FC2ブログ

美雨の部屋へようこそ

ちょっとだけスピリチュアルな世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

高句麗と四神について

クリックありがとうございます。ブログランキングに参加してます。
にほんブログ村 歴史ブログへ

「高句麗と四神について」

カテゴリー:高句麗と歴史http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-category-12.html
高句麗の祖は檀君?http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-22.htmlより続き


高句麗壁画001 玄武
2高句麗壁画001 朱雀


シンダンス、四神の封印

神の子ファヌンが使いこなした四神。
 
太王四神記でもおなじみの四神は、高句麗の王墓玄室や古墳に多く描かれ、わが国の高松塚古墳やキトラ古墳にも描かれています。
ムヒュルが壁画を施していたチュモン王墓のキリム窟でも、五話の黄龍国の密偵の暗号文にも四神のひとつ、玄武が登場していましたよね。

四神については前の記事でも記していますが、雲を呼ぶ雲師は青龍(東)、風をおこす風伯は白虎(西)、雨を降らす雨師は玄武(北)、そして火をおこし南方位を守るのは朱雀と呼ばれ、各方位を司る守護神としてあがめられていたようです。
歴史上の四神の出現時期、というか高句麗庶民の間に定着した時期は所説はあるものの、古墳に描かれ出した四世紀頃ではないかと考えられています。

もともと四神は古代中国の天文学や星信仰から生まれ、周時代(紀元前1046年頃 ~ 紀元前256年)の後期には、四神を東西南北の方位にあてはめ各々象徴的な色彩を四方に配置し、建築に用いていたことがわかっています。いまの風水学そのままですね。

 風水とはそもそも老荘思想(老子様の教え)の陰陽五行説や四神思想、また古代の土着の神々が習合した道教の産物ですが、当然そのひとつの根幹をなす星信仰(天文、占星術)の象徴であった四神思想が当時の高句麗にも僧(道士)たちによって伝わり、民間に普及していったと思われます。高句麗の古墳壁画には、道教の修行者である道士だけでなく、仏教の僧、菩薩の姿も見られ、四神と共に当時の土俗的な神々とも習合して祀られ、崇められていたと考えられます。

太王四神記に登場するコムル村の修行僧達の風俗や背景に映る偶像などにも道教と仏教の影響が随所に見られ、四神の主であるチュシンの王を探し玄武のマスコットを渡す役割を担っていたことなど、上記のような信仰の背景がよく表れていると感じます。

四神が描かれている高松塚古墳やキトラ古墳は、四神の配置が中央に据えられていることや女官の服装(とくにラッパ型の裳裾が)高句麗の水山里古墳、徳興里古墳のそれと同じことなどから、当時日本(倭)に渡来していた高句麗の工人(技術者)達が携わっていたことが知られており、発見当初より、墓の被葬者が亡命してきた高句麗貴族であるという説も有力視されています。
既に飛鳥時代には多くの高句麗人が渡来していて、実際に曽我氏の氏寺である飛鳥寺の伽藍配置は、高句麗様式の伽藍配置で、高句麗の清岩里廃寺と酷似していることは有名です。(プヨの王興寺の伽藍配置説も一応あり)


高句麗壁画005 早乙女先生の資料その1
東大准教授早乙女先生の講義プリントより

青龍
高句麗壁画001 青龍

白虎
高句麗壁画001 白虎

古墳のことを書くと長くなりますので、今回はこの辺にして、また機会を設けて続きを書く予定です。 


高麗神社 扁額

1高麗神社の風水みくじ 風水羅盤方位お守り

ちょっと固くてマニヤックなことばかり書いてきたけれど、実は風水に凝ってた美雨(いまもそうかも^_^;)は、四神のお守りをとても大切にしています。バイオリンケースの仕切り箱の中にもいつも四神が...もちろん弓の達人朱蒙サマのおまもり写真も...てへ(#^.^#)
こうすれば、どの方位に行こうが、凶方位だろうが方違え(かたたがえ)なしに不安なく弾きにいけるもんネ。Dr.コパなどですっかり有名になった方位別ラッキーカラーですが、周の時代からあった伝統的な象意カラーですし、まんざらインチキ話ではなさそうです。
 というか、もともと風水学は環境学で、「西に風呂場や台所等、水場を設けていけないのは水が饐えたり食物が傷みやすくなるため」「東に窓を作らせるのは、朝日を浴びやすくし体の活動を促す様々なホルモンを分泌する指令を脳に出させる」、のように、昔の人の経験や感覚的な知恵から生まれたもので、蠱毒や呪詛まじないの類のものでなく、生活の知恵として応用されていた筈です。

ところで、高(句)麗神社:こま神社で人気の風水方位みくじですが、なぜか私は東方位(青龍)のグリーンカラーをよく引きます。
・・・健康運を補ってもらっているのかな。
それともコワ美しい関弥城の城主に愛されているのかな??

朱雀カラー(赤)と玄武カラー(白金)は一度だけ。こんな素敵なミニ風水羅板の方位カラーお守りがついて200円。これ、大人もけっこうハマります。(笑)裏には方位順に、四神たちが施されています。
注※チュモンの写真おまもりは売っていません

でも美雨は、金運のつく西方位の白虎、芸術が磨かれる南朱雀のお守りがいっぱい引きたい~~~(ToT)
ちなみに東は健康運、北は人間関係、愛情運を表す方位です。

なんか、(アフォっぽいと笑う人もいるけど)楽しいですよね、風水(方位学)。
いつも前向きに、いいことだけ信じて、四神に守られて生活したいですね。
タムドクより、ムヒュルより、チュモンより古い周(漢の前)の時代から存在していた四神の思想と信仰。

それはいまなお環境学として、生活の知恵として活用されている風水・方位学の象徴として、わたしたちと共に生きているんですね。


美雨

ソン・イルグク007 小
わかったよもう眠いよ 20100214


高句麗と壁画古墳1へ続く



(>ω<)ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ





スポンサーリンク

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.06/16 02:03分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.06/09 20:16分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨先生、勉強になりましたv-398
  • posted by くろまめ 
  • URL 
  • 2011.05/22 12:12分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.05/22 06:48分 
  • [Edit]

トリプルサルコー 

美雨さん、

笑いました。
オリンピックも徐々にエキサイトしてきましたね。

高橋、胴メダル、よく頑張った。失敗したけど4回転に挑戦したし、最後のガッツポーズが良かった。

4回転を回避せず挑戦したことに拍手を贈りたい。織田も小塚も入賞したし、よくやったよ、みんな。パチパチ…

ところで高句麗という国家がまだ存続していたら、オリンピックでチュモンはアーチェリー種目で絶対金メダルとれますよね。
応援団は四神の旗を持ってるからすぐわかるね。(笑)

>以前、ドミンゴがこのアリアのCが出せなくて、ドミンゴでなくシミンゴなんて揶揄されてましたけど(爆)
クラウスはレミンゴになれるかも。(^O^)

ははは。
山田く~ん、座布団二枚!

URLもありがとう。信じられない話かもしれませんが、昔ドミンゴはバリトンでデビューしていたからマルチェッロなどはお手の物でしょうね。

しかしありえない組み合わせですね。ムヒュルとチュモン王が一緒のドラマ出てるレベルです。
  • posted by サミー 
  • URL 
  • 2010.02/19 19:09分 
  • [Edit]

ぴー様、こんばんは 

レス遅くなってすみません<(_ _)>

本当に母娘でヨン様らぶなのですね(*^_^*)なんか、ほほえましくて羨ましいです。
私のほうこそ、ぴー様にいろいろ教えていただいて少しずつヨン様に詳しくなれるのが自慢です。
以前教えていただいた、御母校でご一緒だったという原作者さんが書いた「神の雫」でしたっけ、とりやめになってしまったそうですね。(;_;)ぴー様残念でしたね。わたしもワイン好きなので楽しみにしていたので残念です。

>これは本物の古墳の中身ですか?動物や星座みたいなのも見えますね

これは408年に建造されたと言われる徳興里古墳の内部です。墓主は、生きた時代がちょうど広開土王タムドクと被る三世紀後半ですよね。ご覧の通り二室墓で構成されていて、被葬者は前室の北壁西側、後室北壁に描かれています。仰る通り、天井には神仙(天女や仙人、迦陵頻伽:カリョウビンガ)、鳥や獣、狩り中の騎馬武者、また星座などが描かれています。
風の国の第三話で、壁画工だったムヒュルがユリ王に「見事だ」とほめられた絵も、確か迦陵頻伽に似た仙女でしたね。

舞台美術を担当したスタッフたちも、大いに古墳壁画内部の装飾の研究してフル活用しているんでしょうね。(笑)チュモン大王の私室の真正面にもこの古墳天井の虎狩り騎馬武者そっくりな掛け軸が飾られていたのは印象的でした。

それにしても、古墳の天上、ほんとにプラネタリウムみたいですね。高句麗プラネタリウムを仰ぎながら寝てみたいですね。(って被葬者かわたしは^^;)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.02/16 22:57分 
  • [Edit]

四神について 

美雨さん
ヨンさまの太王四神記に関する四神について書いて下さってて
嬉しくなりました。
娘もさっき読んでおりました。

美雨さん本当に歴史にお詳しいですね

ネットでもお目にかかれないような学術文献みたいな図があって。(.ω.´)
これは本物の古墳の中身ですか?

動物や星座みたいなのも見えますね
昔の人の想像力ってすごいと思います。
いつもためになる日記をありがとうございます。
  • posted by ぴー 
  • URL 
  • 2010.02/16 00:00分 
  • [Edit]

四神のように 

超ド級のプレゼントありがとうございます、サミーさん!
いま聴きましたよ。もう、感動で胸が震えました。
若い時のアルフレード・クラウス様のとろけるようなレッジェーロさ、涙が出そうです。
最高音をハイCisにしてますね !?
にも拘らずパッサージョもスムースで、アクートのビブラートが実に上品です。

ありし日のパヴァロッティさまでも、こんなトリプルサルコーを連続で飛ぶ(!?)ようなワザは出しませんでしたね。(笑)
以前、ドミンゴがこのアリアのCが出せなくて、ドミンゴでなくシミンゴなんて揶揄されてましたけど(爆)、クラウスはレミンゴになれるかも。(^O^)
でもどうしてあんなに変わってしまわれたのでしょう。声を酷使しすぎたのでしょうか。若返りと芸術の徳分が貰えるという朱雀のおまもりを差し上げたい♪ですネ!

サミーさんがそう出るなら、美雨はトリプルアクセル二回級の掘り出し物を。
第四幕のロドルフォ(パヴァロッティ)とマルチェッロのデュオ。
マルチェッロ役は、なんと、なんと・・・(開けてのお楽しみあり)
すごい、こんなのも歌えちゃうんですね。
アドリブのセンスも素晴らしく・・・(=^・^=)
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=NlBFBO5odvM&feature=related

余談ですが、パヴァさまは海神の「祈祷」ヨンムンのテーマ?2度上げて歌ったらスッゴクお似合いだと思うのですが・・・いかがでしょう。(#^.^#)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.02/15 23:47分 
  • [Edit]

Re 

美雨さん

こっちこそ、レスをありがとう美雨さん。

早いレスでしたね。慌ててしまいました。(笑)

忙しかったら無理をしなくていいですからね。 

東京は私立が多いから羨ましいです。地方は逃げ場がないんですよ。

国公立だってすごい倍率ですし。
でもなんとか何処かにおちついてもらわないとね。

プレゼントありがとう。ヴンダーリッヒのボエーム、本当に素晴らしいですね。

こんなに素晴らしく歌ってくれると、何語であるかなど関係ないような気がします。
じゃ、僕からも美雨さんに超ド級の掘り出し物をプレゼント。

http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=qYxlsL8Gxjk&feature=related

舞台の時には半音下げて歌われることが多い曲ですが、クラウスは逆に半音上げている!!
  • posted by サミー 
  • URL 
  • 2010.02/15 21:00分 
  • [Edit]

Re. 

サミーさん
今回もコメントありがとうございます。いつもレスが遅くなってごめんなさいね。(今日は珍しくリアルタイムでお返事できそうですが)
あとでお詫びのプレゼント貼りますから。(笑)
今日東京は雨です。冬の雨・・・骨の髄まで寒さが伝わってくるようです。
そちらも寒いでしょうね。琵琶湖は雪景色ですか。
とうとうあと一週間、カウントダウンが始まりましたね。
みんなピリピリしています。オリンピックも観たいだろうに、みんな頑張ってます。
サミーさんは当日送り出しとかもするのですか?
今週なんとか時間をみつけて高麗神社に行って全員ぶんの風水おみくじを買いお守りに持たせようと思います。(宗教色とか全くないし、これならOKよね?)
でも吉以下が出たら落ち込むのいるだろうなぁ~(苦笑)まあ、あそこは絶対凶は出ないので。^_^;

☆ぷれぜんと。すごい掘り出し物をみつけました!(^^)!
http://www.youtube.com/watch?v=ZkP2Qu5-9TI
サミー先生の次くらいに綺麗でしょ!?信じられない・・・ドイツ語なのに。これで癒されてください。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.02/15 20:43分 
  • [Edit]

四神 

またまた来させてもらいました。

うーん、なかなか学術的ですね。美雨さんは才女ですね。僕のアシスタントになって欲しいくらいです。(笑)
オリンピックも熱いですが、今教室も熱いです。

高麗神社に行ってみたくなりました。

生徒を連れて社会見学しますかね。

歴史の勉強にもなります。いや~本気で考えてます。

その時は美雨さんの記事を参考にさせてもらっていいですか?

続き楽しみにしてます。

では、この辺で退散します。寒いので風邪に気をつけて下さいね。
  • posted by サミー 
  • URL 
  • 2010.02/15 20:27分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

プライバシーポリシー

最新記事

 

月別アーカイブ

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム


インスタ映えするスペースレンタル
美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

マリーアントワネットティーブレンド
リーフ

マリーアントワネットティーブレンド
ティーバッグ

映画マリーアントワネットにも登場
バレンタインに!

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽

ブロとも申請フォーム