵がどうしてここまで脚光を浴びて有名になったか知ったときの衝撃・・・
ナスカの研究を最初に始めたドイツ人女流数学者マリア・ライヘのことを思い出しました。

マリア・ライヘ女史。
ドイツの女性で、現代のシュリーマンと呼んで過言のない人物です。

つい最近まで、生きて活動してらっしゃいました。

公的研究機関に属することなく、単身ペルーに渡り、ほったて小屋みたいなところに住んで、
何十年も研究し続けた方です。

研究生活数十年目に、彼女のあまりの情熱と気高さに心を打たれたペルー政府が、
ホテルの一室を無料無期限に使ってよいことにしたそうです。
それまで彼女はずっとほったて小屋に住み、研究費用は数学とドイツ語を教えて稼いだといいます。


ナスカの地上絵の存在を世に知らしめたライヘ女子。下はハチドリと特定。
ナスカの地上絵

マリア・ライヘ女史
初代ナスカ研究者


マリアさんの顔写真を見ると分かりますが、男性的な、無駄を削ぎ落とした求道者のような立派なお顔をなさっています。ゲルマン魂というか、大いなる真理に仕えている使命感というか、そういうものが感じられませんか。
確かに好きだけではやれない偉業ですから。

こういうことやる人、もう無条件で尊敬します。まさしく、彼女は草分けです。



ライヘの生前研究していたときの部屋
生前彼女が研究していた部屋

ライヘ博物館の切符
ライヘ博物館の切符


上はペルーに在るマリア・ライヘ博物館で飾られている、マリア・ライヘ女史の自室の写真です。彼女が生活した当時そのままの保存スナップです。マリアは贅沢な生活を好まなかったため、そのメンタリティーを反映してか、質素で小さな博物館ではありますが、ここには膨大な、しかも、全てオリジナルな書類やデッサンがそのまま展示されています。この亜熱帯のこの地域の、しかも乾燥した場所でオリジナルが放置されて大丈夫なのかな?と心配しなくもないですが、国家にレプリカを作る予算が無いのでしょう。現地の案内人もそう説明しているようです。

有名どころで日本では、楠田枝里子さんが「マリア・ライヘ基金」を作ってマリア女史を支えたのはよく知られた話ですが、ライヘ女史が亡くなられてから、どのような活動をされているのか、寡聞にして知りません。

いま、ライヘ女史は、博物館の庭に眠っています。


画像 ナスカの地上絵 ハチドリ
ナスカの地上絵 ハチドリナスカの地上絵 サル
ナスカの地上絵 サル

トップ画の地上絵は ハミングバード(ハチドリ)と言われています。
またどうしてそう言われているのでしょう。

当時(古代に)この土地に住んでいた人達の世界観や死生観を知らない私達は、つい宇宙人への標識やメッセージなどと考えてしまいがちです。
しかしながら、自然や死者を敬い、月や星や太陽から季節や時間を知り、自分で考え工夫しながら暮らしていた古代の人達は、今の私たちよりもずっと人間的で真理を知っていたような気がします。

未開の地域や人々には受け継がれていても、物質文明にどっぷり浸かっている私達には、解けない謎になっている事が多いですね。
けれど、そんな古代の謎解きに挑戦している考古学者や研究者も、インターネットなどを使ってグローバルな視点で捉えられるようになってきたそうですから、新たな真実の解明が期待できそうで楽しみです。


ナスカ 地上絵配置図
ナスカ 地上絵配置図
「マリア・ライヘ基金」を作ってマリア女史を支えた楠田枝里子の本
ナスカ


名声や報酬など関係なしに、「やりたいからやる!」という純粋な思いで、しかも継続して情熱を持ち続けていられるって、すごいことだと美雨は思います。もちろん、単に好きで夢中にやってきただけでなく、そこには決然とした意志を感じます。本当に尊敬します。
私も人から見たら無価値でも自分にとって価値あるものに時間を費やせる人間でいたいです。

憧れたり、素晴らしいと思う反面、 その辛さ、悩み、狂気寸前の心などを考えると、 胸が痛くなる感じもありますが、憧れが消えることはありません。

チンパンジーの研究者のジェーン・グドールといい、ライヘといいい、 すばらしい女性たちですね。真理追究に一生を奉げている女性は、一種、神に身を奉げている修道女的な美しさがあります。

彼女たちの情熱の原動力は何だったのだろうと、子供心にいつも思ってきました。

彼女たちにとって、研究は祈りなんですね。
人の人生にはそれぞれ 人知では計り知れない歴史的な意味があると思います。

そして彼女たちはまた、人間その気になればなんだってできる、と教えてくれている気がします。




美雨



❤今日も最後まで読んでくれてありがとう❤
博物館に現れるリャマ
博物館に現れるリャマより



★このランキングに参加しています。押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 歴史ブログへ


(>ω<)4ポチに感謝デス♪


美雨の札幌のゲストハウス(貸し切り民泊)です。
2件オープンしました。お値段手ごろで綺麗なお宿です^^ヨロシク♪

●豊水すすきの駅近、まるでホテルのような居心地&南国風のエントランスがお迎えします!



●秋の北海道へ…グループならかなりお得!築浅の綺麗なお部屋です!




美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!

竜宮小僧の旅案内







スポンサーリンク

Comment

よっこたんさま 

こんばんは^^お忙しい中コメントありがとうございます。

ライヘ女史の情熱・・・本当に素晴らしいですね。時代と逆行していたり、現実の厳しい生活にさらされて、普通にはなかなか貫けないだろうと思います。出家して修行僧にでもなってしまえば別ですが、子育てをしている女の身では現実界の規範の拘束というのもあるでしょう。でも、考えてみたら、地球規模で言えば人間の一生なんてちりあくたにも満たない短いもの、生まれてきた意味を考えたら、やりたいことをやる、自分しかやり得ない、と思ったことをやる、こうした思いだけは常に持ち続けていたいものですね、ライヘ女史のレベルには及ばずとも・・・。(*^_^*)

MIUMIU美雨さんへ!! 

ご無沙汰です。目と心臓は医師に任せて温泉に行っています。PCを取り換えたので、勝手が違い苦労しています。
のどの痛みは取れましたか?私の気管支喘息は(台湾の)金冠で直りました。笑い)☆
  • posted by 荒野鷹虎 
  • URL 
  • 2019.10/06 11:01分 
  • [Edit]

地上絵~ 

おはようございます。
この地上絵はよく見ますが
なぜこんな大きな地上絵が
できたのか・・・不思議でなりません!
元祖マリア・ライへ女史はこれを研究されて
いたのですね!
興味は持っても研究まではいかないのが
現実ですものね”
生涯をかけて研究されそれを私たちが
教わる~情熱とは素晴らしものですね!
MIUMIU 美雨さんその後体調は如何ですか?
よくなられましたか?
季節の変わり目です気温の変化も
疲れている時には特に崩しやすいので
十分治してくださいね^^
いつもいつもありがとうございます(_ _)
  • posted by よっこたん 
  • URL 
  • 2019.10/06 09:47分 
  • [Edit]

あやめさま 

こんばんは。^^今回もコメントありがとうございます。

楠田枝里子さんが、ナスカを旅した番組を直接ご覧になったのですね。ではきっとこのエピソードが語られていたのではないでしょうか。
マリアが、あるときサルの地上絵を研究していたとき、そのサルの片方の手が一本だけ指が欠けていたそうです。それが分かった瞬間、マリアは何時間も笑い転げたそうです。何故なら、彼女の片方の手の指も、サルと同じ指が欠けていたからなんです。彼女が何故人生を賭けてこんな研究をしているかが、その瞬間自覚できたそうです。 彼女はそこでも、偶然でなく必然の一致の気づきを得たそうです。
うまくいえないけれど、こういった思いを持ち続けられて実際に実行できるというのは、現世的な説明では何か足りないようにも感じます。前世から携えてきた魂の願いのようなものかもしれない、などと考えてしまいます(笑)。

和辻様 

こんばんは^^いつもありがとうございます<(_ _)>

ナスカの地上絵は日本でも人気があり、興味深く様々な機会に雑誌やTVで紹介されていましたが、この地上絵を世に出した立役者であるその研究者にまでは意識が至らなかったと思います。わたしも当初それが女性と知って驚きましたから。 女性が、ナスカの原野のほったて小屋に単身住んで、何十年も研究し続ける・・驚愕しますよね。

女性ではないですが、日本では、日本地図を最初に作った伊能忠敬を思い浮かべます。あとは、ニュートンより先に微積分を発見していた関孝和でしょうか。ただ自分のエゴや意地でない神聖な祈りのような信念がそこになければ、どれも成し遂げられない偉業ではないかと、自分には思えます。

OYAJIさま 

こんばんは。
お返事が大変遅くなり申し訳ありません<(_ _)>

>苦労をものともしない

ふつうは、その気になるまでが大変ですね?(笑)。
しかし、これは彼女の使命だったように感じます。誰の心にも「その気」が起きるような代物ではないですね。逆に言うと、「その気」が起きるということは、自分のなかにそれを実現できる可能性があるということでしょうか。
人間をこういったものに突き動かす原動力って何なんだろうとつきつめて考えると、「祈り」そのものに感じます。

NoTitle 

ライへ女史は素晴らしい方ですよね。
楠田恵理子が会いに行った番組を見たことがあります。
一度行ってみたいところのひとつです。
直に見たらどんな気持ちになるか楽しみです。
  • posted by あやめと申します 
  • URL 
  • 2019.10/05 18:18分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.10/02 22:19分 
  • [Edit]

偉大な業績を為すかどうか? 

美雨様、お早うございます。

ライヘ女史の事、初耳でした。
まさに現代のシュリーマンですね。

違いを挙げるとすれば、夢を叶えるために
半生をかけて財産を築いた事と、生涯清貧に甘んじた事でしょうか。

公の機関に属さず研究を続けるのは困難が伴いますが、そんな彼女を支援する人々がいた事も、このような功績を挙げた一因かと思います。

死ぬまで夢への情熱を持ち続けた事と彼女の為人がそうさせたのでしょう。
歴史を動かすのは人だという事を改めて感じました。
  • posted by 和辻 
  • URL 
  • 2019.10/02 07:12分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.09/30 14:32分 
  • [Edit]

NoTitle 

元気になられたようでほっ!
いろいろ重なることありますね。
でもお大事にしてください。

ナスカの地上絵、行って見てみたいところの一つです。
不思議ですよね。
ほかには
マチュピチュとオーロラも~^^
世界の不思議パワーで
さらに元気になってくださいね。
私もパワーをもらいました。^^
  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2019.09/29 22:29分 
  • [Edit]

NoTitle 

マリア・ライヒェ

ウィキペディアで調べてみました。

ドイツ出身の学者さんで、ちょうど第二次世界大戦のころペルーにわたったんですね。

それだけでもどれほど苦労したのか察するにあまりあるですが、彼女の情熱がそういう苦労をものともしなかったんでしょう。

素晴らしいですよね

一つの物事を追求するというのは、口で言うほど簡単なことではありませんし、それを長年行う精神力も賞賛に値すると思います。
  • posted by OYAJI 
  • URL 
  • 2019.09/29 21:26分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

プライバシーポリシー

最新記事

 

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム


インスタ映えするスペースレンタル
美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

マリーアントワネットティーブレンド
リーフ

マリーアントワネットティーブレンド
ティーバッグ

映画マリーアントワネットにも登場
バレンタインに!

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽

ブロとも申請フォーム