FC2ブログ

美雨の部屋へようこそ

ちょっとだけスピリチュアルな世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

ソウル本番 第一日目 景福宮とイルグク様の舞台へ

クリックありがとうございます。ブログランキングに参加してます。
にほんブログ村 歴史ブログへ

ソウル本番 第一日目 景福宮とイルグク様の舞台へ

5/19 景福宮 東門より入る 
TS3V0020.jpg

この門がかわいくて♪実は一番すきな門
この門がかわいくて♪
でもすごい”気”を感じました


狭き門より入れ!

主は言われた。
『狭い戸口から入るように努めなさい。』

ということで、旧約聖書で語られているイエス様の言葉に従い、景福宮には狭き門より入りました。

って、実は偶然。(笑)
景福宮に入るには、大小合わせて7つの門がありますが、正直者のtaxiの運転手さんが、一番近い門で降ろしてくれたのでした。これが せちがらいお国のタクシーだったら、遠回りして一番ド派手な正面玄関の南門へメーターをあげながら走っていくことでしょう。

そんな小さな思いやりに気がついたのは、宮境内でチュモンの王子時代の扶余宮神殿のような五重の塔に向かって地図を片手に歩んでいるときでした。名もなき狭き門と古い石仏を横目に進むと、ヨミウル巫女が降りてきそうな塔の階段が。神殿のようだけどそこは国立古宮博物館でした。
そうです。なんと景福宮にはふたつもの国立博物館が併設されているのです。ひとつはこの古宮博物館、もう一方は国立民族博物館です。すごいですね、宮の敷地にNatianal museum二つですよ。
この景福宮がどれほどの格と規模を持っているかがうかがえますね。


TS3V0017.jpg
チュモンに出てくる神殿のようでしょう。でもなんと内部は博物館


ふたつの大きな池の楼閣から北側に聳える山を見ているとここがソウルのまっただ中に在るなんて信じがたいですが、朱雀の方角、南の大きな光化門に近付くにつれ、まるで東京の丸の内、そう、皇居のお堀から丸の内のビジネスビル街を見渡すような不思議な錯覚にとらわれます。
ここだけ、巨大な緑のオアシスになっているんですね。

いま流行りの言葉、something old, something new どこか古くて、どこか新しいものが出会う所、そこが景福宮なんですね。
古い時代の空間にしばし憩いつつお池に浮かぶ古い楼閣を眺めればTVドラマのロケーションをやっていたりで、まさしくsomething old, something new な世界でした。(笑)


景福宮(キョンボックン)李氏朝鮮王朝の宮殿 全体像
景福宮(キョンボックン)李氏朝鮮王朝の宮殿
お勧め景福宮youtube http://www.youtube.com/watch?v=uK4CKlKJgqs&feature=player_embedded#at=261
イルさまもちょこっとだけど出演❤時間が許せば昌徳宮も一緒に回れたらいいですね(^_-)-☆


景福宮は言わずと知れた朝鮮王朝を代表する最高の宮殿です。
その名は、「万年も輝く大きな福を示す宮殿」という意味を持ち、ここには天の意を受け継ぎ民を治め、代々太平の世を維持する、という強い願いと理想が含まれているそうです。

景福宮は朝鮮王朝の建国者太祖が最初に手掛けた宮殿で、最古の歴史を持つ建造物であると同時に、吉祥の地は良い気運を呼び込むとの考え方から、取り囲む山々や流れる川の配置を精査し、最高の技術を以って綿密に建造されました。ソウル市内でここが最高の風水スポットと称えられるのは、偶然では無く、最初から綿密な計画がなされているからです。

景福宮が最も活気にあふれた時代は世宗の時代と言われています。世宗は名君として名高く各分野の学問を研究し優秀な人材を養成し民の生活に役立つさまざまな技術開発と制度を整備しましたが、みずから独創的な文字「ハングル」を発明した王様としても有名です。

大切な文化遺産を復元しようとする持続的な努力により、最近康寧殿、交泰殿、乾清宮。光化門など主な建物と門、橋が復元されました。この十年で景福宮の顔は―― ひいてはソウルの顔はずいぶん変わった気がします。

中でも一番新しく生まれ変わった・・・というか復元されて間もない光化門の守門将交代儀式を観たくて、2時に間に合うように駆け足で逆時計回りに急いだナヌンノダ(私はお前だ)観劇前の午後でした。なにせ去年のナヌンノダ観劇のときはまだこの光化門、誕生していなかったのですから、必見です。


光化門の守門将交代儀式
景福宮 光化門衛士の交代式
宮殿内に入ってくる兵士のパレード(写真よりもっと華麗でした)


で、間にあいました!
まるで私と相棒を待ってくれていたみたいに、5分遅れで始まってくれました。もしかしたら、入口というか外側でなにかの儀式があったのかもしれないけど、何にせよ丁度新しい兵士が入って来て、旧兵士と交代する李氏朝鮮時代の伝統を再現した交代儀式を観ることができたのです。
すごいです。イギリスのバッキンガム宮殿衛兵 (Buckingham Palace Guard)を思い出させますね。厳格で直立不動、微動だにしない、厳しい訓練を受けた一流ガード達だけが臨める、交代儀式。
それに勝るとも劣らない、景福宮の厳格な表情の兵士たち、チョア(nice!)でした。バッキンガム衛兵と一つだけ違うのはナギナタ持ってるところかな。(笑)
敵が侵入したらあのナギナタでやっつけるのかしらね、って相棒とクスクス。カンナム署の強力班呼んで銃でバキュンのほうがずっと早いだろうに、などと笑いしながら「カムサンニダ」とお辞儀をしながら正面を向いたまま脇目もふらないナギナタ衛兵の横でしっかりポーズをとる私達って・・・なんか、かわいかったかも。(笑)

ああ、ソウルなのね、景福宮なのね、李氏朝鮮王朝なのね・・・something old, something new 、チョアヨ♪

李氏朝鮮の伝統的衣装と儀礼再現ですが、メガネかけた兵士もいて、ちょっと笑みが。
考えてみたら、彼ら、公務員さんなんですよね。
御苦労さまでございます。

というわけで、ポーズ!


TS3V0035.jpg

外側から見たリニューアル光化門 (南門)
外側から見たリニューアル光化門 (南門)


この日の夜の観劇のためにエネルギーを残しつつ、というかチャージしつつ、景福宮をあとに、こころは劇場へ。
すると・・・
そうです、こっちにもあっちにもイルさまがいっぱい❤

ほら、乗り換え駅でもうアンジュングンが!

地下鉄ミョンドン駅のアンジュングン看板
地下鉄ミョンドン駅のアンジュングン看板

あらら
地下鉄の乗り換え階段を下りるとこんな 心ときめくマークが!
だって、それは・・・

きゃ~♪ カンナム署のバクセがラスターで下げてたポリスマーク!

カンナム署のバクセがラスターで下げてたポリスマーク!
江南署CIDデカ 『強力班』 なんだもん❤

漢南署CIDデカ 強力班!!

 
どうしてこうイルさま目線なんでしょう、いけない私達。
ああ、ソウル最高!

でもって、カンナム署の泣く子も黙る熱血デカといえば・・・
そうです、このかた!


IMGA0001.jpgたこバクサ - コピー
バク・セヒョク刑事、通称バクセ(相棒ダリアさんベッドでしっかり撮影)


セットで四枚、しっかりお渡ししてきました、お約束の最新本と一緒に。(*^_^*)
バクセ・イラスト、一枚一枚ちゃんと見て下さっては「おお~!!」を連呼するイルグクさま、
お優しかった・・・
あの嬉々としたお顔を、作者の森田あずみ氏(くろまめさん)にお見せしたかったですね(^_-)-☆

そして、くろまめさんといえばシソーエフ「森のなかまたち」
絶対にお渡ししなくちゃ。願かけしたのだもの。


森の仲間たち002表紙


私は緊張のあまり、くろまめさんのことばかり説明していたような・・・
イルさまに見つめられるとドギマギしてしまいもう頭の中真っ白で

This book depicts animals of the Russian Amur land where
AnJungun passed trailing to Harbin using Siberian Railway at that age.
・・など一生懸命話すのですが、

アム・・アムーWhat??と、不思議顔のイルさま。アムール河で有名な地方、Amur riverという言葉が何度言うものの繋がりません。一瞬考えたらアムール河って黒水って言うんですよね、韓国式では。黒水靺鞨の黒水です。アムールはロシア語式なので、きっとハングル読みがある筈なのです。
こんなときハングルが達者だったらうまく説明できるんだろうになぁ、なんて焦りながら、とにかくハルビンに向かうアンジュングン・トレイルの道程のエリア、極東ロシアに棲む動物たちを描いたスト―リーですと説明(大汗)
”Author?”とお聞きになるので、いや違う、彼女はAuthorでなくpainterで an illustratorだとか身ぶり手ぶりで必死の私・・・あとで連れのダリアさんに「美雨さん一生懸命説明してましたよ」と笑われてしまいました。うう。
どうしてイルグクさまの前ではダメぽになってしまうの私・・・ああ、恥ずかし哉。


というわけで、くろまめさんにもしっかりサインしてくださったイルグクさま。

くろまめさんへのサイン

そして、美雨にも。
この古い本は??と目をパチクリしていたイルさま、中までめくってみてました(大汗)
この辞書、父の形見みたいなもので、学生時代からずっと使ってる
私の大切なパートナーなのです。(涙)でもイルグクさま、この古い本は??と
目をパチクリしながら不思議そうに中までめくって見てました(大汗)


くろまめオンニィに  
110525_0118_01.jpg天国のお父さん見てますか?
&美雨のパスポートの次に大事な相棒。天国のお父さん見てますか↑


そして、料理家のよっちママさまが特別に焼いてくださった2ダースものアンジュングンクッキー

TS3A2427.jpg

お渡しできました。
壊れないようにと特製発泡スチロールBOXに梱包してくださり、ひとつひとつ吟味しつつ
エアペーパーでくるんでくださったよっちママさまの気配り・・・涙です。
イルグクさん、おお~~!!!!と驚嘆しておられました。スタッフのかたも。
本当に感謝です。

実はもう2ダースあるかたからあるものをイルさまにと持ってきたのですが(大汗)
ちょっと恥ずかしかったので次の日にお渡しすることになりました。
(でも意外にウケてました。笑)それはまた後日書きます。


よっちママさんのアンジュングンクッキー、箱ごとお渡ししました。上にサンプル付き
よっちママさんのアンジュングンクッキー
イルさま「おお~~♪」


そして、イルグクさまと言えば高句麗、高句麗といえばイルグクさま。
my母方の先祖の鎮もる高句麗(こま)神社の舞台成功祈祷札と、今まで書いてきたイルグクさまの各作品レビュー抜粋と強力班(全話)の美雨ブログ本をお渡しできました。付箋の作品タイトル(ハングル)を全部呼んでくださり、とても喜んでくださって何度も感謝しますとお辞儀してくださったイルさま・・・
本当に嬉しくてホテルに帰ってからも涙がとまりませんでした。
実はその日全くといってよいほど眠れませんでした。
ああ、本当にダメぽな美雨です(>_<)


高句麗の亡命王子とその子孫達が1300年伝えてきた神社 高麗(こま)神社
高麗神社 門額(正面))高麗神社正面
舞台の成功をいのりつつ・・・祈祷札、お渡しできました
イルさまに神社札を
「Oh~!!!」 イル様フエラムネの唇!?


もっと古くからブログやればよかった・・・そうすれば全作品レビューができたかもしれないなぁ・・なんて後悔しつつ、でも嬉しくて、ソウルタワーの龍神さまと高句麗神社の若光王にひたすら感謝。


CA3C04050001.jpg



あっもう一人大切な協力班(笑)を書き忘れるところでした。
ブログの強力班ページに可愛いバクセくんマスコットを寄せてくださった
akoさまの作品、しっかりイルさまの手にわたりました。(*^_^*)


akoさん本当によかったね!
akoさん直接渡せて本当によかったですね!


そして、誰より大切な旅のパートナーであり、足の弱い私を慮って大きな荷物をいつも
すすんで持ってくださり、影に日向に助けてくださった優しいパートナーのダリアさんに
心から感謝申し上げます。
さいさき良い旅の本番一日目はソウルタワーから見た漢江に沈む夕日のように美しく暮れゆくのでした。

『私はお前だ』レビュー及び旅日記の続きはまた後日。



目隠しチュモン
チュモンみたいなダリアさん
水原の漢城・練武場で国弓に挑戦する相方
カッコイイ!


ソン・イルグク『私はお前だ』”나는 너다“ 2011年度はこちら
前編http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-512.html
後編http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-514.html


美雨の観劇ツアー2011韓国滞在記
その1http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-510.html
その2http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-511.html
その3http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-517.html
その4http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-522.html
その5http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-524.html


パソコンの読者のかた、
★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ

旅の好きな人はぽちっと❤
人気ブログランキングへ
(>ω<)ポチに感謝デス♪


最後に特大おまけ イルさまの高貴なるほほ笑み
イル様高貴なるほほえみヨンムンそのまんま
りりしくて美しいイルさまなのでした


スポンサーリンク

  • at 07:30 
  • [CAのつぶや記&旅と歴史:韓国
  • TB(-) |
  • CO(35) 
  • [Edit

Comment

Zさま 

Zさま、こちらこそ、ひとかたならぬお世話になっているのに恐縮です
おかげさまで、本当に素敵な旅ができました。

> 海外の憧れの方へ直接お渡し出来るなんて本当に素晴らしいと思おいます。(^^
> その上にイルグクさんが覚えてくださってスタッフ席に案内してくれるなんて、本当に美雨さんの強い思いが伝わったのですね。
> イルグクさんの優しさと美雨さんのイルグクさんへの思いが本当によく伝わってきて僕も嬉しくなりました。(^^

最終日にスタッフ席に直接案内してくださったのは、スタッフさんだったのですが(そのときはもうイルさま舞台でスタンバイ中)、その前日偶然某所でお会いできたことと、いろんなハプニングが重なって全てラッキーなチャンスに繋がって行ったことを、神様や愛すべき友人たちに感謝しています。Zさまもわたしにとってはかけがえのないかたです。

> フエラムネ、お渡しする事が出来て本当に素晴らしいですね。
> イルグクさんがフエラムネを吹いているところ是非拝見出来たら良いのでしょうが、想像するだけでも本当にうれしくなってしまいますね。(^^
> おいしく食べていただけるといいですね。

全てZさまのおかげですよ、本当に感謝です。Zさまのご厚情がなかったら一生お渡ししなかったと思うのです。Zさまがきっかけと勇気を下さったようなものです。正直ソウルでも本当にこれを渡すべきなのかどうか(渡された2ダースBOX・・・も(^ω^;)直前まで悩んだりしたのですが、Zさまのフエラムネへの愛とイルさまへの想いとB型のノリで「えいっ」と思い切って渡しちゃいました!二日目の観劇のあとでした。いきなり渡しても(o´д`o)??とイルさま解らないといけないので、連れが良いヒントをくれて、解説写真(大汗)と共にお渡ししましたがイルさまことのほか感動してくださいました。WOW!!とか言って。あの唇そのままで、どちらがフエラムネでどちらがイルさま唇なのかわからないほどでした。そのことも後日ブログに旅日記として書くつもりです。
いまごろきっとZさまの素敵なドリル星人やフリルコマ、地底生物、動物スタンプなどのおまけでスタッフさん達と遊んでいらっしゃるかもですね。優しくノリの良いイルグクさんですから。(*^ω^*)
Zさんの愛するフエラムネはついに海峡を超え、最も相応しいフエラムネな唇をしたチャーミングなスターのもとに届きました。世界のフエラムネになると良いですね。コリス製菓も冥利につきることでしょう。

> このたびのご旅行が本当に素敵なご旅行になられた様で良かったですね。(^^
> 素敵なお話を聞かせて下さってありがとうございました。

こちらこそです、どんなに感謝しておりますことか・・・鍵だったので、イニシャルでお返事して申し訳ありません。、Zさま本当に本当にありがとうございました。これからもフエラムネ繋がりでどうぞよろしくお願い致します。
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.05/31 23:04分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.05/31 15:47分 
  • [Edit]

よっちママさま 

このたびはよっちママさまに本当にお世話になりました。
アンジュングンクッキーを渡したときのWOW~~!!のイル様の表情、忘れられません。
きっといまごろ、控室かどこかでよっちさんの吟味し尽くした美味しい北海道バタークッキーを召しあがってらっしゃることでしょう。スタッフさんのぶんまで余るほど焼いて下さったよっちママさまの温かいお気遣い、きっときっとイルさまのハートに届いているに違いありません。<(_ _)>

> やはりくろまめ画伯様とご一緒だったんですね!!

いえ、去年くろまめさんとご一緒出来たのですが、今回は画伯はお仕事と老人介護(本当に良いお嫁さんなんです)等でどうしてもいらっしゃれませんでした。でも、くろまめさんから預かった本と生イラスト(強力班シリーズ。原画、私のPC上のよりずっと素敵でした!)と一緒だったので、右にダリアさん(今回パートナーになってくださったかたです)、左にくろまめ画伯と、一緒に観劇しているような気持でした。また、劇場で落ち合った中部からこられた(お人形の作者)akoさまやKさまもとても優しい素敵な方で、本当に良くしていただきました。知っているイル友さんたちとは微妙に日程が入れ違いで残念でしたが、この観劇できっと話が盛り上がると思います。本当にゆたかな旅でした。重ねてよっちママさまにも感謝です。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.05/29 17:08分 
  • [Edit]

かえるママさま 

こちらにもコメントありがとうございます。
おかげさまで熱が下がり、仕事も大丈夫そうです。声がかすれて、なんとかこれだけクリア―したいですね。(笑)
今日関東は大雨で、とても寒いです。札幌はどうですか。
思ったより帰って東京がひんやり寒いので驚きました。

わたしがあちらこちらと欲張って連れまわしてしまったせいで連れも帰国して疲れが出たのでしょう、風邪でバタンQしてしまったようです。(涙)深窓のお嬢さんみたいなセレブさんなのに、無理をさせたようで本当に申し訳ないばかり・・・昨日はうわごとで私の名を呼んでらしたとか・・・かえるママさまどうしよう!?
素晴らしい旅だったけど、帰ってからしっかりツケがきましたね。(苦笑)でも、学びの多い旅でした。
かえるママさまいつも本当にありがとうございます。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.05/29 16:50分 
  • [Edit]

大和さま 

早々にご挨拶いただいたのにお返事がこのように遅くなり、本当に申し訳ありません。あまりに楽しくて、しあわせで夜も寝つけなかったせいか、体は疲れているのに御魂(みたま)が発動してしまってて(笑)、ソウルではなんともなかった自分、日本に帰ってからどっとツケがきたようです。一昨日、昨日と一番つらくて、熱を出してしまいました。 (家族はソウル熱。イルグク熱だと言っています)贅沢な病気ですね。(苦笑)
和さまはなんともなかったですか。日本からお連れのお友達を世話しながらのハードな旅程だったようなので心配しておりました(;^^)でも、ラビットさまが良い方で救われましたね、ココさまともお会いになれて、皆さんのコメントのご様子からきっと楽しく豊かな旅を満喫なさったに違いないと、嬉しく思いました。

>4日連続で観られたんですね^^

いえいえ、さすがに四日間は観れません、私は日本で19,20日とチケットを取りましたが、なんと二日目はスウォン(漢城)からの帰りで慌ただしかったこともあり、私のミスリードで劇に30分遅れてしまったのです。一番前の席だったのに(;_;)・・しかも彼女はジュングンよりジュンセンのファンなので、その見どころの最初30分逃すなんて致命傷です、連れへの申し訳なさで、最終日までにとにかくもう一夜ぶん、前列かVIP席を プレゼントしたい一心で(彼女は優しい人で、気にしないで美雨さんと言ってくれたのですけど)、観劇ツアーにきてあんないい席を見過ごすなんて立つ瀬がなくて、絶対お詫びしなければと必死でチケットリザベーションに電話をかけました。でも、いつかけても残りの日はsold out。キャンセルチケットもないと言うのです。

ただ、後になってあの30分の遅れが吉と出た(?)のかミラクルハプニングがあって、四日目(最終日)に観劇が叶ったのです。イルグクさまにはどんなに感謝してもしつくせません。ずっとレビューを書いていきますとお約束しました。三日目は偶然ある場所でイルさまにお会いしました。本当に偶然で、連れは普段着の(ヒゲなしの。笑)イルさまに、話しかけて下さるまで気が付きませんでした。そんなで、四日間イルさまをいろんな形で(?爆)見続けることができたのです。和さまにはお会いしていろいろお話したいです。和さまにとっては18日夜がラストナイトだったのですね?何かのご事情で見逃してしまわれたですか?席は空いてるのに完売とかって不思議ですよね。(今回本当にそう思いました)
オフ会でも(予約や友人のキャンセルの手配、本当にすみませんでした)あの後もいろいろお世話になったのに、電話で帰国のご挨拶もせず、本当に不義理をして申し訳ないです、この通り許してくださいね。昨日よりずいぶん声がでるようになったので、明日にでもお電話したいです。(*^_^*)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.05/29 16:13分 
  • [Edit]

イルグク万歳さま 

鍵コメとメッセージ、しっかり拝見いたしました。
いつもお気遣いと応援本当にありがとう。二冊あったからこれから渡韓する万歳ちゃんにガイドブックとみどころなど付箋をつけて送らせてもらいました。 おふるだから気にせずばんばん使ってください。今回は日程が微妙に入れ違いでしたね。って、みんなそうだと思いますが、それぞれ各日に日本人ファンや外国のファンが劇を観に遠くからでも訪れて、製作側はきっと嬉しいことでしょう。(^^♪

>とても充実した思い出深い旅になったようですね。
あ~でも同行された方が羨ましいです(+o+)いいな~~私も美雨様と行きたかった

いえいえ、私の方が世話になったことばかりなんですよ。観劇などのスターに会う場では とかく気持がハイになるばかりに、相棒や友人の思いなんてそっちのけでわれ先にと自分のことしか見えなくなってしまう人も少なくないようですが、本当に聡明で友人思いのかたで、私も彼女や友人たちにこうあらなければと実感させられました。お陰さまで、日本に居て想いを託された友人たちの気持ちを手作りの作品と共に届けられましたし(自分のも含め)、何よりイルグクさんが喜んでくださったお顔が旅の一番の宝物です。これも相棒のダリアさんなくしてありえなかったことだと思います。
あちこち私の行きたい場所や日帰り旅行、またマニャックな願かけ観光に連れまわした揚句、土産や荷物を持たせてしまったり、乗り過ごしやハプニングもあって珍道中ななか、文句ひとついわず一緒に笑い一緒に泣き、共に感動して下さり、本当によくできた相棒だったからこその煌めく旅でした。
一人旅も好きだしいいものですが、やはり一人より二人っていいなぁ、と実感しました。特に良い相棒。良い旅の決め手は、観光地の豪華さでもグルメな食事でもなく、パートナーで決まりますね。旅の醍醐味は、やはり人との触れ合いでしか得られません。私は本当に幸運でした。万歳さんもどうぞよいパートナーを大事にしてください。ボン・ボヤージュ(*^_^*)行ってらっしゃい。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.05/29 15:25分 
  • [Edit]

ピー助さま 

仰る通りで、景福宮、ずいぶん変わりました。
塗り替えはメンテ同様よくやっていますが、建物や門がここ十年でみるみる増えましたよね。特に正面玄関ともなる南門である光化門の壮麗さには圧倒されました。
ピー助さんが行った時は工事中だったですか。私も去年行った時はそうでした。あのクレーンや箱みたいな蔽いはちょっと興ざめしますよね。

>地下鉄にも大々的に広告されていて
大きな舞台なんですね。

そうですね、大舞台だと思います。去年の小さめのハヌル(青少年のための)観客参加型劇場もとっても魅力的でしたが、今回のいかにも大劇場らしい豪華な舞台も圧巻ですね。ピー助さん是非お出かけください。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.05/29 14:42分 
  • [Edit]

tedukuridaisukiさま 

tedukuridaisukiさんこんなにお返事が遅くなってしまったのにいつも優しいメッセージ下さって本当にありがとうございますおかげさまで今日は熱も下がり、だいぶ楽になりました。

>今日も見とれ?ていました~
思いがかなうって素敵♪
色々伝えることができたんですね。

はい、願い続けると想いは伝わるものですね。また、同じような境遇のスターでも、想いを受け止めて下さるかたとそうでないスターがいると思うので、イルグクさまのような方を好きになって本当に良かったと思いました。(:_;)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.05/29 14:32分 
  • [Edit]

サミーさま 

サミーさんには去年チケット予約でお世話になり、(今年は電話でできちゃったけど)いつも何かと気遣っていただいて本当にありがとう。<(_ _)>
お陰さまで急に決まった旅にも拘わらず、素晴らしいパートナーに巡りあえ、最高の旅ができました。
実は、旅の移動中、サミーさんの話題でしょっちゅう盛り上がってました。連れがすごく記憶力の良い人で、ダリアさん、サミーさんのコメント非常によく覚えてて、チョー受けてました。電車のなかであまりに笑い過ぎて、ソウルの見知らぬおじちゃんが”そんなにおもしろいの?どうしたの??”とつられ笑いしちゃって(本当)大変でしたよ。
Mr.ビーンジュニアから始まって、すけもまし事件(目からモロコ)、マリモッコリ罪でイルドに逮捕されるセヒョク、ユニオン双子室長(兄)の”「不毛です」発言(←本当にあった話なのにToT)”とニュース中扇風機事件、そして「熱海秘宝館」。イルさま記事以外でもしっかり読んでるかたがいるんですからね、サミーさん語録、伝説のようになっていましたよ?(爆)
あっ、扇風機事件はブログ場では語られなかったかな、あの分け目と逆方向から風が吹いてきてタ~イヘンだったニュース(あ、だめ、思い出しちゃう。爆笑)A型なのにノリの良い人で、電車で二人で大笑いしてたの、想像がつくでしょう?本当にうまの合う人で、初めて会ったなんて思えないナイスバディでした。
サミーさんにもご報告したいことがいっぱい(●^o^●)

> 今日は運よく座れました。美雨さん達CAが座るようなドアサイドのジャンプシートですが。(笑

それ湖西線でしょ!?あのアテンダントシートみたいなの本当にユニークですよね。ああ、また京都にいきたくなりました。ソウルもだけど、古都っていいですね。いのちある限りずっと旅していたいです。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.05/28 23:40分 
  • [Edit]

けろさま 

けろちゃん こんばんは (●^o^●)

>美雨さんの、しあわせ~が伝わってきて、
けろもしあわせ~になりました。
スターさんなのに、優しい方ですね。

去年も同じ劇を観たのだけど、劇場もスケールも大きくなって、イルグクさんも渋皮がむけたような洗練されつくした舞台でした。なのにイルさま自身の本質は全く変わらず、誠実で優しく、腰の低いかたで、日本のファンにも分け隔てせずに接して下さるんです。あんな大スターなのに・・
ますます惚れちゃいますた(>_<)あい~ん
けろちゃんも美雨が留守の間、見守ってくれて応援ありがとうございました。これからもケロロつながりでヨロシクね(=^・^=)ケロッ
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.05/28 23:19分 
  • [Edit]

ココさま 

ココさま、お疲れのところご挨拶いただいて恐縮です。でもとっても嬉しいです。わたしもとってもココさまにお会いしたかったですよ、大和さまが羨ましいです。ソウルでは丁度入れ違いでしたね、残念です(ToT)初日はいろんなサービスがあってきっと大盛況だったのではないでしょうか。
でも劇に関してはどの回もぬかりなく イルさま渾身の力をこめて演じきってらっしゃるので、19,20と観劇した(実は22日も観ちゃいました☆)ステージもみんな素晴らしく、魂が発動してしまうような名舞台でした。

>イルグクさんはじめ他の俳優さんたちのすばらしい演技、そして演出、脚本、舞台装置。そのどれもが名品です!!^^

本当にココさまの仰る通りです。
いまだこころここにあらずです。ココさまもイルさまとお写真とれて本当によかったですね。イルさまの前では皆さん年齢関係なく、ファンの女性はみな”恋する女のコ”になってしまいますよね。(笑)
素敵な旅で本当によろしかったです。(=^・^=)ココさま、こちらにもコメントありがとうございました。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.05/28 23:09分 
  • [Edit]

ラビットさま 

再コメントありがとうございます。嬉しいです。(#^.^#)
にも拘わらずこんな亀レスな私をどうぞ許して下さいね、あまりに素晴らしすぎて帰国してからソウル熱が出てしまい、まだ頭がボーッとします。
大和さまとの旅も素晴らしかったようですね、旅の思いが重なるということは、ソウルタワーや景福宮(もしかして水原にも?)行かれたのではないでしょうか。良い方同士きっとうまく行くと確信しておりました。(#^.^#)大和さまとは丁度日にちが入れ違いで寂しかったですが、大和さまを介していつかラビットさんともお会いしたいです。
オリジナル風船、あちらでお創りになられたのですね!?すばらしい!!(●^o^●)あんなに素敵な作品ですもの、きっとラビットさんの想いはイルさまに伝わっている筈ですよ。もちろん大ファンのラビットさんがお作りになったことも。
いつかご自身の作品を手に、一緒にお写真が撮れると良いですね。(#^.^#)わたしもラビットさんの作品を是非じかに見てみたいです(失礼を言ってごめんなさい、だって本当にかわいいんだもの!)
わたしの山口出身の連れも顔もまだ見ぬ”ソウルで初めて”旅パートナーでしたが、ラビットさんも大和さんと素敵なバディが組めて本当に良かったですね。すべてに感謝です。<(_ _)>
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.05/28 22:54分 
  • [Edit]

たんぽぽさま 

こんばんは(^-^)
今日もコメントありがとうございます。おかげさまで最高の旅ができました。今年は方位はあまり良くないにも拘わらず、大難は小難に、小難は無難に、またアンラッキーと思えることも災い転じて吉となる、そんなすごい体験をいくつもしちゃった旅でした。相棒となってくれた旅のパートナーが本当にいい人だったので、きっとツイてたんだと思います。
人の優しさや思いやり、その大切さを学んだ旅でもありました。旅の幸を祈って下さったたんぽぽさんにも感謝です。<(_ _)>
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.05/28 22:39分 
  • [Edit]

todaさま 

今回の旅では、飛行機の迅速・確実(格安)な手配、本当にありがとうございました。ディスエンバケーションカードまでつけていただいて、スマートでスムースな旅ができました。
リンクにもtodaさんの旅行会社貼っておきましたよ(^_-)-☆

>ん、この弓道場?弓を放つとこどっかで見た事があるような気がします。
水原華城の入口のとこかな?違うかな??

わ、さすがですねtodaさん。そうです、ここは観光電車(赤い龍の列車の発着する練武台です。相棒の弓姿がカッコイイでしょう?国弓体験ができるんです。(イルグクさまが上手です)初めてなのに、彼女二回も的中して、すごいスジの良さに驚きました。的って、結構遠いのですね。射た後、自分で全て拾いに行かないといけないのですが、それが一苦労だったようです。私は撮影班でしたが、観てるだけでワクワクしました。(●^o^●)水原の漢城は何度訪れても楽しいです。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.05/28 22:32分 
  • [Edit]

illove-akoさま 

ソウルでは、言葉でつくせぬほどお世話になり、本当にありがとうございました。ご親友のKさまにもよくしていただき、心から感謝をしていますとお伝えください。
いつも若々しくてお綺麗なakoさまこそ、バクセ&チュモン人形と一緒に誰より光ってらっしゃいましたよ。イルグクさんが喜んでくださって本当によかったですね。私もわがことのように嬉しいです。(#^.^#)

ako様達はメチャお忙しいスケジュールで観光どころでなかったようですが、目的のお買いもの(イルさまグッズ!?)しっかり確保なさって、ちゃんと課題を消化されましたね、さすがです(^_-)-☆☆
またゆっくりお会いして旅の思い出話や反省会(?爆)などしたいですね、マッコリグラスをかたむけつつ・・・ハッ☆いけない、マスコット・バクセ君を思うとついマリモッコリグラスと言いそうになってしまいました。(再爆笑)全てが忘れられない良き思い出となりました。こんな素敵なイル様仲間に恵まれたことが一番の幸運かもしれないとしあわせを噛みしめています。重ねて本当にありがとうございました。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.05/28 22:19分 
  • [Edit]

kotoricciさま 

今日もコメントと応援ありがとうございます。<(_ _)>
イルグクさまの強靭なパワーと繊細なお優しさ・・・
鍛え上げられた体力と精神力もさることながら、遠くから来た外国のファンに自国のファンとわけへだてなく接して下さるお優しさ・・・本当に頭が下がります。
舞台はねたあと毎回必ず出てきてくださるわけではないので天とイルさまに感謝しないとばちがあたりますね、きっとイル友さんたちの愛と想いが繋がったのだと信じています。
kotoricciさんも、チャンスがあれば是非大好きな生ヒョンシクの舞台を観におでかけください。<(_ _)>
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.05/28 22:06分 
  • [Edit]

くろまめさま 

さきほどはお見舞いのメルありがとうございました。<(_ _)>
熱が下がらないですがノドの痛みはとれて、食事もとれました。頭がボーッとするのはソウル熱なのか単に風邪なのか・・・
う~ん、イルさま熱なのかもしれませんね。来週こそ絶対会いましょう!(^_-)-☆
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.05/28 21:56分 
  • [Edit]

sunnylakeさま 

今日もコメントありがとうございます。<(_ _)>

まだ大震災の爪痕も生々しく、観劇を思い立ったのはギリギリではありましたが、震災やお仕事や諸々のご事情から今回は行けない方も多い中、無事行って帰ってこれただけでも申し訳ない気持ちです。そんな自分にオリジナルの素敵な餞別を送ってくださったお友達の想いを、イルグクさまに絶対に届けたいと思い願かけをしましたが、全てお渡しすることができたばかりか、愛のメッセージまで伝わって、また皆さんに愛のメッセージをいただけて、涙が出るほど嬉しいです。想いをうけとめてくださったお優しいイルグクさまにも心から感謝です。
sunnylakeさまいつも暖かい言葉をありがとうございます。
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.05/28 21:51分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん 旅から戻られてお疲れなのに

素敵な記事感動です!!

Kさんと書かれていたので

もしやとおもいましたが

やはりくろまめ画伯様とご一緒だったんですね!!

クッキーを受けとり

拝見されたイルグク様のお顔(T_T)

はぁ~~ もうそれだけで

人生頑張れる気がします!!

有難うございます<m(__)m>

  • posted by よっちママ 
  • URL 
  • 2011.05/28 15:57分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.05/28 15:51分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さんの感動がブログ全体から伝わってきます。
本当に夢の様な旅だったんですね。
ファンの皆様のそれぞれの思いが伝わったみたいですね。
皆さん、イルグク様の事を思われてて、感動的な興奮がとっても心地よかったです。
イルグク様もさぞ、お喜びだった事でしょう。

美雨さん、お風邪を召されたんですか?どうぞ、無理なさらないで、お大事にして下さいね。
本州は、梅雨になったりしてるのでしょうか?
季節の変わり目ですから、しっかり直して下さいね。

美雨さんと、蟹フォークお揃い、嬉しいです!
  • posted by かえるママ21 
  • URL 
  • 2011.05/28 14:09分 
  • [Edit]

おかえりなさい^^ 

おはようございます
帰国しても多忙でお疲れのはずなのに、素晴らしいレビューもきちんと上がっており、神業的な才にただただ崇めるばかりです。
お美しく柔和な外見のどこにその強靭な精神力とサービス精神が隠されているのでしょうか?

それにしても流石に旅のエキスパートですね、これか~とつくずく納得^^
とても同じ時に同じ所に行ってたとは思えません@@
レビューが素晴らしいのか楽しみ方をしってるのか、はたまたお人柄が為せるのか。。。
いつの日かきっとご一緒させて頂き、旅の醍醐味を享受させて頂きたいと心底願う大和です^^

私なぞは夢のような日々は夢の中に押し込まれてしまい、今はすっかり現実感のない記憶となっています
4日連続で観られたんですね^^
もしかして18日夜も?
あの回を逃したことが唯一の後悔かなあ・・・
ちょっと駄々っ子してみたんですが^^;一番年長なのに(笑)
もう一回観てたら、冷静に舞台観賞できたかな、なんて・・・
終始ハートの眼差しのままでしたから♡♡
何回観てもムリかな^^
今日は団体鑑賞日かな?行きたいよ~~~~
  • posted by demun和^^ 
  • URL 
  • 2011.05/28 08:43分 
  • [Edit]

美雨様お帰りなさい 

美雨様 お帰りなさ~い。^^
帰られた日、誤って鍵コメで挨拶してしまったお馬鹿さんです。
とても充実した思い出深い旅になったようですね。
あ~でも同行された方が羨ましいです(+o+)いいな~~私も美雨様と行きたかったv-10
でも第三週は仕事で無理だと諦めはついてましたもんね。次回是非お誘いくださいv-73

高句麗神社のお札いいですネ!!
イルグク様と高句麗は切っても切り離せないですもん、ご自分でもそう言われてましたよね?お菓子やお花もすてきですが大昔よその国へ渡った高句麗貴族の末裔がおふだを持ってイルグク様の公演に訪ねてくるなど、イルグク様にとっては特別に嬉しいことではないでしょうか。
美雨様ってやっぱりすごいです。
あ~いいなあ~~ダリア様が羨ましいですよv-218
  • posted by イルグク万歳 
  • URL 
  • 2011.05/28 06:30分 
  • [Edit]

NoTitle 

景福宮、ずいぶん変わったんですね。
私が行った時は工事中でした。
そろそろ遊びに行きたくなりました。

地下鉄にも大々的に広告されていて
大きな舞台なんですね。
  • posted by ピー助 
  • URL 
  • 2011.05/28 01:54分 
  • [Edit]

NoTitle 

今日も見とれ?ていました~
思いがかなうって素敵♪
色々伝えることができたんですね。

イルさま、やさしい~♪
  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2011.05/27 23:56分 
  • [Edit]

 

美雨さんこんばんは。風邪をひいたとメールにあったけど大丈夫なの?レビューは無理せずゆっくり書いてね。
美雨さんファンは待ち遠しいだろうけど、体が資本だからね。
いまになって緊張がほぐれて旅の疲れがどっと出たのかもしれないね。なのに僕の土産物まで気遣ってくれてありがとう。最終日飛行機に遅れそうになりながら買ってくれたと聞いてうるっと来たよ。
いつも感心するけど、君は本当に義理堅くて人情の厚い人だよね、美雨さん。

自分より友人達のことをまず第一に考える美雨さん、頭が下がりますよ。

美雨さんの文章は韓国語に訳しても共感を呼ぶ何かがいっぱいあるから。
ブログのイルグクさんの作品にしても、どこかのまる写しじゃないしあらすじもレビューもちゃんと自分の筆力で書いてるから説得力があるよね。

美雨さんの2ショットはちょっと妬けるけど(笑)僕も嬉しくなりましたよ。
風邪くれぐれもお大事に。

今日は運よく座れました。美雨さん達CAが座るようなドアサイドのジャンプシートですが。(笑
僕の事まで忘れないでいてくれてありがとう。
  • posted by サミー 
  • URL 
  • 2011.05/27 22:34分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん
こんばんは
美雨さんの、しあわせ~が伝わってきて、
けろもしあわせ~になりました。
スターさんなのに、優しい方ですね。
幸せのおすそ分けを、ありがとうございました。
  • posted by けろ 
  • URL 
  • 2011.05/27 21:29分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さんこんばんはー。(^^)
美雨さんのイルグクさんへの一途な思いとブロ友さんの心のこもったプレゼント、そして、そのひとつひとつに感動されるイルグクさんの様子が伝わってきて私まで胸が熱くなりました。
イルグクさんがこれからいろんな活動をされる時、とても大きな心の支えになると思いすごく嬉しいです。

”私はお前だ” すばらしい劇ですね。
イルグクさんはじめ他の俳優さんたちのすばらしい演技、そして演出、脚本、舞台装置。そのどれもが名品です!!^^

 大和さんのご配慮で、イルグクさんと写真を撮ることが出来、^^ ^^ ^^  その夜、眠れませんでした。(ーー。)
人生って考えもしなかったことが起きるんですね。(* *)


    




  • posted by ココ 
  • URL 
  • 2011.05/27 19:07分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん、こんにちは^^

私のマニアックな?ブログに丁寧なコメありがとうございます。

私達とほぼ入れ違いだけど、同じような観劇ツアーのリポート
で、自分の旅と比較しながら楽しめます♪
私も念願だった風船のプレゼントしたんですよ!

でも、タイミングが悪くて(涙)・・・
初日のプレで渡せればベストだったけど、さすがに時間がないので、初日の夜ホテルでせっせと創りました;^^
で、次の日に渡せるか判らないままもって行ったのですが
なんせ演劇初日でほとんど時間がないなかでなんとか押し付けてきた(大汗)ので、自分が創ったことすら告げられずに。
ホント、マネージャーさんに促されて、奥に入る寸前で・・・
写真もまともにとれなかった・・・
そのことだけがとっても心残りなんです。

1年まえから、風船渡して風船持ってもらってツーショット!が夢だったのです^^
次はいついけるか判らないけど、今度こそリベンジしたいです!
  • posted by ラビット 
  • URL 
  • 2011.05/27 18:48分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんばんは(^-^)
韓国旅行満喫されたみたいで良かったです!
めっちゃ楽しそう(●^o^●)
イルグクさんにも会え、サインもいただきすごいですね~♪
韓国の俳優の方はファンミーティングとかもありますよね!
日本では考えられないです~!
ファンクラブの方はそういうのあるのかな!
疲れを出さないように・・
ゆっくり休んでくださいね(*^_^*)
  • posted by たんぽぽ 
  • URL 
  • 2011.05/27 18:25分 
  • [Edit]

NoTitle 

心からの言葉が伝わってきます。
嬉しいに決まってますよね、憧れの方と超接近線で。
まだまだソウルの事、知りたいです。続きを楽しみにしてます。
ん、この弓道場?弓を放つとこどっかで見た事があるような気がします。
水原華城の入口のとこかな?違うかな??
  • posted by toda 
  • URL 
  • 2011.05/27 17:24分 
  • [Edit]

Seoul・・ソウル・・韓国・・大韓民国・・・宋一国 

美雨さんとの あの地での再会に 感謝 感謝です。
お変わりなく 相変わらずお美しい 美雨さんでした。
旅日記・・・同行できませんでしたが 一緒にいるようで 嬉しいです。 
19日(19デー)に出発し セントレアの19番ゲートから搭乗して インチョン空港 19番で荷物を受け取り・・・19尽くしで 絶対にお会いできると・・・祈りは届くんですね!

行き当たり バッタリの私ですが・・・・
美雨さんのおかげで 本当に 本当に 夢のような日々でした。
もう 想い残す事は無いかも・・・・

美雨さん・・・ダリアちゃん・・・ ありがとうございました。

   

舞台の終えられた後にも、心を込めて
ファンのみなさんに対応していらっしゃるイルグクさん!!
素敵ですe-420

またお友達からの託された思いもイルグクさんに
大切にお渡し出来てよかったですね♪

どのお話も美雨さんのあふれる思いが伝わってきましたe-266

今日も応援させていただきます♪♪♪♪
  • posted by kotoricchi 
  • URL 
  • 2011.05/27 14:27分 
  • [Edit]

NoTitle 

もう、泣けてきそうv-406
私まで見つめられているよな錯覚に陥り、頭が真っ白け@@
言葉が出てきませんv-402
  • posted by くろまめ 
  • URL 
  • 2011.05/27 11:39分 
  • [Edit]

NoTitle 

ブロ友の皆さまからイルグクさんに、いろいろ素敵なプレゼントがあったのですね。
本当にすごいです。
美雨さんの感激の涙、とても伝わりました。
イルグクさんの優しさと思いやりは、まさにお人柄そのものですよね。
美雨さんとイルグクさん、特別な糸でつながっているんだな、って思いました。
  • posted by sunnylake 
  • URL 
  • 2011.05/27 10:27分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

プライバシーポリシー

最新記事

 

月別アーカイブ

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム


インスタ映えするスペースレンタル

コロナウィルス、花粉、ニオイ対策

美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

マリーアントワネットティーブレンド
リーフ

マリーアントワネットティーブレンド
ティーバッグ

映画マリーアントワネットにも登場
バレンタインに!

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽

ブロとも申請フォーム