FC2ブログ

美雨の部屋へようこそ

ちょっとだけスピリチュアルな世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

今昔「じじい」物語  ~じじい考~

今昔「じじい」物語  ~じじい考~


能人形 翁



「この○○じじい!」

この頃、子供のこんな言葉をよく耳にする。
おそらく、年上の男性(年上とも限らない場合もある)に対する蔑称だ。誰かを真似ているのだろう。
女性に対しては「○○ばばあ!」となる。

例えば、子泣き爺(じじい)、砂かけ婆(ばばあ)の類、あるいは意地悪バアさんなどに対しては、思わず「じじい!」「ばばあ!」などと叫んでしまう場合があるだろう。
また、水戸黄門が「隠居のじじいでございます」などと嘯くあたりも納得できる。「じじい、ばばあ」の対象が一応高齢者だからだ。

これに対して最近の子供の話は、年齢に関係なく、自分の気に入らない相手に対して「じじい。ばばあ」となる。
「高齢者」の意を、相手をけなす悪口として用いる。

つまり、「老い」そのものを差別用語としているのだ。




翁
能面 翁




戦前の教育を持ち出すのはタブーかもしれないが、昔は儒教がしっかりと道徳の規範として根を張っていて、長幼の序や、お年寄りを敬いその智恵をいただくことは自分の財産(また社会の財産)という常識があった。いまだに隣国ではそういう思想を大切にし、若い子はみなお年寄りに親切で大切にしている。

「どうして?」と聞くと、「あたりまえでしょう?だって私だっていずれそうなるのよ。もし、自分が歳をとって酷い扱いかたをされたら、誰だってそうでしょ?違う?」と一葉に答えるのだ。
なるほど、言い返せなかった。

こんなふうに書くと、 「それは『過去の美化』でしょう。」と言う人もいるだろう。
たしかに昔だって口悪かった子供もいた。「双蝶々」という落語(人情噺)には、人殺しをする子供も出てくるし、 『古事記』には“あな醜の翁嫗や”と老夫婦を兵士たちがあざけったり、『万葉集』には年老いた爺さんを若い娘たちがバカにしたり、『源氏物語』では、35,6の妻を“嫗”…バアサンと名づけてバカにする夫も出てくる。
「昔はこうじゃなかった」と考えるのは、事実として危険であろう。


ただ、ババア、ジジイという口汚い言葉は見たことがない・・・1000年も前の言語だから当然といえば当然であるが、そのへんはどうだったのだろう。
あっても記録されなかっただけなのか。




源氏物語絵巻 徳川美術館所蔵
源氏物語絵巻 徳川美術館所蔵




子供たちの老人蔑視は、老人と会話する機会が減っていることにもひとつの原因があるのではないかと思う。
昔は囲炉裏ばたとか一家団欒とかいうことばが象徴するように、(大)家族 というひとつの社会があって、親兄弟以外の大切な相談機関(?笑)であり、非難場所である優しい祖父母がいつも近くに在ったのだ。
現に私の環境がそうだった。私は優しいお祖父ちゃんお祖母ちゃんにどれほどの励ましや智恵をいただいたことだろう。そして道徳さえも。
”道徳”という言葉すら意識しないまでに、当たり前のようにそんな尊い教えを暮らしながらにいただくことが出来た。 どうしたら彼らをじじい、ばばあだなどと呼べるだろうか。




高砂人形
高砂人形




「じじい」と呼ばれる理由はほかにもあるだろう。
年寄りや年配者は、時として若い人を「若造の分際で」「この青二才が」などと言い 見下す事もある。
お互い様といっちゃ、お互い様かもしれない。 差別が存在しない世の中は存在しないし、世の中に「平等」なんてのはありえまい。 それはどこへ行っても同じ事。 悲しい現実だ。

私がここで強調したいのはただ「最近は“老い”そのものが差別用語となってるよね?」という事実なのだ。

「老い」に対して汚らわしいという意識が私たちの内にあって、もし子供たちに影響を及ぼしているとしたら、それは重大なことかもしれない。少子化を考えればなお更だ。
人はいつか必ず老いる。それはなんぴとたりと免れない。


人の生き方、あり方の面から「老い」の意味を改めて見直してみたい。



美雨


★このランキングに参加しています。押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 歴史ブログへ

(>ω<)4ポチに感謝デス♪

あの頃に戻りたい! 最先端科学がもたらす健康革命! いつまでも若く!

希釈せずにそのまま使える次亜塩素酸水、除菌水ジーア

今なら加湿器プレゼント!空間除菌なら除菌水ジーア



●次亜塩素酸で花粉やコロナウイルス対策!クリクラ 空間除菌・消臭サービス―TVCMでおなじみ!





●豊水すすきの駅近、まるでホテルのような居心地&南国風のエントランスがお迎えします!


●インスタ映えする品川区のパーティルーム Girly五反田

駅から2分のお洒落スペース、予約はスペースマーケットから!


美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!

竜宮小僧の旅案内

スポンサーリンク

Comment

NoTitle 

自分はじじいと言ったことはないですが自分が言われないように気をつけたいなと思いました笑
いつまでも愛されるおじいちゃんになるのが理想です^^
  • posted by Hiroki_berbar 
  • URL 
  • 2020.06/19 20:49分 
  • [Edit]

「じじい考」にコメント下さった皆様へ 

「じじい考」にコメント下さった皆様へ
素敵なコメント、楽しいコメント、ウィットに富んだコメントをいただき感無量の美雨です。
いつも本当にありがとうございます。

それにつけても皆さん大変お年寄りを大切にし、敬意をはらってらっしゃる素晴らしさに感動いたしました。儒教とか長幼の序とかなしにしても、どの国民より日本人は目上の人に敬意をはらい、大切にするという美徳がまだ生きていると思います。
この美しい国民性を未来永劫、繋げていってほしいと願うこの頃です。

東京も梅雨入りし、暑くなったり寒くなったり、不順な天候が続いております。
皆様、体調にはくれぐれも気を付けてお過ごしくださいませ。

感謝こめて

美雨

NoTitle 

美雨さん、こんばんは!
私は親父に腹が立つと「じじい」って言ってますが、まだ親父からは「ばばあ」って言われたことがありません。
もし「ばばあ」なんて言ったらどんなことになるかわかってるから恐ろしくて言わないんだとおもいます。

私の目標はかわいいおばあちゃんになることです。(#^^#)

  • posted by oharumama 
  • URL 
  • 2020.06/17 00:16分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは

翁の面いいですね。
最近は目にすることがあまりないので、見入ってしまいました。
下の方の高砂人形も素敵です。
日本はお年寄りを大事にする国です。
国も人もお年寄りを大事にしてほしいと思います。
  • posted by あやめ 
  • URL 
  • 2020.06/14 17:28分 
  • [Edit]

 

おっしゃるように今は三世代ひとつ屋根の下で暮らす家庭も少ないことも影響してますよね( =^ω^)私は幼い頃から祖父、祖母と一緒の暮らしでしたので☆老いることは自然なものという認識でした(*^^*)
今思うと色んなことを自然に学び得ていたものが多かったように思います( ☆∀☆)
私はおじいチャン子でしたので、入院先では入れ歯を洗ってたことを思い出します( 〃▽〃)
おばあチャンは厳しい人でしたが、数々の名言をのこしてくれたように思えます(*^^*)
よく言ってたのは☆得を積め、この歳になったら分かるデシタ( ☆∀☆)
今、再び韓ドラにはまっているのですが、目上の方を大事にしてるのがとても印象的にうつり、感心してしまいます(^з^)-☆
○○じじい、○○ばばあの言葉はいつどこで誕生したのか興味はあります(((*≧艸≦)ププッ
  • posted by アンジュまま 
  • URL 
  • 2020.06/13 09:04分 
  • [Edit]

澄むと濁るの違いにて 

じじい、ばばあ考 面白く拝読しました。

以前に「ちち・はは」であったのが、年齢を経て濁って「ぢぢ・ばば」となったと仄聞したこともありますが、考えてみると蔑称ですものね。

最近の子供は「じいじ・ばあば」と語順を変えて呼ぶようですが、これも【別称】の一つでしょうか?

農耕社会では先達の経験に敬意を表していたのでしょうが、時代の流れでそれも変化しているようです。

年配者を敬わない社会はどうかと思いますが、周囲を見ると老害のような記事も目にします。
私もそのような年齢になって、呼称は濁ることがあっても心は濁らないようにしたいものだと思います。
  • posted by 和辻 
  • URL 
  • 2020.06/13 07:27分 
  • [Edit]

MIUMIU美雨さんへ!! 

生きている限りみな老いて死んでいきますが、老いを阿諛することは自分を傷つけていることになりますねー笑い)今日は思い切って病院に行って散策して足腰を鍛えてきました。まだ頑張りたく思いました。☆x3
  • posted by 荒野鷹虎 
  • URL 
  • 2020.06/12 21:05分 
  • [Edit]

NoTitle 

江戸の頃は寿命は50歳前後だったようですが
それを考えますと丁度今の私の年齢は、
江戸の頃だともうお年寄りで隠居の身です(笑)

会社ではようやく「ベテラン」と言われる部類に入りましたので
普段はあまり口出ししないように
いざというときにちょっとだけ口を出すように心がけてます(笑)


  • posted by OYAJI 
  • URL 
  • 2020.06/11 21:47分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2020.06/11 12:50分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

プライバシーポリシー

最新記事

 

月別アーカイブ

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム


インスタ映えするスペースレンタル

コロナウィルス、花粉、ニオイ対策

美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

マリーアントワネットティーブレンド
リーフ

マリーアントワネットティーブレンド
ティーバッグ

映画マリーアントワネットにも登場
バレンタインに!

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽

ブロとも申請フォーム