FC2ブログ

美雨の部屋へようこそ

ちょっとだけスピリチュアルな世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

ゾロアスターの夢のあと 古きをたずねて新しきを知る都市ヤズド

ゾロアスターの夢のあと
   ~古きをたずねて新しきを知る都市ヤズド~



1550年間たゆまずともされてきた拝火教寺院の灯
1550年間たゆまずともされてきた拝火教寺院の灯


幼い頃に夢を見た。
おどろおどろしい頭巾を被った男たちが、松明の炎をかざして火を崇めている姿で、地獄の閻魔大王の法廷に連れ出されたかのような怖ろしい夢だった。
「拝火教(ゾロアスター)」という言葉を知ったのは、ずっと後のことだが、その夢の光景は、実際には見たこともないが、ゾロアスター教の儀式のイメージのように思われた。だからこの地域は、子供の時からなんとなく気にはなっていた。

現在のイランがイスラム化されたのは、ササン朝ペルシャが、642年のネハーヴァンドの戦いで、第3代カリフのウマルが率いるイスラム軍に敗北したのがきっかけであるが、ヤズドには今でも、ゾロアスター教徒が住んでいるという。



拝火教寺院
ヤズドの街中にある「アータシュキャデ」は、ゾロアスター教徒以外の異教徒にも見学を許された貴重な寺院



ケルマーンからのバスは、日が傾く頃に着いた。
途中で出会ったアメリカ人バックパッカーお薦めの、ゆったりとした中庭のある伝統建築の「ホテル・シルクロード」に泊まった。
すぐ近くには、15世紀建立の寺院で、ブルーのモザイク・タイルが鮮やかなマスジェデ・ジャーメが立っている。
夕暮れ時はメナーレ(塔)とドームの幻想的な風景を、しばし陶然と眺めていた。



ヤズド沈黙の塔2
沈黙の塔へ続く階段



ヤズドは、さほど期待していなかったが、実に奥が深くて、味わいのある街だった。
魅力的な旧市街の迷路のような路地。まだ観光ズレしていない、人なつっこくシャイな表情の人々。

旧市街の地面深く、山地からの伏流水を地下水路に流して汲み上げる「ガナート」がめぐらされている。全長60km、起源は2400年前まで遡るのだから驚く。

高校世界史や地理Bで学ぶ「カナート水道」を初めて目の当たりにする感動…今も忘れる事が出来ない。
というか、昔ここに住んでいてこの水道で戯れたかのようになつかしさを覚えるのは何故だろう。



ヤズドのカナート2

ヤズドのカナート




そしてもうひとつの世界史用語、「バードギール」は煙突のような独特の形をもつ風採塔で、
「ヤフチャール」はドーム型の厚い土壁で守られた氷室のこと。
イランには紀元前からこのヤフチャール(ヤフが氷、チャールが窪みの意味)と呼ばれる氷室があり、冬に出来た氷を夏まで保存する貯蔵庫として使ってきたが、現代でもまだ使われているという、息の長い三種の神器である。
本当に、砂漠の民の知恵には感心するばかりである。
現代風にいえば、水道、エアコン、冷蔵庫が完備された都市といってもいい。しかも電力や動力を使わないシステムときているので、エコロジー時代に注目されて然るべきである。



典型的なバードギール
ヤズド1


バードギールの仕組み




とりわけ、ヤズドの素晴らしい点は、古い家屋の保存修復事業が盛んで、30年前に伝統文化保存センターが設立されている。
そこで若い世代の後継者の養成と観光化を促進している様子だった。
偶然に通りがかった古い邸宅では、改装して立派なホテルにするのだと、職人たちが意気込んで仕事に励んでいた。

しかし、イスラム色を強烈に押し出して、未だ国際的に孤立している現状では、観光分野の発展はまだ期待できないだろう。
イランには数多くの珠玉の都市があるにも関わらず、一般には閉ざされている国という印象を与えていることは残念だと感じた。



古代から現代まで使われてきたバードギールを駆使したヤズドの集合住宅 
ヤズドのバードギル
まるでペルシャ時代にタイムスリップしたみたいな街


火の信仰があれば水の芸術的インフラがあり、火・水はカミ、と教える神道の日本とも大いに共通点があるヤズド。
とりわけイスラムに侵略される前の時代、まだゾロアスターの神が生きていたササン朝ペルシャに接点を見ることが出来るのは驚きであった。
灼熱の砂漠地帯の広がるイメージのイラン、実際その緯度、日本とほぼ同じ、日本と同じように四季があり、首都テヘランのある北部から北西部にかけては緑豊かな土地で、4000~5000メートル級の緑豊かな山がある。もちろん冬季は降雪があり、5月までスキーも楽しめる。古来より火鉢に炭で暖をとる掘りごたつがあり(今は電気ごたつだそう)、夏はかき氷を食べるヤズドの人々は、どこか日本人のようだ。

そんなふうに思っていた矢先、ヤズドに残るカナートが、「ペルシア式カナート」の一部として、2016年に世界遺産リストに登録された。
続く2017年には都市の歴史地区そのものが、世界遺産リストに登録されたときは、我が国のことのように嬉しかった。


美雨




最後まで読んでくれてありがとう♪ ポチポチってしてくれたらゾロアスター嬉しいなぁ
最後まで読んでくれてありがとう ポチポチってしてくれたらゾロアスター嬉しいなぁ 
ホントに実在したゾロアスターより




★このランキングに参加しています。押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 歴史ブログへ


(>ω<)4ポチに感謝デス♪




美雨の札幌のゲストハウス(貸し切り民泊)です。
2件オープンしました。お値段手ごろで綺麗なお宿です^^ヨロシク♪

●豊水すすきの駅近、まるでホテルのような居心地&南国風のエントランスがお迎えします!



●秋の北海道へ…グループならかなりお得!築浅の綺麗なお部屋です!




美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!

竜宮小僧の旅案内






スポンサーリンク

Comment

よっこたんさま 

こんばんは^^
お忙しい中コメントありがとうございます。
仕事がことのほか忙しくなってきてなかなかブログ更新出来ずずみません<(_ _)>

ゾロアスター教というと何やらおどろおどろしい感じがしますが、拝火教というとイメージが湧いてきますね^^
私達がよくお寺などで頼む護摩だきなどの加持祈祷も火で浄化してもらうもので、はるかシルクロードをわたってやってきたゾロアスターにルーツがあると知って驚きでした。^^

MIUMIU美雨さんへ!! 

今日は雨上がりの好天に恵まれましたねー。!
結婚記念日おめでとうございます。☆
家庭での家族愛の素晴らしさですねー。!私らはあまり改まったことはありませんでした。お祝いといえば子供の誕生祝くらいでしょうか。泣き笑い)

お陰で目のほうも少しづつ改善傾向がり喜んでいます。応援です。☆x4
  • posted by 荒野鷹虎 
  • URL 
  • 2019.11/04 08:29分 
  • [Edit]

ゾロアスター教~ 

こんばんは~我々にはゾロアスター教と!?
聞いても一度ではわかりませんでした~
調べてみたら「光を「善の神」として崇拝するゾロアスター教。イスラム教に押されて過去の繁栄の面影はないが、信者は先祖の神を守り、光を放つ火に祈りを捧げる。」
となんとなく・・・あ~そなんだ!
日本の宗教でも色々難しいですが人々が
幸せに暮らせることが一番いいですよね
色な知恵を絞り考え出した素晴らし知恵
そんな人たちの爪を煎じて飲めば少しは
賢く生活できるかな~(^_^;)
昨日は娘の誕生日にお気遣いの
暖かいお言葉下さりありがとうございます(_ _)
今夜から月曜日まではゆっくりできそうです(*´∀`*)
お体大丈夫ですか!?
ご自愛くださいね~♡
  • posted by よっこたん 
  • URL 
  • 2019.11/01 21:42分 
  • [Edit]

MIUMIU美雨さんへ!! 

ハロウインも日本に定着したのですねー。!
私らには中々馴染めないですが、傍から見ていれば楽しめますね^^
若い人たちは飲み会もあり愉快に楽しめますね。
美雨さんも大いに楽しんでください。☆x3!!!
  • posted by 荒野鷹虎 
  • URL 
  • 2019.11/01 16:54分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2019.10/30 21:19分 
  • [Edit]

だーいさま 

こんばんは^^
コメントありがとうございます。
仰る通り、ゾロアスター教、世界史の教科書では拝火教とも教えていますね。
一見なじみのない宗教のように見えますが、空海がもたらした真言宗の護摩焚きなどの火の儀式は、拝火教をルーツとして長い時をかけシルクロードを通って伝わったものですね。^^
白いターバンを巻いているインド人のシーク教徒はゾロアスター教に近い信仰を受け継いでいると聞きます。
願掛けでお坊さんにしてもらう加持祈祷などの身近な儀式ももとを辿るとゾロアスター様と思うと、ちょっと親しみがわいてきますね^^

和辻さま 

この度も素敵なコメントをありがとうございます。

ニーチェがドイツ人だったのでツィラトストラとなりますが、ゾロアスターはラテン語とイタリア語読みではザラストロ、モーツァルトのオペラ「魔的」ではザラストロとして、闇の女王と対峙する役ですが、閻魔の法廷に幼き自分は呼び出されていたのかと今更ながら怖いものがあります。
ササン朝ペルシャというとみな拝火教とシャープール一世の、ローマ皇帝バレリアヌスを捕虜にしてひざまずかせるレリーフを思い出すと思いますが、この事象とモーツァルトの魔笛には深い関係が絡んでいるように感じます。
今回そんなことも記事にしようと思ったのですが、長くなるのでまたの機会にしました。
でも、和辻さまなら読んでくださるかな?^^

ヤズデギルド三世は、まさにヤズデの落とし子であり、政教が一致し同時進行していた古代世界では、王はシャーマンの長としての役も担っていたようです。長いイスラム支配下で息の根を止められたゾロアスター教ですが、まだ、翼を広げた鷲のシンボルは残されていました。

>  唐には祆教として伝わりましたが、我が国にも遣唐使を通じて伝わったのは確実ではないかと思います。

そうですね。^^現に空海が伝授された密教儀式の中にも護摩焚き(ホーマ)という炎による加持祈祷があり、これも元をたどれば拝火教から伝わったものと聞いています。少なからず、世界の宗教の多くは、拝火教の儀式のなんらかを継承していることに、国家は滅びても教義は残るものなのだなぁと、深淵なる”ツィラトストラ”を感じます。

奈良の正倉院とゾロアスターのお話、興味深く拝読させていただきました。^^
正倉院、もうそんな季節なのですね。和辻さまはお近くで羨ましいです。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2019.10/22 00:22分 
  • [Edit]

tedukuridaisukiさま 

ヤズド、名前だけ聞いてもピンときまんよね。笑
地理Bや高校世界史のササン朝ペルシャの時代などで必ず出てくる古代インフラの「カナート」という言葉で、ああ、あの水道の!と思い出す人が殆どではないでしょうか。
札幌マラソン、私も行きたかったです~!

OYAJIさま 

こんばんは。
台風20号の影響はどうですか。温帯低気圧に変わったようですが、油断なくお過ごしくださいね。

本当に、イスラム勢力がこの地を支配する以前からあったササン朝ペルシャの古代のインフラが、いまなお現代人に恩恵を与えているのは、人間の持つ叡智を感じさせますね。
イスラム、というと中東はもう一色化みたいなイメージがありますが、よくよく旅してみると、地理、地勢、民族とそれぞれ全く違っていたり、文化も一色ではないんですね。やはり歴史は面白いです。

nutsさま 

こんばんは。
お元気そうで何よりです。
また遊びにいらしてください。

鷹虎さま 

病み上がりなのに、コメントと応援をありがとうございます。
どうぞ無理せず、目を酷使したりしないでくださいませね。
北海道はもう秋を通り越して初霜が降りたと聞き及んでおります。
くれぐれもご自愛ください。<(_ _)>

NoTitle 

:MIUMIU 美雨さん

ゾロアスター教、世界史の教科書では拝火教とも書かれているあの宗教ですね。日本人にはあまり馴染みのない宗教ですが、なぜか僕もなんとなく惹かれます(^-^)
  • posted by だーい 
  • URL 
  • 2019.10/20 22:26分 
  • [Edit]

ツァラトゥストラはこう言うた! 

キリスト教よりも古い歴史を持ちササン朝では国教になったにも拘らず、イスラム【拝火】になった事で表舞台から消えました。
キリスト教やユダヤ教がイスラム下でも保護されたのとは対照的です。
 唯、ペルシアはイスラム化はしたがアラブ化はしなかったので、ゾロアスター教が残ったとも考えています。

 ヤズドはまさに化石ですね。ササン朝の最後の皇帝がヤズデギルド三世だったと思いますが、この町とも縁があったのでしょうか?

 唐には祆教として伝わりましたが、我が国にも遣唐使を通じて伝わったのは確実ではないかと思います。
 奈良のお水取りは二月堂で松明を燃やしますが、その水は遠く若狭の遠敷から地下を通って来ると言われているとか。これはカナートの発想【かなーと】思ってしまいます。

 もうすぐ正倉院展が始まりますが、御物の臈纈屏風羊木屏風にはゾロアスター教の教義が隠されていると学生時代の講義で聴いた記憶があります。

 美雨様が懐かしいと思われるのは、日本人のこころのどこかに古代の記憶が残っているからかもしれません。長文で【祆教】付会な話になってしまいましたが…。
  • posted by 和辻 
  • URL 
  • 2019.10/19 23:56分 
  • [Edit]

NoTitle 

ヤズド!見たことがない画像
斬新さを感じます。
もうすぐ明日になるので後からまたゆっくり見させてもらいます。

マラソンが札幌になるとゲストハウス埋まってしまいますね。^^
  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2019.10/19 23:36分 
  • [Edit]

NoTitle 

最近は紛争のイメージばかりの中東ですが

その昔は先進国ですからね

そのころの技術がいまだに残っているところは

本当に素晴らしいですね

ゾロアスター教

名前は歴史最近は紛争のイメージばかりの中東ですが

その昔は先進国ですからね

そのころの技術がいまだに残っているところは

本当に素晴らしいですね

ゾロアスター教

名前は歴史の授業で聞いていますが

中身まではよくわからなくて^^;;

でもこの辺りの歴史は本当に面白いです
  • posted by OYAJI 
  • URL 
  • 2019.10/19 21:40分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんばんは。
ランキングから来ました。
情報ありがとうございました。
  • posted by nuts 
  • URL 
  • 2019.10/19 17:55分 
  • [Edit]

美雨さんへ!! 

眼がまだはっきりしませんので読むことは無理ですのですみません。汗)
小雨フル寒い日となり冬支度に多忙です。すでに昨日から外出は外套を着ています。汗)
やせたせいか肩幅が合わなくなりましたね^^汗)応援です。x4
  • posted by 荒野鷹虎 
  • URL 
  • 2019.10/19 13:50分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

プライバシーポリシー

最新記事

 

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム


インスタ映えするスペースレンタル
美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

マリーアントワネットティーブレンド
リーフ

マリーアントワネットティーブレンド
ティーバッグ

映画マリーアントワネットにも登場
バレンタインに!

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽

ブロとも申請フォーム